マイナビニュース | テクノロジー | インタビュー(1ページ目)

ヘッドライン

2017年07月10日(月)

キンプリの3DCGは「TVシリーズ1~2クールの分量」- 『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』乙部善弘Dが語る制作エピソード

今回は、『プリティーリズム』シリーズから今作に至るまで一貫してプリズムショーを手がけている、3DCGディレクターの乙部善弘氏に、『キンプリ』の3DCG制作についてのエピソードを伺った。

[12:00 7/10]  ものづくり

2017年06月30日(金)

ものづくりの工程に変革を - HPが業務用3Dプリンタに参入した理由

日本HPは、業務用3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」を発表した。同社では、「設計から試作、製造までのものづくりの工程に変革を起こすことができる」と意気込むが、その背景について米HP.3Dプリンティングビジネス担当のステファン・ナイグロ プレジデントと、日本HPの岡隆史社長に話を聞いた。

[13:59 6/30]  ものづくり

2017年06月06日(火)

AI・機械学習がGPUの新たな巨大市場をつくりだす - ARM GPU部門のトップ、ジェム・デイヴィス氏

英ARMは5月29日、台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2017に合わせて、CPUコアの新製品「Cortex-A55/A75」と、GPUコアの新製品「Mali-G72」を発表した。本記事では、台北での製品発表会後に訪日した同社VP ゼネラルマネジャーMPG&フェロー(メディア・プロセッシング部門)のジェム・デイヴィス氏へのインタビューをもとに、ARMのGPU事業の動向や、注目されている人工知能(AI)・機械学習分野に関する展望などをレポートする。

[09:00 6/6]  半導体デバイス

2017年05月17日(水)

トヨタが工場で実践する「MR」 - なぜVRでなくMRを選んだのか?(後編)

今回は、5月30日に名古屋国際会議場で行われる産業向けカンファレンス「Japan VR Summit Nagoya 2017」のセッションを前に、「トヨタがなぜMRを利用するのか?」、その目的と効果、そして現在の課題について、同社の榊原恒明氏にお伺いした。

[11:00 5/17]  ものづくり

2017年05月16日(火)

トヨタが工場で実践する「MR」 - なぜVRでなくMRを選んだのか?(前編)

今回は、5月30日に名古屋国際会議場で行われる産業向けカンファレンス「Japan VR Summit Nagoya 2017」のセッションを前に、「トヨタがなぜMRを利用するのか?」、その目的と効果、そして現在の課題について、同社の榊原恒明氏にお伺いした。

[11:00 5/16]  ものづくり

2017年01月17日(火)

有機ELパネルへの期待感の高まりは本当か? - IHSの担当者が語った中小型ディスプレイ市場の今後

スマホの市場拡大に併せて成長を続けてきた中小型ディスプレイ。今回、IHSグローバルの中小型フラットパネルディスプレイ&アプリケーション市場担当シニアディレクターである早瀬宏氏に、現在のディスプレイ業界の最大の関心ごととなっている有機ELパネルについて、独占的な地位にあるSamsung Displayやそれに挑戦する日系メーカーの状況、今後の新たなアプリケーションなどの話を聞く機会を得たので、その模様をお届けしたい。

[10:00 1/17]  組み込み/IoT

2016年12月27日(火)

地元企業とともに日本発のシンチレータ結晶を世界へ - 東北大発ベンチャー C&Aが「材料10年説」を乗り越える

東北大発ベンチャー「C&A」は、東北地域の企業の既存インフラを活用したファブレスによる日本発シンチレータの結晶製造体制を確立し、シンチレータおよびそのデバイスの製造販売、コンサルティング事業により、同社単体で年間3.5億円の売り上げを達成。今年、「第16回山﨑貞一賞(材料分野)」を受賞した。本稿では、吉川彰教授ら中心メンバー3名に実施したインタビューの様子をお届けする。

[10:00 12/27]  サイエンス

2016年12月02日(金)

線維芽細胞を用いた再生医療で心不全に挑む、慶大発ベンチャー メトセラ

心不全に向けた再生医療技術として国内では、いくつかのグループがiPS細胞から作製した心筋シートを移植する手法の臨床応用に向けた研究を進めている。そして今年3月、この心不全の領域へ慶大発ベンチャー「メトセラ」が新たに参入した。同社の代表を務めるのは、再生慶應義塾大学先端生命研究所の特任助教 若宮貴紘氏だ。

[10:00 12/2]  医療/バイオ

2016年11月07日(月)

金沢上空の雷雲は「天然の加速器」か!? - 宇宙物理学者が挑む、カミナリ雲の謎

最近の研究から、地球上の雷雲のなかで電子が高いエネルギーにまで加速されている証拠が見つかってきている。京都大学白眉センターの榎戸輝揚特定准教授は、この雷雲の謎に迫るべく、2015年に「雷雲プロジェクト」を立ち上げた。榎戸准教授はもともと、中性子星の研究を行う宇宙物理学者だ。なぜ宇宙の専門家が、「カミナリ」という身近な現象に興味を持ったのだろうか。また、このプロジェクトで明らかになることは何なのだろう。

[11:00 11/7]  サイエンス

2016年10月28日(金)

グッドデザイン賞の役割は「デザインをジャッジする」ことではない - 審査委員長・副委員長が語る現在の「よいデザイン」

本日28日、いよいよ「グッドデザイン大賞」が発表される。今回は、審査委員長の永井一史氏・副審査委員長の柴田文江氏に、両名が委員長に就任してからの応募作の傾向から、今の時代における「よいデザイン」まで、「グッドデザイン賞」にまつわるエピソードを伺った。

[13:00 10/28]  ものづくり

2016年10月07日(金)

imecディレクターが語った直感的かつ拡張可能なIoTを実現するテストベッド

ベルギーの独立系研究機関imecとオランダの独立系研究機関Holst Centreは共同で、IoT構築を支援するテストベッドを開発した。今回、両機関を結び付けるプログラムディレクターを務めるKathleen Philips博士にテストベッド開発の背景やその活用法、そして今後の展望について聞く機会をいただいたので、その模様をお届けしたい。

[08:00 10/7]  組み込み/IoT

2016年09月28日(水)

なぜ、今CPS/IoTなのか? - 生まれ変わるCEATEC

2016年、CEATEC JAPANが変わる。これまでの最先端IT・エレクトロニクス総合展という立ち位置から、新たにCPS/IoT Exhibitionと銘打って、新たな船出を迎えるが、その背景には何があったのか。新生CEATECのキーマンにして、主催団体の1つである電子情報技術産業協会(JEITA)の代表理事 専務理事を務める長尾尚人氏に、話を聞いた。

[09:55 9/28]  組み込み/IoT

2016年08月25日(木)

バイラルからイノベーションへ発達するデジタルマーケティング - 佐藤カズーが振り返る「コードアワード2016」

今回は、審査委員長を務めたTBWA HAKUHODOの佐藤カズー氏に、同アワードの結果を振り返りながら、先端技術についての見解や、世界的な広告トレンドについてお話を伺った。

[07:30 8/25]  ものづくり

2016年08月06日(土)

「ポケモンGO」はゲームとして何が優れているのか - 元任天堂のクリエイター・岡本基氏に聞く

世界中で一大ムーブメントを巻き起こし、日本でも話題を振りまいている「ポケモンGO」。位置情報を使ったアプリという特性上、どうしてもゲーム性以外の部分で語られることが多いが、純粋にゲームとして見たとき、どう評価されるのだろうか。

[11:00 8/6]  ものづくり

2016年08月02日(火)

「日本に必要なのは、社会全体でサイエンスを支えるという意識」- 東工大・大隅良典 栄誉教授

昨今の日本においては、短期的な成果を求めた出口指向の研究が求められるようになっている傾向があり、基礎科学は非常に厳しい状況にあるといえる。「オートファジー」の機能を世界で初めて肉眼で確認し、その分子レベルでのメカニズムや関連遺伝子について明らかにしてきた東京工業大学 科学技術創成研究院 大隅良典栄誉教授にお話を伺った。

[11:00 8/2]  サイエンス

2016年07月19日(火)

キーサイト、ネルセシアンCEOがアジレントから分割後初めての来日 - 「日本では5Gがチャンス」

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は7月14日~15日、東京・丸の内にてプライベートイベント「Keysight World 2016」を開催した。今回、同イベントの開催に合わせて、米国本社から来日したロン・ネルセシアン 社長兼CEOにインタビューする機会を得た。

[13:00 7/19]  計測機器

握手したくなる"かっこいい"義手を世界に - オープンソースの筋電義手「HACKberry」の現在

今回は、exiii(イクシー) CCO・小西哲哉さんに、筋電義手のオープンソースプロジェクト「HACKberry」の現状について聞いた。

[12:00 7/19]  ものづくり

2016年07月13日(水)

再び成長へと舵を切ったルネサス - 新CEOが考える成長戦略とは

2016年6月28日、ルネサス エレクトロニクスに新たな代表取締役社長兼CEOとして呉文精氏が就任した。日本興業銀行(現 みずほ銀行)やGEキャピタル・ジャパンを経て、カルソニックカンセイのCEOや日本電産の副社長など、製造業の経営経験を有する同氏に話を聞いた。

[14:57 7/13]  半導体デバイス

2016年06月24日(金)

カレー沢薫さん、"自分"のロゼットを受け取った感想を語る

3Dペンで作った「カレー沢薫さん"3D"ロゼット」。カレー沢さんご本人の感想を、100分の1の倍率を勝ち抜いた当選者のインタビューを読んだ感想を含め聞いてみました!

[12:00 6/24]  ものづくり

カレー沢薫さん"3D"ロゼット当選者に直撃! 「実際、受け取ってみてどうでしたか?」

「カレー沢薫さん"3D"ロゼット」キャンペーンに当選された「せとちゃん」さんに、当選の喜びや、実際にロゼットを手に取ってみた感想を聞いてみました!

[07:30 6/24]  ものづくり

2016年06月06日(月)

東工大&岡山大発の人工筋肉ベンチャー「s-muscle」が始動! - 代表・鈴森教授が考える革新的なロボットとは

東京工業大学と岡山大学の両大学発のベンチャー企業「s-muscle」が今年4月に誕生した。同社では、従来にはない、細く、しなやかな人工筋肉を販売する。実用に耐えうる人工筋肉の開発のポイントはどこなのだろうか。同社の代表を務める東京工業大学 鈴森康一教授にお話を伺った。

[10:00 6/6]  産業機器/ロボット

2016年05月12日(木)

分野を越えれば常識が変わる - 東工大・細野秀雄教授の研究哲学に迫る

透明アモルファス酸化物半導体の開発や、セメント材料を原料に用いたエレクトライドの合成、鉄系超伝導体の発見など、さまざまな分野で輝かしい研究成果を残してきた、東工大の細野秀雄教授。2016年の日本国際賞を受賞し、ノーベル賞の有力候補ともいわれている細野教授は、自らを"理学と工学のインターフェース"を担う「材料科学者」と称する。細野教授の考える材料科学の魅力とその未来について、お話を伺った。

[10:00 5/12]  サイエンス

2016年04月11日(月)

デアゴスティーニの3Dプリンタ、完成させた人に突撃! - 定期購読の理由や使い道を聞いてきた

今回、出会うことができた「3Dプリンタを完成させたユーザー」の方にお話を伺うことにした。デアゴスティーニの3Dプリンタ、いったいどんなものなのだろうか。

[12:00 4/11]  

2016年04月04日(月)

基礎科学の研究者が自らベンチャーを立ち上げた理由とは - 線虫によるがん診断技術の実用化を目指すSmartCelegans

2015年3月、線虫を用いて尿からがんを検出する技術「n-nose」を開発したと九州大学が発表した。この研究成果をもとに、同大学大学院理学研究院生物科学部門の助教 広津崇亮氏は、大学発ベンチャー「SmartCelegans」を2015年末に設立。n-noseの実用化がその目的だが、広津氏はなぜ、基礎科学の研究者という立場にありながらも、自ら会社を立ち上げることにしたのだろうか。

[10:00 4/4]  サイエンス

2016年03月07日(月)

日進月歩の研究結果とともに進化するサービスを継続提供 - 遺伝子解析をビジネスと研究に還元・発展させる先駆者 ジーンクエスト

遺伝子ビジネスに参入する企業が増加し、なかには「才能を調べるサービス」を謳うような海外の企業も現れた。“遺伝子”という未知の領域に対するリテラシーは、まだ成長の途上にある。リテラシーの隙をつく科学的根拠に乏しい検査のイメージが一人歩きしてしまうと、一般消費者が遺伝子解析への不信感を募らせる可能性もある。そんななか、2013年に日本で初めて、個人向けの遺伝子解析サービスを展開する会社が誕生した。

[11:00 3/7]  医療/バイオ

2016年03月04日(金)

グローバルな競争に勝ちたいと思う日本企業を支えたい - ザイリンクスのサム・ローガン社長が語った日本のものづくり産業の課題

1月20日に発表された2016(会計年度)第3四半期の業績も好調なXilinx。向かうところ敵なしの状況にあるかと思いきや、日本法人であるザイリンクスのSam Rogan社長の口調は案外、重いものとなった。以前から同氏へのインタビューは行ってきたが、そのころに比べて、最先端製品が次々と出荷されるなど、好調に見える中、果たして同氏の重い口調の真意はどこにあるのか、改めて話を聞いた。

[09:00 3/4]  半導体デバイス

2016年02月26日(金)

『キル・ビル』コンビ再び! - 『ヘイトフル・エイト』美術の舞台裏を種田陽平が語る

タランティーノ監督最新作『ヘイトフル・エイト』の世界そのものともいえるロッジを作り上げたのが、美術監督の種田陽平氏である。『キル・ビル』以来となるタランティーノ×種田コンビはいかにして実現したのか。そして種田氏は『ヘイトフル・エイト』の世界をどのように構築していったのか。制作の舞台裏を聞いた。

[12:00 2/26]  ものづくり

2016年02月24日(水)

ライフサイエンス分野に特化した画像解析で研究者をサポート - 着実に成長する東大発ベンチャー エルピクセル

東京大学 本郷キャンパスの一角にある「アントレプレナープラザ」には、同大学との関わりが深いベンチャー企業が集う。そのうちのひとつが、ライフサイエンス分野の研究者に向けた画像解析サービスを提供するエルピクセルだ。

[11:00 2/24]  医療/バイオ

2016年02月22日(月)

人工知能が恋の行方を応援する? - 「ドラえもんのようなAI」の開発に挑むとあるベンチャー企業

"ドラえもん"のような人工知能(AI)を開発しているベンチャー企業がある。2013年10月に設立された「ネットスマイル」だ。設立者で代表取締役を務める齊藤福光氏に話を伺った。

[12:00 2/22]  産業機器/ロボット

2016年02月19日(金)

「日本のアニメ」はCGに置き換わるのか - サンジゲン・松浦代表に聞く(後編)

SFファンタジーアニメ『ブブキ・ブランキ』。3DCGを用いた制作を得意とするアニメスタジオ「サンジゲン」の設立10周年を記念したオリジナルTVアニメが話題を呼んでいる。インタビュー後編では、「これからのアニメ業界」について、サンジゲン・松浦裕暁代表に聞いていく。

[12:00 2/19]  ものづくり

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事