【レポート】

Bletchley Park博物館 - 暗号解読コンピュータ「Turing Bombe」と「Colossus」を復刻

1 Bletchley Parkとは

 
  • <<
  • <

1/5

2次大戦中に、英国はドイツ軍の暗号を解読する施設をロンドンの北西約80kmのBletchley Parkに設立した。当時、ドイツ軍が一般的に使用していたのはEnigma暗号であったが、最高機密の情報伝達にはLorenz暗号が用いられた。

Enigma暗号器(左)とLorenz暗号器(右)(出典:Wikipedia)

写真に見られるように、Enigma暗号器はポータブルタイプであるが、Lorenz暗号器は大型で据置き型のマシンであり、重要拠点間の通信に用いられた。

これらの暗号を解読するため、英軍はTuring BombeとColossusと呼ばれる専用コンピュータを開発、量産した。しかし、これらのコンピュータは秘密を保持するため、戦後、破壊されてしまい、歴史の襞に埋もれようとしていた。

これを惜しんだボランティアのグループが昔の資料を掘り出し、これらのマシンの復刻に取り組んできた。Colossusは1996年に部分的に完成してパワーオンが行われ、2003年に全体の復刻が完成した。また、Turing Bombeは、1995年から復刻が開始され、最近(2007年7月16日に)完成し、Bletchley Park博物館に展示されると発表された。これにより、第二次世界大戦中の歴史に残る暗号解読コンピュータが復刻され、展示されることになった。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Bletchley Parkとは
(2) ドイツ軍のエニグマ暗号器
(3) エニグマ暗号解読用コンピュータ「Turing Bombe」
(4) トップシークレットに使われたLorenz暗号を解読する「Colossus」
(5) Colossusを使った暗号解読は、僅かな統計的偏りを利用


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (3) 空要素の記述法
[10:00 8/25] 企業IT
IntelのKNL(Knights Landing)の性能は? - ISC 2016 第4回 まだまだ続くコア数の増加とFlopsの向上
[10:00 8/25] テクノロジー
『GANTZ:O』、完成披露上映会の開催決定! 小野大輔、M・A・Oらが登壇
[10:00 8/25] ホビー
本当に高校生? 松本人志も驚いた16歳・北村優衣とは - 苦労の先にあった、松岡茉優との衝撃共演
[10:00 8/25] エンタメ
iiyama、HDMI 2.0ポート搭載の28型4Kディスプレイ「ProLite GB2888UHSU」
[10:00 8/25] パソコン