車を高く売る13のコツ・方法まとめ!おすすめのサイト・売却時期を解説!

  • 車を少しでも高く売りたい!
  • 車が高く売れるコツや方法を知りたい!
  • 車が高く売れるサイトや時期が知りたい!

この記事では、上記に全て答えていきます。

中でも、すぐにできて最も簡単な方法が車一括査定サイトの活用です。ある調査によると、3社以上に見積もり依頼すると平均17.6万円高く売却できることがわかりました。

この他にも車を高く売るコツを11個お伝えしていきます。高額売却に繋がるすぐできるコトから購入前に気をつけたいことまで全13の方法を参考にしてみてください。

タケル
「車を少しでも高く売りたい」なら、ぜひ最後まで読んでいってください。
  • おすすめ中古車を最高値で売る方法


    中古車を高く売るおすすめの方法は、複数の会社に査定依頼を出すことです♪

    買取価格は、車を売る時期や業者の在庫状況によって大きく変動します。売りたい車を欲しい業者と欲しくない業者では、買取価格が変わってくるんです。

    私のおすすめは、提携している事業者数も同時に査定依頼できる業者数もダントツのカーセンサーです。

\90秒で入力完了!メールのみで査定できる最大手サイト!/

カーセンサー車買取一括査定の公式HPを見る

車を高く売る13の方法

この記事では、車を高く売る13の方法を「直前にできること」「数ヶ月前にできること」「普段からできること」「購入時にできること」の時期別に解説しています。

タケル
車を売却する時期に合わせて当てはまる箇所を重点的に読んでみてください。
高く売る方法 時期 手間
洗車して綺麗な状態にする 売る直前
ほとんどなし
下取りではなく車一括査定サイトを使う 売る直前
ほとんどなし
営業マンと仲良くなる 売る直前
人による
車検切れ前を狙う 売る数ヶ月前
ほとんどなし
1~3月か9~10月を狙う 売る数ヶ月前
ほとんどなし
キズやヘコミを無駄に直さない 売る数ヶ月前
ほとんどなし
フルモデルチェンジ前を狙う 売る数ヶ月前
最新情報をチェックする必要がある
タバコを吸わない・ペット・食べ物の匂いを残さない 常時
ほとんどなし
屋内保管で外装・車内環境を劣化させない 常時
設備が必要
走行距離は1年1万キロ以内に留める 常時
少し注意が必要
定期的にメンテナンスをしておく 常時
少し注意が必要
人気のオプション装備をつけておく 車を購入するとき
車の情報をチェックする必要がある
リセールバリューの高い車を購入する 車を購入するとき
車の情報をチェックする必要がある

さっそく、車を高く売る方法をご紹介していきますね!

まずは、車を売却する直前にできる方法です。「すぐに車を売るんだけど、少しでも高く売りたい」なら、ぜひ行ってみてください♪

【売る直前】洗車して綺麗な状態にする

車を高く売るためにすぐできるコト
  • 洗車をする
  • ゴミを捨てておく
  • 掃除機をかける
  • 拭き掃除する
  • 車内の荷物はどけておく

とにかく、最初に車を洗車(掃除)して綺麗な状態にしましょう♪

なぜなら、「車にキズや汚れがない」「キズや汚れがあるけど、全て正確に把握できた」と買取事業者に納得してもうためです。

車の買取事業者の方は、「外装に傷がないか?」「修復はされていないか?」「シートは汚れていないか?」など、キズや汚れを細かくチェックします。

そのため、車が洗車された綺麗な状態だと車の状態が良くわかり、査定もしやすくなるわけです。

タケル
反対にキズや汚れが正確にわからないと、正確な査定結果が出せません。

「もし買い取った車にキズや汚れがあるかも?」と思うと、査定金額は最低限つけるしかなくなってしまいますよね。

だから、事前に洗車や掃除をしておけば、正確な見積もりをしてもらうことができ売却額を高くすることに繋がるんです♪

また、第一印象が格段に良くなります。査定やオークションは、人がその目で見て行うものです。

きれいで査定がしやすい車なら、査定士は「メンテナンスもきちんとされていそう」と感じやすいでしょう。

洗車はもちろん、掃除機をかけたり、ゴミを捨てたり、見づらいところがないように車内の荷物は事前にどけておくのが車を高く売るコツです。

【売る直前】下取りではなく車一括査定サイトを使う

冒頭で少し解説しましたが、車を高く売却するもっとも良い方法は複数の業者に査定してもらうことです♪

車は、売却する時期や買取事業者の在庫状況によって大きく変わってきます。

なかでも、特に覚えておいて欲しいのは「買取事業者によって得意な領域が違う」ということです。

大きな車の販売経路を持っている業者もいれば、輸入車を売るのが得意な業者もいます。

つまり、あなたの車を高く売れる自信のある業者には車を高く売ることができ、自信がない業者になら高く売れないというわけです。

だから、複数の業者に査定してもらうことで、あなたの車を得意な業者と出会えて高額売却に繋がります♪

タケル
例えば大手買取事業者のネクステージはSUV(トヨタのハリアーなど)が得意ですね。

複数の買取事業者に査定してもらうなら、車一括査定サイトのカーセンサーをおすすめします。

実際にカーセンサーで査定依頼すると、ディーラー下取りより30万円も高く買取してもらえるケースがあります♪

高額査定がGETできる最大の理由は、カーセンサーが業界最多の提携事業者数を誇るからです!

タケル
一括査定に必要な項目はたった10個だけなので、気になったら一度査定依頼をしてみてくださいね。
\90秒で入力完了!メールのみで査定できる最大手サイト!/

カーセンサー車買取一括査定の公式HPを見る

【売る直前】営業マンと仲良くなる

すぐにできる3つ目の方法は、営業マンと仲良くなることです。

やはり営業マンも人なので、お互いに気持ちの良い商談になれば査定額を多少は上げてくれることもあるでしょう。

「頑張ってくれたら今日決めますよ。」といったチラ見せも効果的ですよ♪

ただ、どんな風にコミュニケーションをとれば商談が有利に運べるかはケースバイケース。全ての場合において有効とは限らない方法ですね。

タケル
コミュニケーションのテクニックは必要ですが、数万円変わってくることもあるので試す価値は十分にありますよ♪

ここからは、車を売る数ヶ月前から取り組めるコツをお伝えしていきますね♪

【数か月前から】車検切れ前を狙う

新車なら3年、2回目以降なら2年ごとに来るのが車検ですね。車を売るなら、車検が切れる前を狙うのも高く売るコツのひとつです。

もしかすると「車検を通してから売った方がいいのでは?」と思うかもしれませんが、車検が残っているから査定額が上がると言うケースはあまりありません。

というのも、買取事業者の多くは車検に必要な設備を持っていて必要なら自社で車検を通して車を販売できるからです♪

それに、販売店からすると「車検もやりますよ!」と顧客に印象付けることで、車検の更新ごとに利益がでます。

タケル
車検が切れている車の方が都合が良いと言うケースさえあるわけですね。

そんな事情から、わざわざ車検を通す手間と費用を買取事業者が上乗せしてくれることはほぼないということです。

つまり、車検の費用を払わない方が手元に残るお金が多くなる可能性が高い方法と言えます♪

▼車を売るタイミングについてコチラの記事にさらに詳しくまとめました▼

【数か月前から】1~3月か9~10月を狙う

中古車業界では、1~3月と9~10月は車の買取価格が高くなりやすい時期です。

なぜかと言うと、自動車業界の決算期が3月に、半期決算期が10月にあるからとなっています。

メーカーやディーラーは、「決算までに売上を上げて在庫を減らしたい」と思うのが実際のところです。なので、決算期前の在庫車を「価格を下げてでも売る」という雰囲気があります。

タケル
1月に販売店に行ったら、営業マンに「決算が近いので価格交渉もできます」と言われたことがあります。

それに、冬のボーナスと夏のボーナスの後の時期だから、車が売れやすい時期でもあります。

こういった事情から、中古車業界では決算期に車が売れる雰囲気になっているわけです。そのため、買取事業者は「車を売るために買いたい」と思っています。

つまり、「車の売れる時期だから買取価格が上がりやすい」というのが決算期前の1~3月と9~10月というわけです。

決算期を逃してしまったら?

「決算期を逃してしまった」と思っても、車を高く買い取ってもらえるケースがあります。どんなケースかと言うと、「状態の良い車」を持っているケースです。

「状態の良い車」とは、年間の走行距離が1万キロ以内であったり、事故歴がなかったり、喫煙やペットによる匂いがなかったりする車です。

簡単に言えば、「一般的によく売れるきれいな中古車と言えます。

確かに決算期を過ぎると、市場が落ち着いて買取価格は上がりづらいです。ただ、買取事業者にとっては買い手の付きやすい「状態の良い車」は年間通じて欲しい車です。

なので、あとで詳しく解説しますが、タバコを吸っていなかったり、定期的にメンテナンスがされていたりすることで「状態の良い車」を持っている人は、自然と買取価格は高くなる傾向にあります♪

【数か月前から】キズやヘコミを無駄に直さない

キズやヘコミは不用意には直さないほうがおすすめです♪

なぜかというと、キズやヘコミを直したからといって修理費用分の金額が査定額に上乗せされて高くなることはほぼないからです。

すでにお伝えしたように「状態の良い車」なら、売却額は上がります。

ですが、キズやヘコミを修理していることは査定士にしたらすぐにわかってしまうのです。ガリバー社の査定では、機械を使って塗装具合を計測していて、新人でも修理していることがわかります。

なので、修理している車は必ずしも「状態の良い車」ではなく、「あくまで修理された車」と判断されてしまうんです。

特に気をつけたいのが、ペンや研磨で直せそうなキズです。もし自己流で直してしまうと、査定額が上がらないばかりか逆に減額される可能性さえあります。

修理費用を払わずに車を売却した方が手元に残るお金が多い可能性が高いため、不用意に修理はしないようにしましょう。

タケル
もちろん、乗っていて恥ずかしくなるほどのキズやヘコミなら直す方がいいかもしれないですよね。

【数か月前から】フルモデルチェンジ前を狙う

人気の車種は4〜6年ごとの周期でフルモデルチェンジが行われます。今の車を少しでも高く売るには、フルモデルチェンジが行われる前に売却しておくのがおすすめです。

モデルチェンジには大きく2つの種類があります。

マイナーチェンジ 半年〜2年間隔で車のベースは変えずに一部が変更される
フルモデルチェンジ 車のフェイスや仕様が大きく変更され、イメージが刷新される

例えば、トヨタの人気車種であるハリアーは2020年にフルモデルチェンジをしました。

フルモデルチェンジが行われると、現行型の車から新しいモデルに乗る人が増えることになるわけです。すると、現行型の車が中古車市場に増え始めます。

同じ型の車が市場に多くなればなるほど、自然と価格は下がるので買取価格は下がると言う流れです。

現行型の買い控えが起こるのは、買取事業者はよくわかっています。なので、フルモデルチェンジが行われる前に売却するのが高く売るコツの一つです♪

次に、普段から気をつけておくと、高額で車を売却できる可能性が高まる方法を解説していきます♪

この章では、基本的に「大事に車に乗りましょう!」という内容を解説していきます。もし今回の車であまりできなかったのなら、次の車では実践してみてください。

【普段から】タバコを吸わない・ペット・食べ物の匂いを残さない

車を高く売りたいなら、喫煙や匂いが残るような使い方は日頃からしないように心がけましょう♪

その理由は単純で、匂いのある車は売れづらいからです。

買取事業者は匂いがある車が売れないことを知っていますから、もちろん高額の査定はなかなか出ません。

タバコを吸う人が減っている背景もあり、喫煙されていた車は売れない車と思われているわけです。

タケル
たまに吸っていた程度なら売却する数ヶ月前から入念に消臭や掃除を行っておくことで、少しは高く売れる可能性があがるかもしれません。

【普段から】屋内保管で外装・車内環境を劣化させない

車を屋内で保管しておくと、車を高く売ることに繋がりやすいです♪屋内が無理でも、屋根がある場所で保管しておくだけで査定額は大きく変わってきます。

その理由は、外装や車内環境の劣化を防げるからです♪

外に駐車しっ放しだと、天候の影響を受けて塗装やシートが色褪せたり、劣化したりしてしまいます。劣化してしまうと、どうしても車の価値は下がってしまいます。

なので、日頃から劣化しづらいような車に優しい環境で保管することで、車が高く売れる可能性が高まります♪

【普段から】走行距離は1年1万キロ以内に留める

車の走行距離と買取価格には密接な関係性があります。特に「1年1万キロ」は重要な指標です。

もし車を高く売ることを想定して乗るなら、走行距離は1年で1万キロ以内に収めるように心がけましょう♪

理由は、車は1年で1万キロ走ることを想定されて作られていて、1年1万キロ以上走ると劣化も早いと考えられているからです。

逆に1年で5,000キロほどの走行距離が少ない車だと、「使用年数に対して痛みが少ないだろう」と見なされて買取価格が高くなる傾向にあります。

旅行が好きで遠出したり、仕事で圏外まで出張したりするような人は難しいかもしれませんが、1年1万キロ以内を意識しておくだけで車の価値が下がりづらいのでぜひ覚えておいてくださいね♪

【普段から】定期的にメンテナンスをしておく

車を長持ちさせるという意味でも、定期的なメンテナンスをきちんとすることで車の価値を保つことができます。

車や機械に詳しくなくてもできる定期メンテナンスは次の7項目です。

洗車 だいたい1ヶ月ごと
(汚れが気になったらこまめに)
タイヤの空気圧・溝の確認 だいたい1ヶ月ごと
ウィンドウウォッシャーの補充 だいたい1ヶ月ごと
ワイパー交換 1年ごと
エアコンフィルターの交換 1年ごと
冷却水の補充・交換 2年ごと
ヘッドライトの交換 3年〜5年ごと

上記のメンテナンス以外にも、専門業車にやってもらう定期メンテナンスもあります。

例えば、エンジンオイルの交換は「6ヵ月または走行距離5,000kmごと」に行うことが必要とされています。

もし交換しないと、潤滑油であるエンジンオイルが減少したり劣化したりして、エンジン内部が痛んでしまいます。

痛みのあるエンジンを積んだ車の価値は下がるので、買取価格も下がります。

車内の清掃から、保管方法、日々の定期メンテナンスをしっかり行うことが日頃からできる車を高く売るコツです。ぜひ実践してみてください♪

次に、車を購入する時点からできる車を高く売る方法を解説していきます。

【購入する時点】人気のオプション装備をつけておく

購入時にまず意識したいのが、人気のオプション装備をつけておくことです♪

例えば、人気のオプション装備は次のようなものが挙げられます。

  • ETC
  • バックモニター
  • ドライブレコーダー
  • 高性能カーナビ
  • 自動ブレーキ
  • ルーフ

上記は、後付けできるような装備もあるので必ずしも購入時につけるかは自由です。

ただ、ETCやドライブレコーダーは時代の流れもあって、付いている車が人気になっています。

そのため、オプション装備に多少お金がかかっても、売却時にその分の金額も上乗せされて査定金額が付く可能性が高いです。

ただ、カスタムパーツや社外ホイールなど好みが別れるような装備は査定金額に反映されづらいです。

売却時に外せるようなカスタムまでに抑えておいた方が、高く売れる可能性は高まりますよ♪

【購入する時点】リセールバリューの高い車を購入する

最後に、リセールバリューの高い車を選んで購入することで、車を高く売ることができます♪

車のリセールバリューとは?

車で言うリセールバリューとは、購入した車の売却時の再販価格(買取・下取り価格)のことです。

車には、リセールバリューが高い車と低い車があります。買ったときの価格に対して、売却時の価格があまり下がらない車をリセールバリューが高い車と言います。

つまり、買ってから値段が下がらない車のことです。

例えば、トヨタ車のハリアーやランドクルーザーといった車種はリセールバリューが高い車として有名です。

リセールバリューが高いのは日本だけでなく世界でも人気があり高く売れる可能性が高いからです。場合によっては買った時よりも売却価格が高くなることさえあります!

もし購入する時点で、リセールバリューのことまで考えられていると高く車が売れることに繋がりますよ♪

車を高く売る13の方法のまとめ

車を高く売る13のコツ・方法
  1. 洗車して綺麗な状態にする
  2. 下取りではなく車一括査定サイトを使う
  3. 営業マンと仲良くなる
  4. 車検切れ前を狙う
  5. 1~3月か9~10月を狙う
  6. キズやヘコミを無駄に直さない
  7. フルモデルチェンジ前を狙う
  8. タバコを吸わない・ペット・食べ物の匂いを残さない
  9. 屋内保管で外装・車内環境を劣化させない
  10. 走行距離は1年1万キロ以内に留める
  11. 定期的にメンテナンスをしておく
  12. 人気のオプション装備をつけておく
  13. リセールバリューの高い車を購入する

ここまで、車を高く売るためにすぐにできることから、購入前に意識することまで幅広く解説してきました。

タケル
とにかく普段から大事に車に乗って、売却前に丁寧に洗車すれば売却価格は上がりやすいです♪

ただ、買取事業者には得意な車種がそれぞれあり、不得意な車は高く買い取ってくれない構造になっています。

そのため、複数の業者に査定してもらうことが車を高く売るもっとも手っ取り早い方法です!

ある調査によると、3社以上に見積もりしてもらうことで平均17.6万円高く買い取ってもらえることがわかりました。

3社以上の会社に査定してもらうのを目安に査定依頼してみてくださいね♪

タケル
業界最多の提携事業者数を誇るカーセンサーは無料で使えるので、使わないと損ですよ!

\90秒で入力完了!メールのみで査定できる最大手サイト!/

カーセンサー車買取一括査定の公式HPを見る

関連記事 RELATED POSTS