マイナビニュース | テクノロジー | ハウツー(1ページ目)

ヘッドライン

2017年01月30日(月)

16ビットDACで18ビットDACの伝達関数をコスト効率良く実現する方法

近年、多数の高分解能の高精度D/Aコンバータ(DAC)製品が、産業用テスト・計測機器に採用されるようになりました。設計者は総システム・コストを削減するため、しばしば、低分解能を余儀なくされることがあります。本稿では、A/Dコンバータを統合したマイコンを活用することで、市場に供給されている最も高精度の18ビットDACの半分の価格で、低いDNLを可能にするとともに、伝達関数全体で単一増加性を保証するアルゴリズムについて説明します。

[10:00 1/30]  半導体デバイス

2016年11月21日(月)

車載バッテリを安定化し過渡波形も除去できるアクティブフィルタの実装方法

車載機器向けの電子サブシステムが普及したことで、車載という過酷な環境条件で動作可能な、小型、高コスト効率、高信頼性のDC/DC電源コンバータの需要が増加しています。本稿では、高いPSRR(電源変動除去比)性能を備えた同期整流降圧-昇圧型DC/DCコンバータを使うことで、バッテリ電圧の安定化機能と過渡波形の除去機能を同時に提供しながら、より高い実装密度で、より洗練されたソリューションを可能にする、アクティブ・フィルタの実装の方法について説明します。

[10:08 11/21]  カーエレクトロニクス

2016年08月09日(火)

Wordでつくる"ペラ1書類"が劇的に見やすくなるデザイン術

今回は、「一生使える見やすい資料のデザイン入門」の著者であるデザイナー・森重湧太氏の手をお借りして、"ペラ1書類"をどうやって見やすく・キレイにするかそのポイントを聞いた。

[11:00 8/9]  ものづくり

2016年07月22日(金)

3Dプリンタが使いたい!造形サービスを利用するときに気をつけたい10のコト - パート4「精度編」

本連載では3Dプリントサービスを利用する際に遭遇しがちなトラブルをまとめました。この内容は、自分で3Dプリンタを使う場合でも役立ちますので、ぜひ参考にして下さい。

[08:00 7/22]  ものづくり

2016年07月21日(木)

3Dプリンタが使いたい!造形サービスを利用するときに気をつけたい10のコト - パート3「サポート編」

本連載では3Dプリントサービスを利用する際に遭遇しがちなトラブルをまとめました。この内容は、自分で3Dプリンタを使う場合でも役立ちますので、ぜひ参考にして下さい。

[08:00 7/21]  ものづくり

2016年07月20日(水)

3Dプリンタが使いたい!造形サービスを利用するときに気をつけたい10のコト - パート2「造形編」

本連載では3Dプリントサービスを利用する際に遭遇しがちなトラブルをまとめました。この内容は、自分で3Dプリンタを使う場合でも役立ちますので、ぜひ参考にして下さい。

[08:00 7/20]  ものづくり

2016年07月19日(火)

3Dプリンタが使いたい!造形サービスを利用するときに気をつけたい10のコト - パート1「ファイル編」

本連載では3Dプリントサービスを利用する際に遭遇しがちなトラブルをまとめました。この内容は、自分で3Dプリンタを使う場合でも役立ちますので、ぜひ参考にして下さい。

[08:00 7/19]  ものづくり

2016年06月10日(金)

ウェアラブルデバイスに組み込むべき通信方法を考える

スマートフォン市場が成熟に向かう中、消費者にとっての次の必須アイテムはウェアラブルデバイスと言われている。しかし、ウェアラブルデバイスを開発する際には用途に応じた最適なネットワークを選定するなど、さまざまな課題を解決する必要がある。本稿では、そうした設計課題を克服するために、エンジニアが開発を開始する前に確認する必要がある重要ステップは何であるかを考えてみたい。

[09:00 6/10]  組み込み/IoT

2015年09月03日(木)

FPGAの信頼性を向上する出力トラッキング/シーケンシング機能の構成方法

本稿では、センシティブな複数電源レール・システムを採用するFPGAやマイクロプロセッサなどにおいて、電源入力の適切なスタートアップとシャットダウンを可能にする、各種電圧出力トラッキング/シーケンシング機能の構成法について考察する。

[09:00 9/3]  組み込み/IoT

2015年06月30日(火)

システムクロック回路を簡素化 - 多出力プログラマブルクロックジェネレータを用いたシステム設計のポイント

多出力のクロックジェネレータによってシステムクロック回路を簡素化する方法について説明します。この方法により、複数のシステムクロック信号を供給可能なクロックサブシステムを設計する際の課題に対処することができます。

[08:00 6/30]  組み込み/IoT

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事