【レポート】

ユニークな技術が盛りだくさん! - ドコモ R&Dセンターで見つけた新技術

2 実用性の高い技術もたくさん

2/3

SNS翻訳で世界中に口コミ情報を

NTTメディアインテリジェンス研究所が開発した「崩れ日本語正規化技術」を使い、崩れた日本語もかなり正確にニュアンスを含めて翻訳できるというシステム。東京オリンピックを前に、日本語SNSに流れている日本語の情報を外国人にも利用しやすくしようという試みで、来年中のサービス開始を目指しているとのこと。ドコモはこのほかにも翻訳サービスをいくつか展示しており、外国人とのコミュニケーションを円滑化するという意味では有効なツールになり得るだろう。

かなり崩れた書き言葉も対応できるほか「ヤバイ」など複数の意味を持つ単語もうまく訳せるのがポイント

WiGigは来年登場?

「ミリ波非接触高速転送システム」として展示されていたのが、60GHzのミリ波を使い、SUICAなどのように一瞬タッチ(実際には非接触なので触らなくてもいい)すれば動画などの大きなコンテンツも瞬時に転送できる機能。ここまで書いてお気付きの方もいらっしゃると思うが、これはWi-Fiアライアンスが策定したIEEE802.11adこと「WiGig」そのものだ。実際のところ、QualcomのSnapdragon 810は内部的にすでにWiGig対応しているそうで、来年のハイエンド端末はWiGig対応してくる可能性が非常に高い。300MBクラスの動画が2~3秒で転送できるそうなので、かなり実用性は高そうだ。

展示会場ではソニー製タブレットなどが展示されていたが、実機として動作していたのは左下の2台だけだった模様

VoLTEにBGMや効果音がつけられる

VoLTEでは「EVS」という高音質な音声コーデックを使っているが、これを単に音声通話の品質を高めるためだけでなく、通話にBGMや効果音を付けてみたら?という発想で開発中。実際に試してみたが、仲のいい友人となら、LINEのスタンプのような感覚で色々な突っ込み系効果音を鳴らしてみたくなる。BGMと効果音を同時に使えたらさらに面白いことになりそうだ。

効果音やBGMは「音による絵文字」という感じ。デキがなかなかいいので、つい自分好みの音を追加したくなる

スマホをエージェントにして電動車イスのトレーニング

今年のグッドデザイン大賞にも選ばれた電動車イス「WHILL Model A」にスマートフォンを取り付け、インタラクティブなトレーニングシステムにしてしまおうという仕掛け。人員コストの削減に加え、走行ログなどから上達に合わせたトレーニングの提案が行えるというもの。シニア世代の生活に寄り添うパーソナルエージェントを目指しているとのことで、大変楽しみ。横須賀市の「ソレイユの丘公園」で実証実験を行っているそうなので、行かれる方はWHILLの乗り心地も含めて体験してみてはいかがだろうか。

ナビだけでなく自動運転もスマホに任せてしまいたいところだが、さすがにそれはまだ難しいとのこと

2/3

インデックス

目次
(1) 端末間をLTEでつなぐ
(2) 実用性の高い技術もたくさん
(3) いい意味でドコモらしくないアイディア
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事