【レポート】

アップルの噂話はどこが信頼できるか

1 アナリストは誰の情報が確度が高いか

 
  • <<
  • <

1/2

8月も下旬に入り、スマートフォン業界的には、そろそろ新型iPhoneの発表会が間近に迫ってきた。1モデル(最近は2モデルだが)で年間に1億台以上を売り上げ、世界シェアの10数%を占める超人気製品だけに、その噂に関する情報にも注目が絶えない。 ニュースサイトを始め、事前の予想や噂の記事も世界中で配信されるわけだが、それらの中でも特に信頼性が高いとされるニュースソースがいくつかある。今回はこうした精度の高い噂サイトや情報ソースについて紹介しよう。

アナリスト編

アップルは(最近また少し変わってきたが)すべて自社工場で製造するメーカーではなく、主に設計やデザインを担当し、製造は製造専門の業者(ODM)に任せている。また資材調達についても、世界中から大量に資材を買い込む。もちろん協力業者には箝口令を布いているはずだが、人の口には戸が立てられないもの。特にここ数年は、中国系の製造業者内からのリークと思しきパーツ写真などの流出が後を絶たない。

こうした製造・流通関連の情報を専門に扱い、その中から精度の高い情報を拾ってくるのが、証券会社などのアナリストだ。本来は経済が専門のはずだが、ここしばらくはアップル関連の情報ソースとして名前が挙がることが多い。アップルとの取引は莫大な金額となり、 調達を受注できたメーカーにとっては浮沈に関わる(=株価も変動する)からだ。

アナリストの中でも特に精度が高い凄腕が、KGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏だ。Kuo氏は部品調達系の情報から、アップル製品の販売時期をかなりズバズバと言い当てており、その例は枚挙にいとまがない。ただし、アップル自身が計画を頻繁に変えることもあってか、同じ製品の話でもコロコロ時期が変わったりすることもあるので、その点は要注意だ。

なお、アナリストといってもKuo氏のように独自ソースを持っている人は精度が高いが、過去のデータから類推するタイプや、希望的観測だけで適当な予想をぶち上げる人も少なからずおり、こうした手合いはノイズでしかない。どちらかというと「アナリストの予想では」という文言があったら、話半分という程度にとどめておきたい。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) アナリストは誰の情報が確度が高いか
(2) 噂サイト/Blogはどこが信頼できるか

人気記事

一覧

新着記事

鉄道トリビア 第368回 対岸に渡りそうで渡らず、元の岸に戻ってしまう鉄橋がある
[08:00 8/27] ホビー
福士加代子「強がって表に出せなかった」リオを終えた胸の内を告白
[07:00 8/27] エンタメ
アニメ『夏目友人帳 伍』OP&EDを歌うアーティストが明らかに
[07:00 8/27] エンタメ
外国人が好きな"日本の夏の風物詩" - 「アリゾナ州では違法でした」
[07:00 8/27] ライフスタイル
かわいがりたい! と思われる後輩社員の特徴
[07:00 8/27] シゴト