【ハウツー】

ゼロからはじめるGIMP2- 無料で使える写真加工ソフトを解説

5 レンガの壁に落書きしてみる(あいまい選択ツールで加工する2)

 

5/8

6.(1)[あいまい選択]ツールを選び、[モード]を[選択領域を置換]にし、(2)背景レイヤーのレンガとレンガの隙間の目地をクリックします。選択領域を追加したいときは、[Shift]キーを押しながらクリックします。選択領域を減らしたいときは[Control]キーを押しながらクリックします。(3)mejiレイヤーを選択し、メニューバーの[編集]→[切り取り]で、選択領域を削除します。これで、目地の部分の落書きが消え、レンガの上にのみペンキが付きます。

[あいまい選択]ツールで目地の部分を選択します。目地を選択するのはなかなか難しい作業ですが、やり直しながら何度もチャレンジしましょう

7.(1)mejiレイヤーの目のアイコンが表示される部分をクリックしてレイヤーを表示します。(2)rengaとmejiのレイヤーの不透明度をそれぞれ調節します。ここでは、不透明度は、rengaレイヤーは65、mejiレイヤーは8.8にしてみましたが、好みにあったものに調整してみるのもよいでしょう。

各レイヤーの透明度を調節して、味のあるレンガと落書きを生成します

8.以上でレンガへの落書きは完成しましたので保存します。保存は、まず、レイヤーをそのまま保存できるGIMP専用のXCF形式で保存してから、汎用性の高いJPEGやBMP形式などで保存します。ここではJPEG形式で保存します。6.および7.と同じ手順で、今度はJPEGを選択します。

ここではjpg形式で保存してみます

9.JPEG形式の画像データはレイヤーを扱えないので、JPEGで保存するときは確認メッセージが表示されます。[エクスポート]をクリックして先に進めます。

エクスポートのダイアログで先に進むとJPEG形式で保存されます

10.JPEG画像に保存するときは、品質を調節するダイアログが表示されます。品質を落とすほど小さなデータ容量に圧縮できます。JPEGの画質はソフトによって圧縮の程度の表し方が違っていて、GIMPのこの画面で設定できる品質は、どちらかといえば圧縮率が高め(画質は低め)になっています。なので、他のレタッチソフトたとえばPhotoshopなどよりは、(1)品質を高めにしておくのが無難です。(2)[OK]をクリックして保存します。

データサイズと品質を考慮しながら、保存できます

5/8

インデックス

目次
(1) GIMPとは
(2) レンガの壁に落書きしてみる(ブラシでレイヤーに落書きする)
(3) レンガの壁に落書きしてみる(ブラシでレイヤーに落書きする2)
(4) レンガの壁に落書きしてみる(あいまい選択ツールで加工する)
(5) レンガの壁に落書きしてみる(あいまい選択ツールで加工する2)
(6) 合成写真を作ってみる
(7) 合成写真を作ってみる(文字の入力・加工)
(8) 合成写真を作ってみる(文字の入力・加工2)

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

日本の薬の値段は高い? 安い?? - 日本在住外国人の回答やいかに
[10:30 6/30] ヘルスケア
お小遣い平均額、中学生は月2,536円、高校生は5,114円 - 小学生は?
[10:28 6/30] マネー
エースコック、「スープはるさめ トマたま」自主回収--カゴメトマト缶使用
[10:28 6/30] ヘルスケア
オージス総研、四国電力のグループ間システム連携基盤を再構築
[10:22 6/30] 企業IT
【レポート】ラジオ再浮上に1つの可能性 - ネットとの融合は進むか
[10:18 6/30] 経営・ビジネス