【レポート】

国内初「JAL SKY Wi-Fi」を体験! 国内線のネット先進国・米国との違いは?

緒方信一郎  [2014/07/18]

日本航空(以下、JAL)は7月23日、国内線では初となる機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を導入する。今回、一足先に体験できたので、使い勝手をレポートしてみたい。

「JAL SKY Wi-Fi」で搭乗した機体は、羽田~福岡間に就航しているボーイング777-200型機

今回の体験試乗機は、羽田~福岡間に就航しているボーイング777-200型機。「JAL SKY Wi-Fi」はインテリアや座席をリニューアルした新サービス「JAL SKY NEXT」の一環であり、今後、777-300ER、767-300、767-300ER、737-800と合わせ全77機に順次導入される。

国内線のネット先進国・アメリカの事情

最近は国際線で衛星を使ったインターネット接続サービスが急速に普及しているが、国内線のネット先進国といえばアメリカである。国際線以上のスピードでWi-Fiが使える便が増えている印象があり、普及のスピードも速ければ、通信速度のスピードも速いのだ。筆者は実際にアメリカの国内線で利用したことがあるが、上空ではなく地上でネットにつないでいるようなスムーズさを感じた。

そのスピードの秘密は、アメリカの国内線はハワイとアラスカ州の一部を除き、洋上(海の上)を飛ぶことがないため、衛星ではなく地上のアンテナから電波を送る仕組みを使って機内Wi-Fiのサービスを提供しているからだと思われる。

ところが国際線や日本の国内線は、「洋上飛行が多いことと当局の規制がアメリカほど緩和されていないため、衛星を使ったシステムを採用せざるを得ない」(関係者)という事情がある。とはいえ、今回JALはアメリカの航空会社と同じGogo社を採用している。

この企業はアメリカ国内のみならず、航空機向けのインターネットおよび機内デジタル・エンターテインメントの世界的なリーディングカンパニー。同社が提供する通信容量の大きさやスピード、混信の懸念の少なさなどの点で最良とされる衛星通信「Kuバンド・システム」をJALも採用している。

「JAL SKY Wi-Fi」が利用できる飛行機は機体上部に白い凸型の「アンテナ」が設置されている

SNSやウェブサイトの閲覧は快適

実際、「JAL SKY Wi-Fi」でSNSやウェブメールの利用、各種ホームページやウェブニュースの閲覧などをしてみたが、どれもサクサクとした感触でアメリカ国内線のそれと全く変わらない快適さだった。「YouTube」の10分程度の動画なら、それほど遅いとは感じなかった。

ただ、今回は体験試乗だったため、10人程度しかアクセスがない状況である。あまりに大きなデータを扱ったり多くの乗客が一斉に動画を見始めたりすれば、1機に割り当てられる30MBの回線速度では通信速度が遅くなる可能性も否定はできず、状況次第といった面もあるだろう。

なお、料金プランの設定はきめ細かく良心的な印象で、国内線はフライト時間が短いため、最低30分・400円からと安めだ。また、スマートフォンとモバイル端末が1フライト500円または700円(飛行距離により異なる)、タブレットとラップトップパソコンが500円、700円、1,200円(同)と細かく設定され、例えばスマートフォンでSNSを利用する観光旅行者などは、より安価に利用できるように考えられている。

Wi-Fiサービスを利用するにはまずGogo社のサイトでアカウントをつくる。搭乗前でも機内でもどちらでも可能

国際線ならシートテレビで観られるリアルタイムの飛行ルートも閲覧できる

無料の機内コンテンツを充実させていく

また、インターネットに接続せず機内で提供されるコンテンツだけを楽しむなら無料だ。「JAL SKY Wi-Fi」には国際線に比べエンターテインメントが手薄な国内線のサービスを充実させるという目的もあり、観光やスポーツ、音楽、ビジネスなどの多彩なカテゴリーから乗客の要望を踏まえつつコンテンツの充実を図っていく。

サービス開始当初(7月・8月)は旅先の観光地情報「SKYるるぶ」や「あたらしあらし」、「カンブリア宮殿」、「ひつじのショーン」などがラインアップされている。機内のコンテンツはインターネットに接続しないため、通信速度が落ちる心配もほとんどない。

若い乗客はスマートフォンやタブレットで友人とSNSを楽しみ、ビジネスパーソンはパソコンで仕事を効率よくこなす。そんなアメリカ国内線のような光景が今後、日本の空の上でも普通に見られるようになりそうだ。

7月23日、羽田~伊丹、福岡、函館の一部便からサービス開始の予定

足元が約5cm広くなった「JAL SKY NEXT」の普通席。身長178cmの筆者でもずいぶんゆったり感じた

筆者プロフィール : 緒方信一郎

航空・旅行ジャーナリスト。旅行業界誌・旅行雑誌の記者・編集者として活動し独立。25年以上にわたり航空・旅行をテーマに雑誌や新聞、テレビ、ラジオ、インターネットなど様々なメディアで執筆・コメント・解説を行う。著書に『業界のプロが本音で教える 絶対トクする!海外旅行の新常識』など。
関連キーワード

関連記事

【レポート】JALが提案する新しい空、新国内線「JAL SKY NEXT」がフライトへ! 画像20枚
[2014/5/28]
【レポート】ミニスカCAで話題のスカイマークなどの新興航空会社、LCCとはどう違う?
[2014/6/17]
【レポート】実はそれ、"ブラックリスト"かも…航空会社の信頼性・実力が分かるサイト3つ
[2014/6/23]
【ハウツー】格安で航空券が買えるサイトって? - 航空ジャーナリストの券の買い方
[2014/6/3]
【レポート】いまの航空業界が抱えている問題とは? 絶対知っておきたい3つのキーワード
[2014/6/19]
【レポート】新生「エアアジア・ジャパン」に楽天も参画! 蜷川実花デザインの機体も登場
[2014/7/1]
【連載】LCCトリビア 第6回 パイロット不足が表面化したLCCの給料って、そんなに安いの?
[2014/6/12]
【レポート】羽田空港枠で国交省と「ケンカ」中のANAとJAL、その理由と利用者メリットは?
[2014/2/4]
【連載】機内食図鑑 第7回 "海苔弁"のようなエバー航空の機内食にほっこり
[2014/5/12]
【レポート】失踪したマレーシア航空機に何が起こったのか? - アジアの空の問題点とは
[2014/3/26]
【レポート】羽生結弦がボーイング777からあのポーズで登場! ANA制服発表で衣装愛を語る
[2014/4/25]
【レポート】マレーシア航空機失踪で注目されている「ブラックボックス」で何が分かる?
[2014/4/16]
【コラム】客室乗務員の制服で知る、あの航空会社の昔と今 第3回 AラインのミニやCA泣かせの制服も! ANA歴代の全制服を紹介
[2013/9/3]
【コラム】この航空会社の飛行機が見たい! 第2回 時代とともに変わる鶴丸。シンプルなカラー・デザインに想いを込める - JAL
[2013/8/16]
【連載】JAL、航空機の歴史 第10回 777型機、787型機、そしてA350型機。JALも航空機メーカーも更なる高みへ
[2013/12/16]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[内田理央]「MORE」連動の水着写真集 逢沢りなと2ショットも
[00:00 6/26] エンタメ
『ニンジャスレイヤー』、コンピアルバム「伐」発売記念でニコ生一挙放送
[00:00 6/26] ホビー
AKB総監督・横山由依の苦悩の3カ月に密着「海外に逃亡したいと思ったことも」
[23:00 6/25] エンタメ
Iカップ青山ひかる、初のパンスト姿は「すごくソソられます」と自画自賛
[23:00 6/25] エンタメ
Fカップ永井里菜、加山雄三に胸キュン「ぽっちゃりとしたおじさまが好き」
[23:00 6/25] エンタメ