本音で対談!!最新の脅威動向とセキュリティ対策<br />
~御社、何ができますか!?~

セキュリティここだけの本音 [PR]

セキュリティ企業の担当者とセキュリティリサーチャーが、
製品やサービスについて“本音で語りあう”セミナー



不正アクセス、標的型攻撃メール、マルウェア、Webサイト改ざんなどの外部からの攻撃だけでなく、情報の漏えい、データの改ざん・破壊など、内部脅威に対しても、企業は今まで以上に適切なセキュリティ対策が急務となります。 企業それぞれの事情に適したセキュリティ対策を講じるため、製品やサービスを選ぶ際にどのようなことを考慮すれば良いのか。

本セミナーでは、セキュリティ企業の担当者だけでなく、セキュリティリサーチャーの視点から、製品やサービスについて深堀りします。

セキュリティリサーチャーの立場から対談するのは、事故対応が素晴らしかった企業を表彰するイベント「情報セキュリティ事故対応アワード」の審査員を務める、ソフトバンク・テクノロジー辻 伸弘氏、インターネットイニシアティブ根岸 征史氏、そしてセキュリティインコのpiyokango氏です。

セキュリティ企業との対談に加え、リサーチャー3名によるパネルディスカッションも開催。最新のサイバー脅威動向や、備えるべき事前の対策、万一インシデントが発生した際の対応についてのヒントをセミナーにご来場いただく皆さまに提示していきます。ぜひご参加ください。

≪ プログラムならびに対談企業 ≫

  • 13:00~13:30 オープニングセッション
  • 13:30~14:20 Cylance Japan株式会社、エムオーテックス株式会社
  • 14:20~14:35 休憩
  • 14:35~15:25 株式会社TwoFive、NECソリューションイノベータ株式会社
  • 15:25~16:15 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
  • 16:15~16:30 休憩
  • 16:30~17:20 株式会社ネットワークバリューコンポネンツ
  • 17:20~17:50 リサーチャー3名によるパネルディスカッション

※各セッションでは、「対談企業担当者の講演」ののち、「対談企業担当者とリサーチャー(1名)の対談」を行います。
※各セッションの講演概要は現在調整中です。確定次第、掲載いたします。

本セミナーへ申し込む

当日プログラム

  • -

    辻 伸弘 氏 (Tsuji Nobuhiro)

    登壇者

    ソフトバンク・テクノロジー株式会社
    技術統括 脅威情報調査室
    プリンシパルセキュリティリサーチャー

    1979年大阪府生まれ。
    セキュリティ・エンジニアとして、コンピュータの弱点を洗い出し修正方法を助言するペネトレーション検査などに従事している。自宅では、趣味としてのハニーポットの運用、侵入検知システム(IDS)による監視、セキュリティ情勢の調査および分析などを行っている。

    Twitter : @ntsuji

  • -

    根岸 征史 氏 (Negishi Masafumi)

    登壇者

    株式会社インターネットイニシアティブ
    セキュリティ情報統括室長

    外資系ベンダ等で、ネットワーク構築、セキュリティ監査、セキュリティコンサルティングなどに従事。2003年 IIJ Technologyに入社、セキュリティサービスの責任者として、セキュリティ診断など数多くの案件を担当。

    現在は IIJのセキュリティインシデント対応チームに所属し、主にセキュリティ情報の収集、分析、対応にあたっている。2007年より SANSトレーニングコースのインストラクター、2012年より OWASP Japan Advisory Boardのメンバーでもある。

    Twitter : @MasafumiNegishi

  • -

    piyokango 氏

    登壇者

    セキュリティインコ

    インシデントや脆弱性などセキュリティ関連の話題に目がなく、年中追いかけつつ、気の向くままに調べたり、まとめたりすることに従事。
    CISSP。

    Twitter : @piyokango
    Blog : https://piyolog.hatenadiary.jp/

  • -

    プログラム

  • 13:00~13:30

    オープニングセッション

  • 13:30~14:20

    なぜアンチウィルスは死んだのか?

    <登壇者1>
乙部 幸一朗 氏
Cylance Japan株式会社
最高技術責任者

サイバーセキュリティ関連のエンジニア職を歴任。前職のパロアルトネットワークスでは、次世代ファイアウォールの国内第一人者として日本法人での技術責任者を務め、エヴァンジェリストとしても活躍。
    登壇者

    <登壇者1>
    乙部 幸一朗 氏
    Cylance Japan株式会社
    最高技術責任者

    サイバーセキュリティ関連のエンジニア職を歴任。前職のパロアルトネットワークスでは、次世代ファイアウォールの国内第一人者として日本法人での技術責任者を務め、エヴァンジェリストとしても活躍。

    <登壇者2>
    丸山 悠介 氏
    エムオーテックス株式会社
    カスタマーサクセス本部 カスタマー戦略課 MOTEX-CSIRT

    組織内CSIRTとしてユーザー企業、ベンダー企業半々の立場 。
    営業、ユーザーアフター対応を経験し 、現在は、2019年4月より新設されたカスタマーサクセス本部にて、自社製品を活用したお客様の成功を日々考えている。

    講演サマリー

    アンチウィルスは現代のマルウェアを防ぐにはほとんど効果がなく、サイバー脅威は侵入を前提とした対策が必要と言われています。
    なぜアンチウィルスは死んだのか?その鍵となるマルウェア検知のコア技術とその変遷をたどります。
    またセッション後半では、実際にCylance製品を使ってセキュリティ運用をされているMOTEX CSIRTの丸山さんに登壇いただき、最近の脅威インシデントの実例も交えながらお話いただきます。

  • 14:20~14:35

    休憩

  • 14:35~15:25

    なりすましメール対策は送信側が正当性を証明する時代へ
    ~企業のブランド価値や信用を護るためにやるべきこと~

    藤森 健 氏
    登壇者

    藤森 健 氏

    NECソリューションイノベータ株式会社
    サービス基盤ソリューション事業部 シニアプロフェッショナル

    2001年NECソフト株式会社入社。入社以来、主にLinux、メールシステムのエンジニアとして大規模なメールシステム・メールセキュリティシステムの導入支援作業や関連プロダクト・サービスの開発にも従事。

    講演サマリー

    メールは業務に必要不可欠なツールですが、メールをトリガーにしたサイバー攻撃 (ビジネスメール詐欺、ウイルス感染、フィッシング等)の被害にあう企業が増えています。しかし、皆さんは本当に「被害を受ける側」でしょうか?メールを送信する限り、悪意のある者によって自社が「なりすましメールを送信する側」になる可能性もあります。自社の信頼やブランドイメージを守るために今から対策を始めましょう!本講演では、最新のメール受信対策と併せて、メール送信側が自社の正当性を証明するなりすましメール対策法に関し、最近の攻撃事例とともにご紹介いたします。

  • 15:25~16:15

    マルチクラウド活用のための内外脅威対策と重要ポイント

    卯城 大士氏
    登壇者

    卯城 大士氏

    チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
    セキュリティ・エバンジェリスト

    通信機器の開発、ネットワーク/セキュリティ輸入販売代理店を経てチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズに入社。セキュリティおよび同社ソリューションの啓蒙活動に従事。感銘を受けた言葉は「通信は人をハッピーにする」。

    講演サマリー

    クラウド・セキュリティは、人的な設定ミスを始めとする「人が脆弱性」になることが叫ばれています。内部脅威や人的な設定ミスの対策に、クラウドの可視化と修正、コンプライアンス対応を行い、DevOpsにセキュリティを加えられるCloudGuard Dome9をご紹介します。合わせてクラウドの「内外脅威対策」では、「セキュア・クラウド・ブループリント」を指標とした対策モデルとクラウド利用における重要課題のアカウント保護について解説します。

  • 16:30~17:20

    EDRの現場で起きていること~ユーザー事例からEDRの運用の実態と導入効果を全て伝えます!

    佐藤 佑樹氏
    登壇者

    佐藤 佑樹氏

    株式会社ネットワークバリューコンポネンツ
    ソリューション企画部
    セキュリティエバンジェリスト

    入社以来SOCの企画、設計、立ち上げ、実運用や新規製品開拓に従事。

    現場での経験を活かし、2017年4月よりテクニカルマーケティングとして、Carbon Blackを中心に最新セキュリティソリューションの検討、販売促進を担当。

    講演サマリー

    サイバー攻撃に対する政府のガイドラインにも徐々に事後対応の重要性についての項目が増え、たくさんの企業でEDRの導入が行われつつあります。その一方でまだ検討中で導入を迷っている、決めかねている企業も非常に多いのではないでしょうか。

    本講演では、NVCがこれまでにCarbon Blackの紹介から導入、その後の運用の支援を通して培った経験をお伝えします。

    EDRを導入した企業ではどのような課題があったのでしょうか?どのような運用をしているのでしょうか?どのような効果があったのでしょうか?数ある製品の中からなぜCarbon Blackが選ばれたのでしょうか?

    EDRの運用に困っている企業や、選定に迷っている、といった悩みを解決しましょう。

開催概要

タイトル
本音で対談!!最新の脅威動向とセキュリティ対策
~御社、何ができますか!?~
東京
開催日 2019年6月28日(金) 13:00~18:00
定員 定員なし
申し込み 1.お申し込みフォームより必要項目を入力してください。
2.事前登録完了のお知らせをメールでお送りします。
3.後日当選者の方には受講票をメールでお送りします。

※受付の際にお名刺を1枚頂戴しますので、ご来場の際はお名刺をご持参ください。
※お申し込み後、キャンセルされる場合は、事前登録完了メールに記載しました手順にて手続きをお願いいたします。
※競合企業や同業他社の方は参加をご遠慮いただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※申込者が定員に達した場合抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
申し込み締切日 2019年6月27日(木) 15:00
参加費 無料
開催会場 〒160-0022 東京都新宿区新宿4丁目1番6号
JR新宿ミライナタワー 12F マイナビルームB

・JR各線「新宿駅」ミライナタワー改札 直結
・JR「新宿駅」南口から 徒歩3分
・東京メトロ丸ノ内線、副都心線、都営地下鉄各線
「新宿三丁目駅」E10出口より徒歩1分

マイナビルームへの行き方はこちら

主催 株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局
協賛 Cylance Japan株式会社、エムオーテックス株式会社、株式会社TwoFive、NECソリューションイノベータ株式会社、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社、株式会社ネットワークバリューコンポネンツ
お問い合わせ 株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局
03-6267-4336
備考 セミナーの講演者や講演内容、講演時間は予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

本セミナーへ申し込む

現在募集している主なセミナー

現在募集している主なセミナー

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る