【レポート】

WWDC 2012 - iCloud連携強化など、iOSの機能を積極的に取り込んだMountain Lion

1 iCloudの連携強化でiOSライクな機能がMacで利用可能に

 
  • <<
  • <

1/2

11日(現地時間)に開幕した米Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC 2012」、基調講演レポートの第2弾はOS X Mountain Lionのプレビューを担当したCraig Federighi氏のパートの詳細をお伝えする。7月のリリース予定と1,700円という価格が正式に発表されており、期待は高まるばかりだ。

【レポート】WWDC 2012 - 噂どおりにRetina搭載MacBook Proが登場」「【レポート】WWDC 2012 - Siriの機能拡張&iPad対応、マップ刷新など新機能盛りだくさんの「iOS 6」」も合わせてお読みください。

OS Xユーザーの40%はOS X Lionを利用

OS X Mountain Lionを紹介するCraig Federighi氏

Phillip Schiller氏によるMac製品のアップデートの紹介が終わって、スピーカーはMac OS X担当のCraig Federighi氏に交代。同氏はまず、「OS X Lion」の状況を紹介した。それによると、OS X Lionは、OS Xユーザーの40%が利用しているといい、約9カ月でこの数値を達成した。Federighi氏が披露したデータによるとライバルのWindows 7は、同じ40%に達するのに26カ月を要したという。

OS X Lionの成功が数字で語られた

Mountain LionではiCloudとの連携が大幅に強化される

そしてFederighi氏は、Mountain Lionの「200を超える」という新機能の中から、特徴的なものをピックアップしていく。

新たに登場するOS X Mountain Lion

Mountain Lionの新機能は200以上にのぼるという

その1つ目がiCloudとの連携強化。メール、カレンダー、Messageに加え、リマインダーやGame CenterといったiOSでおなじみの機能もMountain Lionに加わる。さらに「Document in the Cloud」として、PagesやNumbersなどのファイルも、iCloud上でiOSデバイスなどと同期可能。SDKが公開され、サードパーティのアプリもこの機能を利用できるようになる。

1つ目の強化ポイントはiCloudとの連携

さまざまな機能がiCloudと連携するようになる。その1つ、Mail

iCloudと連携する機能その2、カレンダー

iCloudと連携する機能その3、メッセージ

iCloudと連携する機能その4、リマインダー

iCloudと連携する機能その5、メモ

Documents in the CloudでPagesやNumbersのファイルも同期できるようになる

他のデバイスで編集したPagesのデータが即座に反映されるというデモも披露された

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) iCloudの連携強化でiOSライクな機能がMacで利用可能に
(2) 正式リリースは7月、日本での価格は1,700円

人気記事

一覧

新着記事

声優・上田麗奈の一人喋りラジオコーナーが10月1日よりスタート
[22:44 9/28] ホビー
TVアニメ『ViVid Strike!』、放送直前! スタッフ&キャストコメントを公開
[22:41 9/28] ホビー
Windowsスマートチューニング 第411回 Win 10 IP編: Windows Updateへのアクセスを抑止する
[22:14 9/28] パソコン
進化を続ける「Zen」シリーズ - ASUSがフラグシップノートPC「ZenBook 3」を国内投入
[22:07 9/28] パソコン
声優・三森すずこ、3rdアルバム『Toyful Basket』発売記念! 特典お渡し会を開催
[22:02 9/28] ホビー