【ハウツー】

iPhoneの文字が見にくいと感じたときの3つの対処法- iOS 7のお役立ちワザ

1 文字を見やすくする方法 その1

 
  • <<
  • <

1/3

iOS 7でフラットデザインが導入され、スッキリした画面になった一方で「文字が細くなって見づらくなった」と感じる方も多いようです。また、視力が悪い方や高齢者にとっては文字が小さくて、なんてことも。せっかく新しいiPhoneやiPadを購入してもフォントの表示がストレスで使っていても楽しくないなんて損。今回はホーム画面の文字周りの表示を変更して画面を見やすくする方法を紹介します。

文字を太く表示してホーム画面の視認性を改善

iOS 7で見づらく感じる原因として、まず変更したいのがフォントの太さ。スマートな文字ですが背景に紛れやすく、アイコン下の文字のように小さいとかすんだように見えてしまいがち。しかし、実はフォントを太くすることが可能です。

方法は、設定アイコンをタップして「一般」→「アクセシビリティ」→「文字を太くする」を選択し、「文字を太くする」のスイッチをオン(緑)にするだけ。再起動ののちに、ホーム画面はもちろんメールやメッセージ、通知センターなどといった標準アプリや機能まわりの文字が見やすくなります。

「アクセシビリティ」では文字の太さ以外にも視覚や聴覚面でのサポート設定ができる

「文字を太くする」のスイッチをオンにすると、再起動するかどうかというメッセージが出てきて、「続ける」をタップすると再起動ののちに文字が太くなる

文字を太くする前のホーム画面。アイコン下の文字が背景に紛れかけている印象だ

文字を太くするとややクッキリして見やすくなった

設定画面もこのとおり。スマートな印象から遠ざかったものの視認性が高くなった

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 文字を見やすくする方法 その1
(2) 文字を見やすくする方法 その2
(3) 文字を見やすくする方法 その3

人気記事

一覧

新着記事

「秋は抜け毛がひどい」は真実! 抜ける原因や期間、本数を医師が解説
[10:45 9/27] ヘルスケア
資生堂、学習型レコメンデーションエンジン搭載のヘアスタイルBotサービス
[10:44 9/27] 企業IT
トーストの次はコーヒー! - バルミューダ、最高の注ぎ心地を追求した電気ケトル「BALMUDA The Pot」を投入
[10:41 9/27] スマホとデジタル家電
日本一人口の少ない村は東京にある! "青ヶ島フェア"で希少なご当地グルメを
[10:30 9/27] 趣味
Microsoft、Adobe Systemsとクラウド分野での協業を発表
[10:29 9/27] 企業IT