【インタビュー】

VxWorksとLinuxの2本柱で適切なソリューションを提供 - Wind Riverに聞く

1 Linuxとモバイルガジェットへ進出するWind River

 
  • <<
  • <

1/4

「OS」というと、WindowsやMac OS、Linuxなど、パソコンやサーバ向けのOSを連想する読者も多いことだろう。しかし、OSを搭載している機器は、これだけではない。身近なところでいうと、携帯電話にはじまってインターネットに接続するブロードバンドアクセスルータ、プリンタ、ゲーム機、テレビに代表される家電製品など、身の回りに溢れている電子機器(あるいは組み込み機器)にもOS――いわゆる「組み込みOS」が搭載されているのだ。

組み込みOSの中でも、高い信頼性とシェアを誇るのが米Wind Riverの「VxWorks」である。日本においても、携帯電話の基地局の多くはVxWorksを採用している。そのほか、レーザープリンタや複合プリンタ、IP電話やWi-Fi電話、ブロードバンドアクセスルータ、そして高い信頼性が求められる医療機器やFA、自動車、航空、宇宙、防衛など、多くの組み込み機器でVxWorksは活躍している。また、現在、日本が注力しているロボティクスの分野においてもVxWorksの採用は進んでいる。

同社の戦略について、同社のVice President of Worldwide Sales and ServicesであるDamian Artt氏に話を聞いた。

Wind RiverのVice President of Worldwide Sales and ServicesであるDamian Artt氏

Linuxとモバイルガジェットへ進出するWind River

Wind Riverは1981年に設立した組み込みOSベンダである。1987年に組み込み向けのリアルタイムOS「VxWorks」を発表。このOSは1997年にNASA探査機にも採用され、火星へ送られた初の商用OSとなった。2003年にはOSDLおよびEclipse Foundationに参加、2004年には最新版となるVxWorks 6.0を発表、2005年には「Wind River Platform Linux Edition」を出荷、2006年にはマルチコアへの取り組みを強化している。同社は2001年にはBSDiからBSD/OSを買収し、FreeBSDの支援を表明していた時期もあった。その後、同社はFreeBSD支援をFreeBSD Mallへ譲り、現在ではLinuxを推進している。

2007年に入ってからはFinite State Machine LabsからRTLinuxの関連特許や商標などの使用権を買収Googleの提唱したOpen Handset Allianceへ参加、同じく携帯プラットフォームソリューションに関連したLiMo Foundationへ参加、Wind River LinuxwをplatformOViAに対応、2007年12月にはWind River Linux Platformの発表を計画するなど、Linuxプラットフォームへの注力と携帯端末への関与を強めている。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) Linuxとモバイルガジェットへ進出するWind River
(2) 2つのOS - 適切なソリューションを提供
(3) VxWorksだけでなくLinuxにも注力
(4) コンシューマ機器での採用が多い日本


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ろこどる』、OVA Vol.2発売記念イベント『ロコドルフェスタ』を開催
[21:03 9/25] ホビー
三浦春馬と世界的ダンサーの熱愛、小林麻央のがん転移が判明 - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 9/25] エンタメ
「文スト」中原中也のねんどろいど、「2度めはなくってよ!」も再現可能
[20:22 9/25] ホビー
KADOKAWAが「かわいい女の子にふりまわされたいっ!フェア」を開催
[19:30 9/25] ホビー
[ハドソン川の奇跡]トム・ハンクス&アーロン・エッカートに聞く「みんなで力を合わせれば…」
[19:23 9/25] エンタメ