空気清浄機をレンタルできるおすすめ4選!個人で使うなら購入とどちらがお得か比較

空気清浄機をレンタルできるサービス

空気清浄機は花粉が気になる季節や、部屋のホコリを除去してくれる便利な家電アイテム。

購入すると3万円以上かかるため、気になる時期にだけ1ヶ月ほどレンタルで使いたい人も多いはず。

この記事では、空気清浄機をレンタルするメリットや、個人向けのおすすめのレンタルサービスについて紹介します。

空気清浄機をレンタルするべきか購入するべきか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること
  • 空気清浄機を個人でレンタルできるサービス
  • 空気清浄機を用意するときの選び方
  • 空気清浄機をレンタルする際に気をつけること

空気清浄機をレンタルできるおすすめサービス4選を紹介

ここからは空気清浄機をレンタルできる、おすすめのサービスを紹介していきます。

それぞれの家電レンタルのおすすめを比較して、料金の安さや取り扱っている空気清浄機のモデルを確認して、自分に合ったサービスを選びましょう。

サービス名 空気清浄機の
レンタル最安値(税込)
送料(税込) 対応エリア 最低レンタル期間 公式サイト
3,800円/月 無料(北海道と沖縄は有料) 全国エリア 3ヶ月 詳細をみる
24,200円/年 無料※3 全国エリア※2 30日〜 詳細をみる
520円/月〜 有料※1 全国エリア※2 3ヶ月〜 詳細をみる
CLAS(クラス)CLAS
1,925円/月〜 レンタル3ヶ月で
送料なし
関東・関西エリア なし

※1 対象のレンタル商品によって異なる
※2 一部の離島を除く
※3 沖縄・離島・一部の山間部エリアを除く

ゲオあれこれレンタルは小型の空気清浄機を1ヶ月からレンタルできる

ゲオあれこれレンタル

公式サイト https://geo-arekore.jp/
空気清浄機の
レンタル最安値
3,800円(税込)/月
送料 無料(北海道と沖縄を除く)
対象エリア 全国エリア
補償・サービス ・通常利用範囲内のキズは請求なし
・身分証明書の提示不要

ゲオあれこれレンタルは、空気清浄機などの生活家電やガジェット類を手軽にレンタルできるサービス。

空気清浄機の取り扱いは、ロボット空気清浄機やコンパクトなサイズのイオン発生機など、珍しいアイテムもレンタルで利用可能。

小型の空気清浄機であれば、1ヶ月3,800円でレンタルできます。

『買える!レンタル』の対象商品は、レンタル後にそのまま購入も可能で、気に入ればレンタル期間終了後も使い続けられます。

ゲオあれこれレンタルの空気清浄機を紹介!

商品名 レンタル料金(税込) 1日
あたり料金
シャープ プラズマクラスターイオン発生機シャープ プラズマクラスター
イオン発生機 IG-NM1S-B
3,500円/月~ 116.6円ほど
カドー LEAF Portable空気清浄機 MP-C30-SLカドー LEAF Portable
空気清浄機 MP-C30-SL
3,800円/月~ 126.6円ほど
パナソニック ナノイー発生機 F-GMU01-Kパナソニック ナノイー発生機
F-GMU01-K
3,800円/月~ 126.6円ほど
エペイオス スマート加湿器 FoElem Heal(ヒアル) HM501Aエペイオス スマート加湿器
FoElem Heal(ヒアル) HM501A
4,100円/月~ 136.6円ほど
シャープ プラズマクラスター除菌脱臭機 DY-S01シャープ プラズマクラスター
除菌脱臭機 DY-S01
4,300円/月~ 143.3円ほど
ダイソン パーソナル空気清浄ファン Pure Cool Meダイソン パーソナル空気清浄ファン
Pure Cool Me
4,400円/月~ 146.6円ほど
ダイキン ストリーマ空気清浄機ダイキン ストリーマ空気清浄機 4,800円/月~ 160円ほど
エコバックス ロボット空気清浄機エコバックス ロボット空気清浄機 8,980円/月~ 293.3円ほど

エペイオス スマート加湿器 FoElem Heal(ヒアル) HM501A

商品名 エペイオス スマート加湿器 FoElem Heal(ヒアル) HM501A
適用床面積 木造和室:約4畳、洋室・プレハブ:約7畳
レンタル料 4,100円/月(税込)
1日あたり 136.6円(税込)

HM501Aは、ラグジュアリーデザイナーが手がけた、モダンな空気清浄機です。

ガラスタンクの下にLEDを配置してのライティングや音楽の再生など、多方面から癒しを与えてくれるでしょう。

電源のオン・オフなどの操作はスマートフォンからできて、ベッドに寝たまま音楽の再生も可能です。

インテリアの一つとして空気清浄機が欲しい人にもおすすめです。


エコバックス ロボット空気清浄機

商品名 エコバックス ロボット空気清浄機 ATMOBOT 650
適用床面積 72畳(120m3)
レンタル料 8,980円/月(税込)
1日あたり 299.3円(税込)

ATMOBOTは、これまでにない、移動機能が付いた空気清浄機です。

ATMOBOでTは浄化が必要な場所を自動認識して、自分で移動して空気を綺麗にしてくれます。

広い部屋で使用する人や、複数の部屋で使いたい人におすすめです。

かして!どっとこむは中古か新品を選んで空気清浄機をレンタルできる

かして!どっとこむ

公式サイト https://www.kasite.com/
空気清浄機の
レンタル最安値
24,200円/年
送料 無料
(沖縄県、離島、一部の山間部エリアを除く)
対象エリア 全国エリア
(離島・一部の山間部エリア除く)
補償・サービス ・組み立て設置サービス
・通常使用における故障は無料で修理対応

かして!どっとこむは、家電や家具を中心に全国展開するレンタルサービスです。

拠点は全国に20か所以上あり、130台のトラックで自社配送をしています。

レンタル中に故障した際でも、すぐに担当者が駆けつけて対応してくれます。

空気清浄機は、SHRAPの人気商品が用意されています。

かして!どっとこむでレンタルできる空気清浄機を紹介!

加湿空気清浄機

公式サイト https://www.kasite.com/products/detail.php
商品名 加湿空気清浄機
適用床面積 13畳(21平米)
レンタル料 15,400円/月(税込)
1日あたり 513.3円(税込)

SHARPの独自技術である、プラズマクラスターを搭載した空気清浄機です。

花粉などの粒子の付着を抑制して、目のかゆみやクシャミなどの軽減が期待できます。

新品と中古から選べて、どちらも長期間レンタルするほど割安です。

転勤先で使用するなど、長い期間の使用を想定している人におすすめです。

subsclifeは高性能の空気清浄機をレンタルできる購入検討型サービス

subsclifeは月額520円から空気清浄機をレンタルできる

subsclifeの基本情報

公式サイト https://subsclife.com/
空気清浄機の
レンタル最安値
520円(税込)/月
(24ヶ月間レンタルの場合)
送料 商品により異なる
対象エリア 日本全国
補償・
サービス
・レンタルできる家具はすべて新品
・商品破損補償付き
・レンタル後の購入が可能
subsclifeのキャンペーン情報
  • 当サイト限定!初月利用が最大7,000円オフクーポンコード『gAVpKD9T』

※ 新規無料登録2,000円オフクーポンとの併用はできません。
※金額の下限なしで、利用回数は1人1回までとなります。

subsclife(サブスクライフ)は、人気のブランド家電や家具を、リーズナブルな価格でレンタルできるサービス。

レンタル対象の空気清浄機も豊富なラインナップをそろえており、長期プランで利用すればすれば月々たった520円※で借りられるものもあります。

利用期間をすぎても、販売価格を超えないように料金設定されているため、あとで「買っておけば良かった…」と後悔することもありません。

届く商品はすべて新品となっているのも、魅力的なポイントです。

※ 24ヶ月レンタルの場合

subsclifeでレンタルできる空気清浄機を紹介!

商品名 レンタル料金(税込) 1日
あたり料金
Dyson Purifier Cooldyson Purifier Cool 2,780円/月〜 92.6円ほど
dyson Purifier Hot+Cool 空気清浄ファンヒーターdyson Purifier Hot+Cool
空気清浄ファンヒーター
3,320円/月〜 110.6円ほど
dyson Pure Cool Link 空気清浄機能付タワーdyson Pure Cool Link
空気清浄機能付タワー
1,570円/月〜 52.3円ほど
dyson Pure Cool 空気清浄テーブルファンdyson Pure Cool 空気清浄テーブルファン 2,290円/月〜 76.3円ほど
空気清浄機 nanoseed Mnanoseed M 4,670円/月〜 155円ほど
TWINBIRD HEPAフィルター空気清浄機TWINBIRD HEPAフィルター空気清浄機 520円/月〜 17円ほど
プラスマイナスゼロ 空気清浄機プラスマイナスゼロ
空気清浄機 X020
720円/月〜 24円ほど
Electrolux 空気清浄機Electrolux 空気清浄機 PURE A9 2,690円/月〜 89円ほど
Kaltech 光触媒 除菌・脱臭機Kaltech 光触媒 除菌・脱臭機 ターンド・ケイ 3,170円/月〜 106円ほど

空気清浄機 nanoseed M

商品名 nanoseed M (機能水3本セット)
適用床面積 40畳
レンタル料金 4,670円/月(税込)
1日あたり料金 155円ほど〜

卓上サイズのコンパクト空気清浄器です。

小ぶりな見た目でありながら、適用床面積は40畳とパワフルな性能。

独自開発された特許技術により、ナノ化された液体をマイナス電極を付加して拡散し、部屋の隅々まで空気清浄効果を発揮します。

ぱっと見では空気清浄機と思えない、近未来的なデザインも魅力のひとつです。


TWINBIRD HEPAフィルター空気清浄機

商品名 TWINBIRD HEPAフィルター空気清浄機 AC-5943VO
適用床面積 12畳
レンタル料金 520円/月〜(税込)
1日あたり料金 17円ほど〜

機能性に優れた、TWINBIRDの空気清浄器です。

0.3ミクロンの粒子を99.7%捕らえる「HEPAフィルター」を搭載し、目に見えないハウスダストも徹底的に排除。

1立方センチメートルあたり、約10,000個以上のマイナスイオンを飛ばし、部屋中を森の中にいるかのような新鮮な空気に変えてくれます。

3時間で自動的にオフになるタイマーもついているため、電気の使いすぎが気になる人も安心して使えます。


プラスマイナスゼロ 空気清浄機

商品名 プラスマイナスゼロ 空気清浄機 X020
適用床面積 15畳
レンタル料金 720円/月〜(税込)
1日あたり料金 24円ほど〜

±0(プラスマイナスゼロ)のコンパクト型空気清浄機です。

部屋中のどこにでも馴染む、無駄のないシンプルなデザインが魅力的。

内部には4層の高機能フィルターを搭載し、ホコリや花粉、ウィルスやPM2.5もしっかり吸着します。

操作方法も簡単で、稼働する際に使うボタンは運転・タイマーの2種類だけ。

重さは約4.8kgと軽量で持ち運びやすいのも高ポイントです。


Electrolux 空気清浄機

商品名 Electrolux 空気清浄機 PURE A9
適用床面積 37畳
レンタル料金 2,690円/月〜(税込)
1日あたり料金 89円ほど〜

北欧デザインでオシャレな、Electrolux(エレクトロラックス)の空気清浄器です。

0.3ミクロンの粒子を99.97%キャッチする「HEPAフィルター」を標準搭載。

ファンスピードを最大にしてもオフィス内程度の運転音で、騒音制御性能も優れています。

スマホとの連携も可能で、専用アプリからオン・オフ、モード変更、お部屋のコンディションなども確認でき、使い勝手も抜群です。


Kaltech 光触媒 除菌・脱臭機

商品名 Kaltech 光触媒 除菌・脱臭機 ターンド・ケイ(専用スタンド付き)
適用床面積 16畳
レンタル料金 3,170円/月〜(税込)
1日あたり料金 106円ほど〜

壁掛け設置が可能な、Kaltech(カルテック)の空気清浄器です。

光触媒フィルターが採用されており、浮遊するウィルスやカビ胞子、ニオイ物質にいたるまで強力に分解。

メンテナンスも数か月に一度浸け置き洗いをするだけでOKで、フィルターを何度も新品に交換する必要はありません。

紫外線を使わないので、人体や周囲のインテリアへの影響が少ないのも魅力的です。

当サイト限定!7,000円オフクーポンコード『gAVpKD9T』
subsclifeで空気清浄機をレンタルする

CLASは最新の空気清浄機を格安でレンタルできる

CLASは最新の空気清浄機を格安でレンタルできる

CLAS(クラス)の基本情報

公式サイト https://clas.style/
空気清浄機の
レンタル最安値
1,925円(税込)/月
送料 レンタル3ヶ月目から往復分の送料なし
対象エリア 東京/神奈川/千葉/埼玉
大阪/京都/兵庫
(一部提供外の地域あり)
補償・
サービス
・設置組み立てオプション
・汚れや傷の補償サービス
・引越しサポート
・『長期プラン』の対象は24カ月プランが50%オフ

CLAS(クラス)は、必要なときに必要な家具や家電がレンタルできる、サブスクリプションサービスです。

最新モデルの家電も取り揃えているため、とにかく新しいモデルの空気清浄機をレンタルしたい人におすすめです。

空気清浄機のレンタル料金は月額2,200円〜6600円と格安で、生活にあったモデルを選べます。

CLASは、3ヶ月以上の利用で返却手数料が発生しないのがメリット。
花粉症に悩む数ヶ月間のみ空気清浄機をレンタルして、落ち着いたら返すといった使い方が便利です。

通常利用の範囲内であれば、汚れや傷がついても追加料金は不要なので安心。

注文も返却もスマホ1つで完結するので、便利に使えるサービスです。

CLASでレンタルできる空気清浄機を紹介

商品名 レンタル料金(税込) 1日あたり料金
SHARP 加湿空気清浄機 プラズマクラスター7000SHARP 加湿空気清浄機 2,750円/月〜 92円ほど
Blueair 空気清浄機 BlueBlueair 空気清浄機 Blue 3,300円/月〜 110円ほど
Dyson Purifier CoolDyson Purifier Cool 5,500円/月〜 183円ほど
Dyson 空気清浄機能付ファンDyson 空気清浄機能付
ファンヒーター Pure Hot + Cool
3,410円/月〜 133.6円ほど
BALMUDA 空気清浄機BALMUDA 空気清浄機 4,950円/月〜 165円ほど

SHARP 加湿空気清浄機 プラズマクラスター7000

公式サイト https://clas.style/304
商品名 SHARP 加湿空気清浄機 プラズマクラスター7000
適用床面積 23畳
レンタル料金 2,750円/月(税込)
1日あたり料金 92円ほど

空気清浄機の中でも、特にメジャーなブランド『SHARP(シャープ)』の商品が、1日あたり100円以下でレンタルできます。

加湿機能が搭載されているため、乾燥が気になる冬にも使いやすい空気清浄機。

ニオイセンサーや湿度センサー、パワフル吸じん機能などの基本的な機能が揃っています。

スタンダードな空気清浄機で、空気清浄機選びで迷った人におすすめできます。


Blueair 空気清浄機 Blue

公式サイト https://clas.style/1301
商品名 Blueair 空気清浄機 Blue
適用床面積 ~17㎡(11畳)
レンタル料金 3,300円/月(税込)
1日あたり料金 110円ほど

コンパクトで高性能な空気洗浄機です。
レンタル料金も月額2,200円からと、とてもリーズナブル。

ブルーエア独自の空気清浄技術で、花粉やダニなどのハウスダストはもちろん、0.1μmほどのウイルスレベルの微粒子まで99.97%除去できます。

低電力で省エネ仕様な点も魅力。

一人暮らしのワンルームでの使用にも向いています。


Dyson Purifier Cool

公式サイト https://clas.style/1303
商品名 Dyson Purifier Cool
適用床面積 35畳/60分
レンタル料金 5,500円/月(税込)
1日あたり料金 183円ほど

大人気ブランドDyson(ダイソン)による、新しいモデルの空気清浄機です。
スタイリッシュなデザインは、どんなインテリアとも相性抜群。

全シーズン使える空気清浄ファンで、季節に合わせて快適に使える空気清浄機。

夏は風を部屋中に送り届け、冬は冷たい風に当たらないように、風の向きを変えて季節を問わず使えます。

活性炭フィルターを搭載しているため、嫌なにおいも除去できます。

空気清浄機をレンタルする際の注意点はある?

空気清浄機をレンタルで利用する際には、いくつかの注意点もあります。

レンタル料金は適切な価格かどうか

レンタル料金が適正価格かどうかは、利用前にしっかりと確認しておきましょう。

極端に安すぎたり、高すぎたりするサービスは検討する際に注意が必要です。

目安のレンタル価格は2500円〜4000円が相場ですので、レンタルする際に参考にしてみてください。

故障や破損時の補償がしっかり付いているか

レンタルを行う際に、心配なのが故障や破損です。

家電は家具に比べて、故障や破損するケースが多くなります。

特にお子様がいる家庭では、トラブルに備えておくことが重要です。

例えばCLAS(クラス)の場合は、「再利用困難な場合は、最大でレンタル料金の18ヶ月分が発生」となっています。

利用したいレンタルサービスにどのような補償があるのか、確認しておきましょう。

サービスによっては、電話やWEBでの24時間対応などもあるため、安心して利用できるかチェックしての利用がおすすめです。

レンタル後のアフターサービスは充実しているかどうか

レンタル中に起きるトラブル対応や、アフターサービスが充実しているかも重要です。

「レンタル中に引っ越しが決まった」
「使用方法がわからない」
「気に入ったので購入したい」
「レンタル以前に使用していた家電を引き取って欲しい」

こういった様々なケースに、対応できるレンタルサービスが理想です。

各サービスごとに異なるので、自分のライフスタイルに合わせて選択しましょう。

空気清浄機はレンタルと購入のどちらがお得が比較

空気清浄機はレンタルと購入のどちらがいい?

「空気清浄機が必要だけど、購入するかレンタルするかで迷ってしまう…」といった人のために、購入とレンタルそれぞれが、どのような人にお得なのかを紹介します。

空気清浄機の「レンタル」が向いている人の特徴

レンタルの利用は基本的に、短期間での利用だと、商品を購入するよりもお得になります。

季節ごとに一時的な使用を予定している人

新型コロナウィルスなどの影響により「これまでは気にしなかったけど、お部屋の空気が気になる」人も多いのではないでしょうか。

機能や使用感をとりあえず試してみたい場合、レンタルであれば最短1日からお試しできます。

導入してみたけれどやっぱり必要ないと感じたら、返却するだけでOKなのでリスクを軽減できます。

使わない時期に収納する手間もスペースも省けて便利です。

SHARPなどの人気ブランドの最新商品をいち早く使ってみたい人

SHARP(シャープ)やDAIKIN(ダイキン)などの、人気かつ最新の商品は5〜10万円ほどの価格になります。

レンタルの場合、人気メーカーの最新商品をすぐに手に取れます

「人気商品が気になるけど、まずは安く使ってみたい」そんな人は、レンタルで使用感を確かめてみましょう。

空気清浄機のフィルターなど消耗品の交換と掃除やお手入れが面倒な人

「お手入れはやっぱり面倒」「フィルターのお手入れを忘れてしまいそう」そんな方には、レンタルが向いています。

レンタル期間のみ使用して、後は返却するだけでカンタン。

フィルターを外して、自分で掃除する手間が少なくなります

万が一故障した時の修理費用も必要ないため、安心して使用できます。

単身赴任など一時的な引越しで初期投資を抑えたい人

単身赴任で短期間だけ引越しをする場合は、できる限りかかるお金を抑えたいところです。

レンタルであれば、家電を揃える初期費用を最小限にできます。

3ヶ月〜半年などの短い期間のみ空気清浄機を利用したい人は、低コストでの導入が可能です。

空気清浄機の「購入」が向いているの人の特徴

購入するのが向いているのは、空気清浄機を長期間使いたい人です。

1年を通して空気清浄機を使い続ける場合は、レンタルよりも最初から購入した方がお得です。

自分のものとして新品の空気清浄機が欲しい人

空気清浄機を新品で使用でき、購入後のランニングコストが最小限のが購入の良いところ。

長期間故障することもなく、使用し続けられればコスパも抜群。

ランニングコストとしても、フィルターなどの消耗品の交換や電気代のみで、使い続けられます。

こまめなお手入れを定期的に続けられる人

機能性を保つために「こまめな手入れ」を続けられる人は、購入がおすすめです。

初期投資として10万円の本体価格を支払ったとしても、5年間使い続ければ1年間のコストは2万円、月単位では1600円ほどでお部屋の空気を清潔に保てます。

1年以上使い続け、引っ越しなどの予定もない人は購入するのがお得です。

空気清浄機を使わなくなったら売りたい人

空気清浄機を購入しておけば、もし使わなくなった場合は売ることもできます。

最近はメルカリなどをつかって、スマホひとつで誰でも簡単に出品できるようになりました。

最新モデルであれば、高値で売れる可能性もあります。

レンタルする空気清浄機の選び方は部屋の広さと使う目的に合わせる

レンタルできる空気清浄機

ここからは数ある空気清浄機の中から、自分の部屋にあったものを選ぶための方法を紹介します。

初めて空気清浄機を用意する人はぜひ、参考にしてみてください。

対応する広さは部屋の2〜3倍ほどにする

空気清浄機の機能を確認する際は、『最大適用床面積』が実際の2〜3倍の広さのものがおすすめです。

「最大適用床面積」とは、30分の間に空気をきれいにできる広さのこと。

空気をきれいにするまでの時間を少しでも早く、パワフルな性能で効率化したい方は「実際のお部屋の広さの2〜3倍」で選ぶのが向いています。

除菌・加湿など搭載している機能で選ぶ

空気清浄機には、加湿機能や脱臭などのあらゆる機能が搭載されています。

毎年の花粉やPM2.5対策はもちろん、最近ではウイルス対策として「除菌機能」も重要。

特に人気なのは「加湿機能付きモデル」です。

加湿機能は空気清浄の性能が減少する場合もあるので、設置するスペースを気にしない人は別々で加湿器を購入するのがおすすめです。

ペットやタバコの匂い対策をしたい方は、匂いセンサー付きのモデルや、匂いの元となる分子を吸収するモデルを選びましょう。

価格は上がりますが、空気清浄機能にプラスで他の機能があるモデルを、検討してみるのもよいでしょう。

空気清浄機のフィルターは『耐久年数』がポイント

空気清浄機のフィルターは基本的に消耗品で、耐久年数は6ヶ月〜10年と耐久年数が様々。

フィルターには「HEPAフィルター」「プレフィルター」「集じんフィルター」「抗菌フィルター」「脱臭フィルター」と様々な種類があり、フィルターそれぞれで耐久年数や値段も異なります。

一般的な空気清浄機に搭載している王道のフィルターは「HEPAフィルター」で、ホコリや細かな微粒子レベルのゴミもキャッチできます。

最近では静電気を利用した「静電HEPAフィルター」も多くなってきました。

フィルター交換のタイミングは、日本電機工業会規格によると「脱臭や集じんの除去性能が初期値の半分になったタイミング」と提示されています。

機能性を維持するためにもフィルターの耐久年数は要チェックです。

お手入れが面倒な方は「自動掃除機能」が必須!

きれいな空気を保つためにも、フィルターのお掃除は欠かせません。

お手入れを怠ると、ホコリや菌を撒き散らしてしまう原因にも…。

本体の一番外側に設置するフィルターは2週間に1回を目安に、掃除機でホコリを吸い取ったり、中性洗剤での水洗いをしましょう。

清掃するのが面倒な方は、「自動掃除機能付き」のモデルがおすすめです。

自動で抗菌や防カビを行い、機能性を保ちやすくしてくれます。

ただし適切なお手入れや自動清掃を行っていても、フィルターは劣化していくため注意が必要です。