【ハウツー】

iPhoneゲーム自作工房6 - ひとりで壁に向かってボールを打ち続けるゲーム

1 壁に向かって打て!

 
  • <<
  • <

1/3

壁に向かって打て!!

今回はひとりで壁に向かってテニスボールを打ち続ける、というゲームを作成します。タッチパネルを利用して操作を行いますが、iPhoneでは複数のタッチに対応しているのでプログラムを改造して2人や4人でプレイ(できるかどうかは保証しません)するようにしてみると面白いかもしれません。

作成するゲームのルールは簡単で上から落ちてくるボールをパドルで打ち返すだけのものです。ボールが下まで落下してしまうと即ゲームオーバーとなります。パドルの移動はタッチパネルをドラッグ(タッチムーブ)することで行います。また、ボールの速度は一定で、ボールが跳ね返る角度も一定となっています。これらは手軽に変更、改造できます。

ゲーム画面

初期設定

ゲーム開始前には初期設定を行う必要があります。今回のゲームでは「ボールの位置(座標)」「ボールの移動量」「ボールのサイズ」「パドルの位置(座標)」「パドルのサイズ」を、変数を用意し初期値を入れておきます。ゲーム開始時にはボールの位置(座標)だけが初期化されます。ボールの移動速度が固定されていますが、これは変数dx, dyで設定していますので、ボールの速度を変えたい場合には、この初期設定値を変更してください。ボールのサイズやパドルのサイズは表示する画像と同じ大きさにします。もし、画像を変更する場合には変更した画像のサイズも忘れずに設定してください。

ゲーム開始前の状態。この時に、いくつかの変数に初期値が設定されている

コード01

        var ballX = 10; // ボールのX座標
        var ballY = 10; // ボールのY座標
        var ballW = 16; // ボールの横幅
        var ballH = 16; // ボールの縦幅
        var dx = 4; // ボールの横の移動量
        var dy = 8; // ボールの縦の移動量
        var padX = 1;   // パドルのX座標
        var padY = 280; // パドルのY座標
        var padW = 48;  // パドルの横幅
        var padH = 16;  // パドルの縦幅
  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 壁に向かって打て!
(2) touchmoveイベントとボールの処理
(3) touchmoveイベントとボールの処理

人気記事

一覧

新着記事

3Dプリンタで会社生活の悩みを解決しよう! 第1回 どれが自分のビニ傘か一発でわかる「傘タグ」
[11:00 7/29] テクノロジー
「2016年夏ドラマ」19作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ
[11:00 7/29] エンタメ
こぶしファクトリー「"こぶし組"の輪を広めて有名なグループに」と意気込み
[11:00 7/29] エンタメ
シリコンバレー101 第670回 ポケモンGO便乗アプリ、成功したアプリとつまづいたアプリの違い
[11:00 7/29] 企業IT
竹尾の紙に"電子回路を印刷" - 「紙のミライ」を探る企画展
[11:00 7/29] 企業IT