マイナビニュース | テクノロジー | カーエレクトロニクス | ヘッドライン(2016)(1ページ目)

ヘッドライン

2016年12月29日(木)

シーメンスのメンター買収はエレクトロニクス業界に何をもたらすのか?

既報のとおり、独シーメンスはEDAベンダのMentor Graphicsを買収することを11月に発表した。シーメンスはPLMソフトウェア事業部(いわゆるシーメンスPLMソフトウェア)を有しており、Mentorはここに組み込まれることとなる。シーメンスがMentorを買収する意図はどこにあるのか、シーメンスPLMならびにメンターのこれまでの動きから推測したい。

[10:00 12/29]

2016年12月28日(水)

これが日本のものづくり力 - 高品質の実現を影で支えるOEG

IoTに代表されるような電子機器に対し、ユーザーは基本的に、何の疑問も抱かずに、普通に使えば、普通に使える、という思いがある。しかし、実際の製品開発の過程においては、不具合が生じ、開発チームはその原因の特定を1つずつ行い、問題の解決を図っている。そんな開発の現場で、顧客の研究開発を影から支えてきた企業がある。1973年に設立されたOKIエンジニアリング(OEG)だ。

[13:00 12/28]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第96回 ポルシェの新型パナメーラはコネクテッドカー

2009年から販売しているPorsche(ポルシェ)の4人乗り・4ドアセダン「パナメーラ」が7年ぶりにフルモデルチェンジした。この新型パナメーラは、常時LTEセルラーネットワークと接続され、インターネットにつながる「コネクテッドカー」となっている。

[09:00 12/28]

2016年12月27日(火)

デンソー、ルームミラーの裏に搭載できる小型ステレオ画像センサーを開発

デンソーは12月27日、軽自動車向け小型ステレオ画像センサーを開発したと発表した。

[14:32 12/27]

スズキ、新プラットフォーム採用の新型「スイフト」を発表-安全装備も充実

スズキは12月27日、小型乗用車「スイフト」を2017年1月4日に発売すると発表した。

[14:30 12/27]

ルネサス、車載用中距離レーダ向けDSP内蔵RH850マイコンを発表

ルネサス エレクトロニクスは12月27日、車載用32ビットマイコン「RH850ファミリ」として、ADASや自動運転車の主要センサである車載レーダに向けた新製品「RH850/V1Rシリーズ」を発表した。

[13:37 12/27]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第28回 動く人・物を追跡する(2) - OpenCVのトラッキング手法(前編)

樋口未来 第27回では、OpenCVを用いたトラッキングの実装方法、トラッキング結果についてまとめました。今回は、OpenCVに組み込まれている5つのトラッキング手法のうち、Boosting、MIL、Median Flowの3つをご紹介します。

[10:00 12/27]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第95回 自動車分野に新ブランドで攻勢をかけるMentor(後編)

半導体設計ツールのEDAベンダであり、最近は組み込み系設計ツールにも進出しているMentor Graphicsが、「Mentor Automotive」という新ブランドを全面的に押し出してきた。今回は、後編ということで、さらに細かい同社の取り組みを紹介したい。

[09:00 12/27]

2016年12月26日(月)

オリックス・レンテック、自動運転開発向けレンタルサービスを開始

オリックス・レンテックは12月26日、「Test Carソリューション」の提供を開始すると発表した。

[16:55 12/26]

トヨタの安全支援技術で駐車場内の踏み間違い事故が7割減少

トヨタ自動車(トヨタ)は12月26日、駐車場内での衝突事故被害軽減に貢献する安全支援技術「インテリジェントクリアランスソナー(ICS」の事故低減効果を発表した。

[15:29 12/26]

日立オートモティブ、低速先導者追従走行など11種類の先進運転機能を実証

日立オートモティブシステムズは12月26日、低速先導車追従走行(渋滞運転支援)を含む11種類の先進運転機能を実装した自動運転ECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)を車両に搭載し、同社の十勝テストコースにおいて車両を走行させて全ての機能が正常に作動したことを実証したと発表した。

[15:12 12/26]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第94回 自動車分野に新ブランドで攻勢をかけるMentor(前編)

半導体設計ツールのEDAベンダであり、最近は組み込み系設計ツールにも進出しているMentor Graphicsが、「Mentor Automotive」という新ブランドを全面的に押し出してきた。

[09:00 12/26]

2016年12月21日(水)

モレックス、自動車のインフォテイメントシステムに適したコネクターを発表

米モレックスの日本法人である日本モレックスは12月21日、非防水ハイブリッドコネクターを統合することで、1つのコネクターで信号とイーサネットの接続性を少ない専有面積で実現した「stAK50h インフォテイメントコネクターシステム」を発表した。

[12:48 12/21]

2016年12月20日(火)

ホンダ、デトロイトモーターショーで新型「オデッセイ」公開へ

本田技研工業(ホンダ)の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは12月19日(現地時間)、2017年1月14日~22日に米国ミシガン州デトロイトで開催される2017年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、新型「ODYSSEY(オデッセイ)」を公開すると発表した

[16:12 12/20]

2016年12月15日(木)

SEMICON Japan 2016 - 着せ替え可能な超小型モビリティ「rimOnO」

12月14日から16日にかけて東京ビッグサイトにて開催されているエレクトロニクス製造サプライチェーン総合展示会「SEMICON Japan 2016」の特別展「WORLD OF IOT」において、rimOnO(リモノ)ブースでは、同社が開発を進めている着せ替え可能な超小型モビリティのデザインモックが展示されている。

[15:52 12/15]

ルネサス、小型モータ制御に適したセーフティマイコンを発表

ルネサス エレクトロニクスは12月15日、アンチロックブレーキシステムや、エアバッグシステムなどのシャシー&セーフティシステムおよび小型モータ制御向けに適した「RH850/P1L-Cグループ」4製品を発表した。

[12:50 12/15]

マツダ、新型CX-5を発表-国内仕様車で初めて0~100km/hでの追従機能を採用

マツダは12月15日、新型「CX-5」を発表し、同日より予約受付を開始すると発表した。なお、価格は246万2400円~352万6200円で、発売開始は2017年2月2日を予定している。

[12:37 12/15]

トヨタ、TNGA第2号車「C-HR」を発売-運動性能にこだわった独自の「味付け」

トヨタ自動車は12月14日、TNGAコンセプトを採用した新型車「C-HR」を発売した。TNGAを採用したクルマは2015年12月に発表したプリウスに続く2車種目。

[10:09 12/15]

2016年12月13日(火)

スバル、新型「シフォン」発売 - スマートアシストIIIを全車標準装備

富士重工業(スバル)は12月13日、新型「シフォン」を発売した。

[14:54 12/13]

スズキ、8人乗りミニバン「新型ランディ」発表 - 4WD車にS-HYBIRID搭載

スズキは12月13日、3列シート8人乗りミニバン「新型ランディ」を12月20日より発売すると発表した。

[14:35 12/13]

2016年12月12日(月)

ホンダ、二輪車シェアリングに向けてシンガポール企業と協業を検討

本田技研工業(ホンダ)は12月12日、四輪車や二輪車を共有して活用するモビリティシェアリング事業を展開するGrab Inc.(グラブ社)と、東南アジアでの二輪車シェアリング領域における協業を検討する旨の覚書を11月22日に締結したと発表した。

[13:27 12/12]

新型LEXUS LS、来年1月のデトロイトモーターショーで世界初公開

トヨタ自動車(トヨタ)は12月9日、同社の高級車ブランドであるLEXUSが2017年1月8日~22日に開催される2017年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で新型LSを世界で初めて公開すると発表した。

[11:28 12/12]

2016年12月09日(金)

アウディ、運転中に信号の色が変わる時が分かるV2Iサービスを米国で開始

アウディは、米国ラスベガスにおいて、2016年6月以降に製造され、アウディコネクトを搭載した米国向けAudi A4およびQ7モデルに対して、信号機の情報を表示するV2Iサービスを開始すると発表した。

[18:50 12/9]

モルフォとデンソー、次世代画像認識システム向けDNNアルゴリズムを開発

モルフォとデンソーは12月9日、共同で開発を進めてきたDeep Neural Network(DNN)による画像認識技術のアルゴリズムが、高度運転支援および自動運転技術の実現に向けた次世代の画像認識システムに応用されることが決まったことを発表した。

[18:17 12/9]

2016年12月08日(木)

マツダ、「ロードスター RF」の外装部品にパイオエンプラを採用

マツダは12月8日、自動車の外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチック(バイオエンプラ)を「マツダ ロードスター RF」の外装部品に採用するとを発表した。

[16:36 12/8]

2016年12月06日(火)

トヨタ、エンジンやトランスミッションを刷新した新型パワートレーンを発表

トヨタ自動車(トヨタ)は12月6日、Toyota New Global Architecture (TNGA)によリエンジン・トランスミッション・ハイブリッドシステムを刷新した新型パワートレーンを発表した。

[16:56 12/6]

TI、車載向けハイレゾ対応の2.1MHz駆動4ch Class-Dオーディオアンプを発表

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は12月6日、車載アプリケーション向けにハイレゾ96kHzデジタル信号入力をサポートする2.1MHz動作の4ch Class-Dオーディオアンプ「TAS6424-Q1」を発表した。

[16:20 12/6]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第27回 動く人・物を追跡する(1) - OpenCVによるトラッキング

本連載の第13回から16回にわたって機械学習による顔・人・物体の検出、識別についてご紹介しました。1枚の画像から顔・人・物体を検出するだけでなく、動画像の連続するフレームから検出する場合は、トラッキング処理が必要となります。トラッキング処理を用いた場合、一度物体を見つけた後はその周辺のみを探索すれば良いので、誤検出や未検出を抑制することができます。さらに、フレーム間の物体の対応関係から動きの軌跡を求めることができます。

[10:00 12/6]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第93回 コネクテッドカー時代に不可欠なセキュリティチップをInfineonが開発中

クルマのコンピュータにもセキュリティが求められる時代になってきた。セキュリティ向け半導体で世界をリードしてきたInfineon Technologiesは、クルマのセキュリティがこれから重要になることを指摘し、そのソリューションを示した。この背景には、自動運転に備えクルマがインターネットクラウドと接続され、さまざまな制御やサービスを提供できるようになることがある。

[07:00 12/6]

2016年12月01日(木)

Fairchildの買収完了で自動車/産業機器分野の飛躍を狙うON Semiconductor

ON SemiconductorはFairchild Semiconductorの買収を2016年9月19日に完了し、新たな体制を確立。これを受けて同社は11月30日、都内で会見を開き、同社の今後の方向性、ならびに日本における製造拠点の状況などの説明を行った。

[07:00 12/1]

2016年11月30日(水)

日立オートモーティブ、スズキ「新型ソリオ」にリチウムイオン電池が採用

日立オートモティブシステムズは11月30日、同社のリチウムイオン電池モジュールがスズキの新型「ソリオ」および「ソリオ バンディット」ハイブリッド仕様車に搭載されているパワーパックに採用されたと発表した。

[18:29 11/30]

BMW、120iと220i クーペに新世代4気筒ガソリンエンジンを搭載

ビー・エム・ダブリューは11月30日、BMW 1シリーズ、BMW 2シリーズ クーペの4気筒ガソリン・エンジン・モデルである「BMW 120i」および「BMW 220i クーペ」に、新世代4気筒ガソリン・エンジンを新たに搭載し同日より販売を開始すると発表した。

[16:51 11/30]

最高出力330馬力の「Audi RS 3 LMS」、12月1日より国内受注を開始

アウディジャパンは11月30日、Audi RS 3 SedanをベースにしたレーシングバージョンAudi RS 3 LMSの受注を、アドバンスステップを通じて12月1日より開始すると発表した。希望小売価格は1835万円。

[16:21 11/30]

ダイハツ、衝突回避システム「スマートアシストIII」搭載のタントを発売

ダイハツ工業(ダイハツ)は11月30日、独自の衝突回避支援システム「スマートアシスト」を改良した「スマートアシストIII」を開発し、同システムを搭載した軽乗用車「タント」および軽福祉車両「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」を同日より発売すると発表した。

[14:33 11/30]

2016年11月29日(火)

アズジェント、自動車/IoT向け自動・自立型セキュリティ製品の販売を開始

アズジェントは11月29日、イスラエルKaramba Securityとの間で販売契約を締結し、同社のコネクテッドカー向けセキュリティ「Carwall」ならびにIoT用セキュリティ「IoTwall」の国内での販売を開始すると発表した。

[18:02 11/29]

スズキ、新開発ハイブリッド搭載の新型「ソリオ」発売

スズキは11月29日、新しく開発したハイブリッドを搭載した新型「ソリオ」「ソリオ バンディット」を追加し、同日より販売を開始すると発表した。

[15:22 11/29]

2016年11月28日(月)

ST、低・中価格帯の自動車で優れた画像/音声/ビデオ処理を実現する車載用IC

STマイクロエレクトロニクス(ST)は11月28日、、低・中価格帯の自動車において、高級車のようなデジタル・メータクラスタを実現する新しい車載用プロセッサ・ファミリ「Accordo5」を発表した。

[11:00 11/28]

パイオニア、車に後から搭載できる先進運転支援システムを開発

パイオニアは11月28日、既販売車に搭載可能な先進運転支援システム「Intelligent Pilot」を開発したと発表した。

[06:30 11/28]

2016年11月24日(木)

UL、愛知県みよし市に自動車向け試験所を開設へ

米ULの日本法人であるUL Japanは11月24日、愛知県みよし市に自動車業界向け試験所「オートモーティブ テクノロジー センター(ATC)」を開設すると発表した。

[16:48 11/24]

NXP、従来品比で4倍の性能向上を実現した車載レーダー用MCUを発表

NXP Semiconductors(NXP)は11月24日、新しいS32R27車載レーダー用マイクロコントローラ(MCU)を発表した。

[16:37 11/24]

Microchip、PIC32MZ EFファミリにAEC-Q1000規格対応の拡張温度品を追加

Microchip Technology(Microchip)は11月24日、32ビット PIC32MZ EF マイクロコントローラ(MCU)ファミリに拡張温度品と高速動作(250MHz)の産業用温度品を追加したと発表した。

[15:44 11/24]

2016年11月21日(月)

Microchip、スマートキー向け低消費電力車両アクセスソリューションを発表

Microchip Technologyはは、低消費電力のパッシブエントリ/パッシブスタート(PEPS)ソリューション「ATA5700/5702」を発表した。

[14:27 11/21]

ST、車載/産業機器向け16V CMOSアナログ・コンパレータを発表

STMicroelectronicsは、コンパレータあたりの標準動作電流を5μAに低減するとともに、伝搬遅延時間の改善と4kVまでのESD耐量を実現した産業機器/車載機器向けデュアル/クワッド型16V CMOSアナログ・コンパレータ「TSX393/TSX339/TSX3702/TSX3704」を発表した。

[11:14 11/21]

車載バッテリを安定化し過渡波形も除去できるアクティブフィルタの実装方法

車載機器向けの電子サブシステムが普及したことで、車載という過酷な環境条件で動作可能な、小型、高コスト効率、高信頼性のDC/DC電源コンバータの需要が増加しています。本稿では、高いPSRR(電源変動除去比)性能を備えた同期整流降圧-昇圧型DC/DCコンバータを使うことで、バッテリ電圧の安定化機能と過渡波形の除去機能を同時に提供しながら、より高い実装密度で、より洗練されたソリューションを可能にする、アクティブ・フィルタの実装の方法について説明します。

[10:08 11/21]

2016年11月18日(金)

20代の1割は1日1回以上スマホの音声アシスト機能を使う - 自動車内での音声認識機能の利用拡大に期待するNuance

Nuance Communicatonsの日本法人であるニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンは11月18日、矢の経済研究所と協力して実施した日本における自動車内での音声認識機能の利用実際調査結果の2016年版を公開した。

[18:01 11/18]

トヨタ、大型トラックへの燃料電池技術の搭載を検討へ

トヨタ自動車(トヨタ)は11月18日、米国カリフォルニア州において、大型トラック(セミトレーラートラック)へ燃料電池を搭載するフィージビリティスタディを進めていくと発表した。

[11:44 11/18]

2016年11月17日(木)

トヨタ、EV開発に向けた社内ベンチャーを発足 - 商品の早期投入目指す

トヨタ自動車(トヨタ)は11月17日、電気自動車(EV)の開発を担う新たな社内ベンチャーを立ちあげると発表した。

[16:53 11/17]

日本NI、自動運転車の市場に向けたテストソリューションを公開

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は11月17日、自動運転車の市場に向けたテストソリューションの構成要素となる新技術のデモを実施したと発表した。10月25日~27日に米ミシガン州で開催された「Automotive Testing Expo(ATE) USA 2016」で公開された。

[12:09 11/17]

2016年11月16日(水)

ルネサス、次世代高速ネットワーク「Ethernet TSN」の規格遵守性を実証

ルネサス エレクトロニクスは11月16日、「Ethernet Time-Sensitive Networking(TSN)規格」に関して、同規格最大の特長となるフレーム割り込み処理に関する規格遵守性、および相互接続性を実証したと発表した。

[12:05 11/16]

2016年11月15日(火)

レクロイ、自動車の研究開発強化に向け米国ミシガン州に研究拠点を開設

テレダイン・レクロイは、自動車の研究開発との連携強化に向けた組織「オートモーティブ・ソリューション・グループ」を立ち上げ、米国ミシガン州ファーミントン・ヒルズに拠点となる「オートモーティブ・テクノロジー・センター」を開設したと発表した。

[19:31 11/15]

NXPとCohda Wireless、V2X向けソフトウェア開発で協業

NXP Semiconductorsは、V2X標準の強化と追加アプリケーションの開発に向け、Cohda Wirelessとソフトウェア開発に関する提携を発表した。

[19:16 11/15]

Infineon、自動車向けハイサイドスイッチファミリーを発表

Infineon Technologiesは、自動車向けに低オン抵抗のスマートハイサイドスイッチファミリー「Power PROFET」を発表した。

[19:03 11/15]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第26回 インターネット上の画像群からTime-lapse映像を自動生成する手法の概要

Time-lapseという言葉をご存知でしょうか? 一定間隔で写真を撮影し、それらをつなぎ合わせて作成した映像です(動画1)。雲がものすごく早く流れ、一気に日が暮れていく映像、植物が瞬く間に成長する映像などがそれです。

[10:00 11/15]

Mentor、車載向けアナログICの故障カバレッジ測定ツールを発表

Mentor Graphicsは11月11日(米国時間)、車載ICの故障カバレッジ測定要件が増加し続ける自動車のTier1サプライヤのニーズに応えるアナログ/ミクスドシグナル(AMS)回路テストの故障カバレッジ測定製品「Tessent DefectSim」を発表した。

[06:00 11/15]

2016年11月14日(月)

独シーメンスがMentor Graphicsを買収 - 買収額は約45億ドル

独Siemens(シーメンス)とMentor Graphicsは11月14日(独時間)、シーメンスがMentorを買収することで合意したと発表した。

[21:13 11/14]

IMGとデンソー、自動車向けCPUのハードウェアマルチスレッド機能研究で協業

デンソーとImagination Technologies(IMG)は11月14日、自動運転時代に対応することを目指し、自動車で用いられる制御システムに向けたCPUのハードウェア・マルチスレッド機能について共同研究を行っていくことを発表した。

[17:49 11/14]

2016年11月11日(金)

今後の半導体産業のけん引役は車載電子システム - IC Insights

半導体市場調査企業である米IC Insightsは、「IC市場ドライバー2017年版」と称するレポートを11月末に発行するが、それに先立って先般、その要約版を発表した。

[17:23 11/11]

ルネサスと独ESCRYPT、車載ECU向けセキュアソリューション開発で協業

ルネサス エレクトロニクスと独ESCRYPTは、自動車用のECUに必要とされる高レベルセキュリティを提供するハードウェアとソフトウェアの統合ソリューション開発で協業することで合意したと発表した。

[09:00 11/11]

【特別企画】知能化が引き起こす自動車産業の変革が目前に – 自動車開発に携わる技術者必見のIESF 2016 Japan、11月29日より品川、名古屋で開催

「電気電子化の進行」「インテリジェント化」など、自動車に関わる業界は変革を迎えつつある。これまでメカ中心だった自動車開発においては、今後、メカだけでなく電気や電子部品、熱、組込みソフトウェアといった複数ドメインを含む車両システムの開発が必要となるだろう。そこでは、最先端技術の駆使を前提とし、品質とコストを最適化することが求められる。

[08:30 11/11]

ON Semi、車載空調向け650V/50A対応IPM「FAM65V05DF1」を発表

ON Semiconductorは、車載空調(A/C)コンプレッサの制御用に、小型ながら650V、50Aの車載条件に適合するインテリジェント・パワー・モジュール(IPM)「FAM65V05DF1」を発表した。

[07:00 11/11]

2016年11月10日(木)

東芝、重希土類フリーで高い磁力と優れた減磁耐性を持つモータ用磁石を開発

東芝と東芝マテリアルは11月10日、レアアースの中でも特に希少な重希土類を一切使用せずに高い磁力と優れた減磁耐性をあわせ持つモータ用の高鉄濃度サマリウムコバルト磁石を開発したと発表した。

[17:47 11/10]

日本TI、高効率モータ設計を可能にする高精度の電流センスアンプを発表

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は11月9日、高効率モータ設計を可能にする電流センスアンプ「INA240」を発表した。

[08:00 11/10]

2016年11月08日(火)

ルネサス、ADAS向けカメラ応用ソフト開発のソリューションキット第2弾

ルネサス エレクトロニクスは11月8日、次世代サラウンドビュー、ミラーレス、ドライバーモニタシステムなど、カメラを応用したADASアプリケーションの開発を加速する「ADASビュー ソリューションキット」を開発したと発表した。

[15:13 11/8]

2016年11月02日(水)

注力市場では平均比で2倍の成長を目指す - ルネサスの中期成長戦略

ルネサス エレクトロニクスは11月2日、2016年12月期第2四半期決算の発表に併せて、中期の成長戦略を発表した。それによると、注力市場においては平均市場成長率の2倍の成長率を目指すことを強調。具体的には、おおむね6~7%を狙っていくとした。

[20:33 11/2]

日産、新型パワートレイン「e-POWER」をノートに搭載

日産自動車(日産)は11月2日、新型パワートレイン「e-Power」を搭載したコンパクトカー「NOTE e-POWER」を発売した。

[16:31 11/2]

2016年11月01日(火)

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第25回 一人称視点(3) - Social Saliency

前々回より、頭部に装着することができるウェアラブルカメラで撮影する一人称視点映像に関する技術について解説しています。今回は、複数の人物が存在するシーン中で、どこのエリアが人々の注意を集め得るかを推定する、Social Saliency Predictionについて紹介します。

[10:00 11/1]

2016年10月26日(水)

ST、40V耐圧車載用パワーMOSFET - 高いスイッチング性能と電力効率を実現

STマイクロエレクトロニクス(ST)は10月26日、STripFET F7シリーズの新製品となる40V耐圧車載用パワーMOSFET「STL140N4F7AG」「STL190N4F7AG」を発表した。

[13:03 10/26]

2016年10月25日(火)

エンジンルーム近くで使える高耐熱0.5mmピッチ FPC/FFCコネクタ

京セラコネクタプロダクツは10月25日、車載機器向け0.5mmピッチ FPC/FFCコネクタ「6288シリーズ」に使用温度範囲を拡大した「高耐熱タイプ」を追加したと発表した。

[16:58 10/25]

2016年10月24日(月)

カーエレクトロニクスの進化と未来 第92回 自動運転に向けてAI利用を進めるNVIDIA

GPUがディーププラーニングに向いたデバイスとして、NVIDIAは、AI活用に積極的だ。NVIDIAが毎年開催しているプライベートイベント「GTC Japan 2016」では、自動運転に向けたAI技術について、同社CEOのJen-Hsun Huang氏が「ディープラーニングAI革命」と題して基調講演を行った。

[11:00 10/24]

2016年10月21日(金)

R-Carスタータキットで、幅広いコミュニティ構築を目指すルネサス

ルネサス エレクトロニクスは10月19日に都内で「R-Car Consortium Forum 2016」を開催したが、これにあわせて新しく「R-Car M3」と、新しい開発キットである「R-Car スタータキット」2種類を発表した。この内容をまとめてご紹介したい。

[10:00 10/21]

トヨタ、2017年に燃料電池バスを販売 - 東京都交通局の路線バスとして2台

トヨタ自動車は10月21日、実用化に向けて走行実証を重ねてきた燃料電池バス(FCバス)を2017年初めより「トヨタFCバス」としてトヨタブランドで販売すると発表した。

[08:00 10/21]

ルネサス、自動運転システムの実車での開発を支援する開発キットを発表

ルネサス エレクトロニクスは10月19日、同社の車載半導体「R-Car」のハイエンドSoCである「R-Car H3」を搭載した車載用開発キット「R-Car スタータキット Premier」2セットと、シャシー制御用ハイエンドマイコン「RH850/P1F-C」を搭載することで、自動運転の実車搭載に向けた開発を加速させる「HAD(Highly Automated Driving:高度自動運転)ソリューションキット」を開発したと発表した。

[08:00 10/21]

ルネサス、第3世代R-Carの第2弾SoC「R-Car M3」を製品化-開発キットも提供

ルネサス エレクトロニクスは10月19日、第3世代R-Carの第2弾SoCとして、ミディアムクラスのクルマに向けた車載コンピューティング性能を提供する「R-Car M3」を製品化し、サンプル出荷を開始したこと、ならびに同製品を搭載した車載用開発キット「R-Car スタータキット Pro」とハイエンドSoC「R-Car H3」を搭載した同キット「R-Car スタータキット Premier」の2キットの提供を開始したことを発表した。

[07:00 10/21]

2016年10月20日(木)

ホンダ、専用サスペンション採用の「ステップワゴンModulo X」を発表

本田技研工業(ホンダ)は10月20日、専用カスタマイズパーツを量産過程で装着し、販売するコンプリートカーブランド「Modulo X」の第3弾として「STEP WGN Modulo X」を10月21日に発売すると発表した。価格は366万5000円。

[12:13 10/20]

2016年10月19日(水)

TI、カメラ4台からの高解像度データを高速処理できるデシリアライザ・ハブ

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は10月19日、MIPIのCSI-2(Camera Serial Interface 2)に準拠した、デュアルポート、4チャネル内蔵のデシリアライザ・ハブ製品「DS90UB964-Q1」を発表した。

[17:59 10/19]

2016年10月18日(火)

パナソニック、テスラと太陽電池分野で協業へ

パナソニックは10月18日、太陽電池分野で米テスラモーターズ(テスラ)との協業に向けた検討を開始すると発表した。

[17:46 10/18]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第24回 一人称視点(2) - Social Interaction

今回は、頭部に装着したGoProを用いてアメリカのディズニーランドで長時間撮影した映像から、会話しているシーンを抽出し、会話の種別(1対1か1対多かなど)を推定する手法を紹介します。

[10:00 10/18]

ブリヂストン、AI搭載の最新鋭タイヤ成型システムを海外工場に展開

ブリヂストンは10月17日、独自のICTに人工知能(AI)を実装した最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」を、2016年内にハンガリーの乗用車用タイヤ工場であるタタバーニャ工場に展開すると発表した。

[06:00 10/18]

2016年10月17日(月)

デンソーと東芝、自動運転向けAIを共同開発へ

デンソーと東芝は10月17日、高度運転支援および自動運転技術の実現に向け、従来から両社がそれぞれ自主開発を行ってきた画像認識システム向けの人工知能技術(Deep Neural Network-Intellectual Property(DNN-IP))に関し、共同で開発を行うことに合意したと発表した。

[21:59 10/17]

2016年10月14日(金)

Infineon、蘭Innoluceを買収 - LIDAR向けコンポーネントの開発を計画

Infineon Technologiesは10月11日(独時間)、Royal Philipsから2010年にスピンオフして設立されたファブレス企業である蘭Innoluceの全株を取得し、同社技術を活用した高性能なLIDARシステム向けコンポーネントの開発を行う計画であることを発表した。

[14:19 10/14]

Synaptics、スマホおよび自動車向けドライバ製品を発表

米Synapticsは10月13日(米国時間)、同社の第2世代TDDIにハイブリッド・インセルに対応した新製品を追加すると共に、自動車向けの自動DDCIである「CleaView」を発表し、これらの製品に関する記者説明会を都内で開催した。

[11:41 10/14]

日立金属、ネオジム磁石とフェライト磁石の革新的生産ライン導入を発表

日立金属は10月13日、磁性材料カンパニーにおいて、ハイブリッド自動車、電気自動車の駆動モータや各種電装モータの需要に応えるため、180億円を投じ、埼玉県熊谷市の熊谷磁材工場にネオジム磁石とフェライト磁石の革新的な生産ラインを導入すると発表した。

[09:00 10/14]

東芝、ハイエンドPCによる処理が要らない自動運転システムを開発

東芝は10月13日、先進運転者支援システム(ADAS)向け車載画像認識プロセッサ「Visconti 4」を用いた自動運転システムを開発し、9月26日から愛知県内の公道で開始したと発表した。

[09:00 10/14]

富士通研、世界最高速で周波数変調が可能なCMOSミリ波信号源回路を開発

富士通研究所は10月13日、将来の自動運転実現のための高精度な監視技術向けに、76~81GHzの広帯域にわたり世界最高速で周波数を変調できるCMOSミリ波信号源回路を開発したと発表した。

[07:00 10/14]

2016年10月13日(木)

BMW 7シリーズのトップエンドモデル「M760Li xDrive」注文受付が開始

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は10月13日、BMW 7シリーズのトップ・エンド・モデル「新型BMW M760Li xDrive」の注文受付を同日より開始すると発表した。納車は2017年2月からを予定しており、価格は2420万円。

[12:36 10/13]

BMW、新ハイブリッドモデル「740e iPerformance」の注文受付を開始

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は10月13日、BMW7シリーズの新世代ハイブリッド・モデル「新型BMW 740e iPerformance」の注文受付を同日より開始すると発表した。

[12:11 10/13]

2016年10月12日(水)

NXP、車載電子コックピット向けi.MX8ファミリ製品を発表

NXP Semiconductorsは10月5日(米国時間)、i.MX8製品ファミリとして、セキュアな車載電子コックピットを実現する「i.MX 8QuadMax」、「i.MX 8QuadPlus」、「i.MX 8Quad」の3製品を発表した。

[18:41 10/12]

Intersil、車載ディスプレイ向け14チャネル・ガンマバッファを発表

Intersilは10月10日(米国時間)、車載TFT-LCDディスプレイ向けに56.6mWという低消費電力を実現した14チャネル・プログラマブル・ガンマ・バッファ「ISL76534」を発表した。

[16:29 10/12]

日本IBM、BlueHubで自動車/ヘルスケア大手とスタートアップの連携を促進

日本IBMは10月12日、国内スタートアップの事業育成を支援するインキュベーション・プログラム「IBM BlueHub」の活動領域を広げ、自動車業界とヘルスケア業界の大手企業とスタートアップ間の連携による斬新なビジネスアイデアの実現とサービス拡大を促進する新しい取り組みを10月より開始すると発表した。

[13:05 10/12]

2016年10月07日(金)

ルネサスとCohda、自動運転に向けたV2X向けソリューション分野で協業

ルネサス エレクトロニクスと豪Cohda Wirelessは10月7日、車載用V2V(車車間通信)/V2I(路車間通信)の分野における協業を発表した。

[11:29 10/7]

2016年10月06日(木)

ルネサス、V2Xシステム向けSoC2品種のサンプル出荷を開始

ルネサス エレクトロニクス(ルネサス)は10月6日、車車間・路車間通信(V2X)システム向けSoC2品種のサンプル出荷を開始すると発表した。

[11:30 10/6]

2016年10月05日(水)

CEATEC 2016 - 進化するクルマの運転席を見せるコンチネンタル

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されているCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてコンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンはクルマとドライバーをつなぐ「Holistic Connectivity」を掲げ、ドライバーとクルマの間を直感的なダイアログ・対話で取り持つ未来の運転席の在り方を紹介している。

[08:00 10/5]

2016年10月04日(火)

ランサーズ、Honda「MC-β」の車体をクラウドソーシングでデザイン

ランサーズは、クラウドソーシングによって個人の3Dデザイン技術を活用するものづくりプラットフォーム「クラウド3Dメーカー」にて、本田技研工業が開発した超小型EV「MC-β(エム シー ベータ)」の車体デザインを行った。

[19:13 10/4]

トヨタとダイハツ、新興国小型車カンパニーを2017年1月に設置

トヨタ自動車(トヨタ)とダイハツは10月4日、両社から成る新興国小型車担当のカンパニーを2017年1月を目処に設置すると発表した。

[16:54 10/4]

NXP、車載向け15Wワイヤレス充電ソリューションを発表

NXPセミコンダクターズ(NXP)は10月4日、車載/産業機器向け「WCT-15WTXAUTO」15Wワイヤレス充電ソリューションを発表した。

[14:54 10/4]

CEATEC 2016 - OTとITの組み合わせでIoTの未来を示す日立

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にて2012年以来4年ぶりの出展となる日立製作所のブースでは、ロボットや電気自動車などのOTとITを融合させることで生み出されるIoTソリューションの紹介などが行われていた。

[11:00 10/4]

CEATEC 2016 - 3Dプリンタをクルマで活用するホンダの取り組み

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にて本田技研工業(ホンダ)は、3Dプリンタを実際のクルマに適用した場合の活用シーンをイメージさせるブース展示を行っている。

[09:30 10/4]

CEATEC 2016 - 自動車の未来を見せるトヨタの取り組み

2016年10月4~7日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されるCPS/IoT Exhibition「CEATEC JAPAN 2016」にてトヨタ自動車では、人の友達としての活用が期待できる小型ロボット「KIROBO mini」の展示や、FCV「MIRAI」のカットモデルの展示などを行っている。

[09:30 10/4]

2016年10月03日(月)

トヨタ、手乗りコミュニケーションロボ「KIROBO mini」を発表 - 2017年発売

トヨタ自動車(トヨタ)は10月3日、手のひらサイズのコミュニケーションロボット「KIROBO mini」を全国のトヨタ車両販売店を通じて2017年に発売すると発表した。

[19:27 10/3]

ST、車載ECUの小型化に貢献するAEC-Q100グレード0準拠のアナログIC

STマイクロエレクトロニクス(ST)は10月3日、AEC-Q100グレード0に準拠したデュアル・オペアンプ「LM2904WHYST」およびデュアル・コンパレータ「LM2903WHYST」を発表した。

[14:08 10/3]

ユーブロックスが明かす自動運転におけるGNSSの課題

u-blox(ユーブロックス)は9月30日、共同設立者であり測位製品開発担当執行役員を務めるダニエル・アマン氏が来日し、同社の測位製品の展望について語った。

[08:00 10/3]

2016年09月30日(金)

三菱電機とu-blox、cm級測位補強サービス向け車載チップの開発で連携

三菱電機は9月30日、準天頂衛星システムの利用拡大を推進するために自動車向け測位用・ワイヤレス通信用半導体大手のスイス・u-bloxと、「センチメータ級測位補強サービス(CLAS:Centimeter Level Augmentation Service)」対応の自動車向け受信チップの開発で連携することで合意したと発表した。

[16:13 9/30]

日産の自動運転技術が応用された「行列を進むイス」に乗ってきた

日産自動車は29日より、自動運転技術「プロパイロット」から着想を得たイス「プロパイロットチェア(ProPILOT CHAIR)」の実機展示および体験ブースを設置している。会場は神奈川県・横浜市の日産グローバル本社ギャラリー(1階)。

[07:30 9/30]

2016年09月29日(木)

京大発ベンチャーGLM、次世代スポーツEVのコンセプト車両「GLM G4」発表

京都大学(京大)発のベンチャー企業でスポーツカータイプの電気自動車(スポーツEV)を手掛けるGLMは9月29日、次世代スポーツEVのコンセプト車両「GLM G4」を発表した。

[17:59 9/29]

オムロン、非接触でも高精度に脈拍を測定できる車載センサーを開発

オムロン オートモーティブエレクトロニクスは9月29日、測定が難しい車載環境下においても高精度に脈拍を測定できる非接触脈拍センサーのプロトタイプを開発史たと発表した。

[16:42 9/29]

ブリヂストン、強靭性と低燃費性を両立させたタイヤ用材料を開発

ブリヂストンは9月28日、燃費特性を意識した標準的なゴム配合(基準配合)に対して燃費特性を大きく損なうことなく、亀裂進展の転移エネルギーを約4倍強上昇させる材料の開発に成功したと発表した。

[10:54 9/29]

トヨタ、新型コンパクトSUV「C-HR」の日本仕様を公開 - 発売は2016年末

トヨタ自動車(トヨタ)は9月28日、2016年末に発売予定の新型車「C-HR」の日本仕様の概要を公開した。

[08:00 9/29]

アウディやクアルコムなど、自動車・通信業界の大手8社が新団体

アウディやクアルコムなど8社は、通信ソリューションの開発や標準化のサポートなどを目的とする5G Automotive Associationを結成したと発表した。

[07:00 9/29]

2016年09月28日(水)

メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売

メルセデス・ベンツ日本は9月28日、Cクラス初のオープンモデルとなる「Cクラス カブリオレ」の販売を同日より開始すると発表した。

[15:47 9/28]

2016年09月27日(火)

日産、自動運転技術を応用した「行列を自動で進むイス」を期間限定で展示

日産自動車は27日、自動運転技術から着想を得たイス「プロパイロットチェア(ProPILOT CHAIR)」を製作し、同技術をわかりやすく伝えるための動画「行列を自動で進むイス」を同社のWebサイトで公開した。

[18:24 9/27]

BMW、EV・PHVの公共充電サービス「ChargeNow」を導入

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は9月27日、同社の電気自動車およびプラグイン・ハイブリッド自動車専用の公共充電サービス「ChargeNow」を導入し、10月1日よりサービスを開始すると発表した。

[13:06 9/27]

新型BMW i3、新開発バッテリーで一充電走行距離が70%アップ

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は9月27日、電気自動車「BMW i3」の新型モデルを10月1日より販売すると発表した。価格は499万円~607万円。

[12:45 9/27]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第23回 一人称視点(1) - 概要

今回から、頭部に装着することができるウェアラブルカメラで撮影する一人称視点映像に関する技術についてご紹介していきます。一人称視点は、英語ではFirst-person vision、またはEgocentric visionと呼ばれています。

[10:00 9/27]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第91回 冗長構成に向いたARMのCortex-R52安全管理プロセッサ

ARMが発表した新しい安全性を高めた次世代CPUコア「Cortex-R52」は、冗長構成をとりやすくしたCPUコアである。ARMはクルマの安全性を2つの要素、すなわちランダムエラーとシステム的な故障からなると考え、この両方に対処しようというのがCortex-R52の考え方だ。

[09:00 9/27]

2016年09月23日(金)

LEXUS、パリモーターショーに出展する「UX Concept」のインテリアを公開

LEXUSは9月23日、9月29日~10月16日に開催される2016年パリモーターショーで公開するコンセプトカー「UX Concept」の内装の一部を公開した。

[13:30 9/23]

新型BMW X1に新世代クリーンディーゼルエンジン搭載車が登場

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は9月23日、プレミアム・コンパクトSAV「新型BMW X1」に新世代4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載した「新型BMW X1 xDrive18d」を追加し、10月1日より販売を介すると発表した。

[13:02 9/23]

2016年09月21日(水)

自律走行車や医療ロボット向け新機能安全プロセッサ「ARM Cortex-R52」

ARMは9月20日(英国時間)、自律走行車および医療/産業用ロボット向けの高度な安全機能を備えた新しいリアルタイムプロセッサ「ARM Cortex-R52」を発表した。

[13:26 9/21]

2016年09月20日(火)

Intersil、車載アラウンドビュー・システム向け4chビデオデコーダを発表

Intersilは9月19日(米国時間)、車載アラウンドビュー・システムで使用されるSoCやアプリケーション・プロセッサをサポートするMIPI-CSI2出力インタフェース内蔵4チャネル・アナログ・ビデオ・デコーダ「ISL79985」を発表した。

[17:30 9/20]

2016年09月16日(金)

LEXUS、人工クモ糸線維を使用したコンセプトシートを発表

LEXUSは9月16日、9月29日~10月16日に開催される2016年パリモーターショーに出展する新コンセプトシート「Kinetic Seat Concept」を公開した。

[13:20 9/16]

トヨタ、ロボティクス・自動運転の研究で米国の非営利団体と連携

トヨタ自動車(トヨタ)は9月15日、2016年1月に米国に設立した人工知能技術の研究・開発を行うToyota Research Institute(TRI)が、ロボティクスや自動運転の研究で、米国のOpen Source Robotics Foundation(OSRF)と連携すると発表した。

[12:38 9/16]

ホンダ、新型フリード/フリード+発売 - ハイブリッド車は27.2km/lの低燃費

本田技研工業(ホンダ)は9月16日、新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」を発売した。

[11:26 9/16]

2016年09月15日(木)

京大発ベンチャーのGLM、安川電機とモーターインバーターを共同開発へ

京都大学(京大)発のベンチャー企業でスポーツカータイプの電気自動車(スポーツEV)の量産に成功したGLMは9月15日、安川電機と資本・業務提携し、安川電機を引受先に第三者割当増資を行うと発表した。調達した資金を次世代車両の開発に充てるとともに、これを機に安川電機と共同でEVの主要部品であるモーター・インバーターを開発する。

[15:57 9/15]

パイオニア、「右折時つられ発進検知」機能搭載のMAユニット

パイオニアは9月14日、経済産業省の「次世代高度運転支援システム研究開発・実証プロジェクト」の知見を用いた先進運転支援機能を搭載したマルチドライブアシストユニット(MAユニット)「ND-MA1」の販売を、9月下旬より開始すると発表した。

[14:22 9/15]

2016年09月13日(火)

ローム、3.3mm×3.3mmサイズの車載向けMOSFETを発表

ロームは9月13日、エンジンECU(Electronic Control Unit)部をはじめとする各種車載アプリケーションに向けて、車載用信頼性の世界基準規格であるAEC-Q101に準拠した小型MOSFET「AG009DGQ3」を発表した。

[18:06 9/13]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第22回 行動認識(3) - Two-stream ConvNets

前々回より、動画像中から人物の行動を認識する技術について解説してきました。今回は深層学習(Deep Learning)を用いた動作認識についてご紹介します。

[10:00 9/13]

2016年09月12日(月)

テスラ、SUV「Model X」発売 - 895万円から

テスラモーターズジャパン(テスラ)は9月12日、第3車種目となるSUV「Tesla Model X(Model X)」を発売した。

[18:23 9/12]

京大発EVベンチャーのGLMが自社ビルを取得 - 開発現場をオープンに

京都大学(京大)発のベンチャー企業でスポーツカータイプの電気自動車(スポーツEV)の量産に成功したGLMは9月12日、京都府京都市伏見区に4階建てのビルを取得し、本社および開発拠点を同ビルに移転すると発表した。

[16:43 9/12]

2016年09月09日(金)

Hot Chips 28 - シャンパンタワーを載せて走れるサスペンション

Hot Chips 28において、Levant Powerの創立者でCEOのShakeel Avadhany氏が同社の「Super Active Suspension」を発表した。実は、あまり注目していない発表だったのだが、しかし、これが面白い発表であった。

[07:00 9/9]

Telit、150Mbps対応の車載向けLTEモジュールを発表

Telit Wireless Solutionsは、150Mbpsの通信速度を提供する車載グレードセルラーIoTモジュール「LE920A4 LTE Cat 4スマートモジュール」を発表した。

[06:00 9/9]

2016年09月02日(金)

TDKと東芝、車載用インバータの合弁会社を設立

TDKと東芝は9月2日、ハイブリッド自動車やプラグインハイブリッド自動車、電気自動車向けの車載用インバータの開発、製造、販売を行う合弁会社「TDKオートモーティブテクノロジーズ」を設立することに合意したと発表した。

[17:16 9/2]

2016年09月01日(木)

ルネサス、28nmマイコンでTSMCと協業 - 次世代エコカーや自動運転車向け

ルネサスエレクトロニクス(ルネサス)と台湾積体電路製造(TSMC)は9月1日、次世代エコカーや自動運転車に向けて28nmプロセスを採用したマイコンの開発で協業すると発表した。

[19:32 9/1]

BMW、新世代エンジン搭載の「M140i」「M240i クーペ」発売

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は9月1日、「BMW M140i」および「BMW M240i クーペ」の販売を同日より開始した。

[11:52 9/1]

2016年08月31日(水)

日本TI、Wi-Fi対応EV充電ステーションのリファレンスデザインを発表

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は8月31日、電気自動車(EV)向け充電ステーションに、Wi-Fiコネクティビティを追加した新型リファレンスデザインを発表した。

[11:16 8/31]

2016年08月30日(火)

ZMP、ルネサス製SoCを搭載した1/10スケール実験車両の開発を開始

ZMPは8月30日、ルネサスエレクトロニクス(ルネサス)の車載向けSoC「R-Car」を搭載した1/10スケール実験車両「RoboCar 1/10 R-Car パッケージ(仮称)」の開発を開始したと発表した。

[18:31 8/30]

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強

マツダは8月30日、タイ・チョンブリ県のパワートレイン生産拠点であるMazda Powertrain Manufacturing (Thailand)(MPMT)に新たに221億円を投じ、エンジン組立工場の年間生産能力を2018年上半期までに10万基に増強するとともに、同規模のエンジン機械加工工場を新設すると発表した。

[18:01 8/30]

ZMP、自動運転用ソフト搭載の超小型EVベース開発車両を販売開始

ZMPは8月30日、市販1人乗り用小型EV車ベース自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MV2」に自動運転システム用オープンソフトウェア「Autoware」を搭載した自動運転車両「RoboCar MV2 Autoware 基本パッケージ」の販売を開始すると発表した。

[17:37 8/30]

TowerJazz、積層型ディープフォトダイオードCMOSイメージセンサ技術を発表

TowerJazzとパナソニック・タワージャズセミコンダクター(TPSCo)は、積層型ディープフォトダイオードを採用したCMOSイメージセンサ(CIS)技術を発表した。

[15:53 8/30]

2016年08月26日(金)

川崎重工、ライダーと意思疎通できるAI搭載バイクの開発に着手

川崎重工業(川崎重工)は8月25日、人工知能(AI)などICT技術を活用し、ライダーと共に成長する人格を持つモーターサイクルの開発に着手したと発表した。

[07:30 8/26]

2016年08月25日(木)

ホンダ、3モーターハイブリッドシステム搭載「新型NSX」の国内受注を開始

本田技研工業(ホンダ)は8月25日、26年ぶりにフルモデルチェンジした新型「NSX」の購入申し込みの受付を同日より開始し、2017年2月27に発売すると発表した。価格は2370万円。

[12:07 8/25]

NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表

NVIDIAは8月22日(米国時間)、Hot Chipsカンファレンスにおいて、自動運転車やデジタル・コクピットなどの自動車用アプリケーションに向けたSoC「Parker」を発表した。

[08:00 8/25]

2016年08月24日(水)

メルセデス・ベンツ、新型「CLA」を発表 - 全モデルAndroid Autoに対応

メルセデス・ベンツ日本は8月24日、新型「CLA」および「CLA シューティングブレーク」2車種・8モデルの販売を同日より開始すると発表した。

[18:50 8/24]

パナ、従来比1.3倍の容量を実現したアイドリングストップ車用バッテリー

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは8月24日、電池材料や構造を改良したアイドリングストップ車用バッテリーの新製品を、「caos」シリーズとして2016年10月上旬に発売すると発表した。

[12:15 8/24]

2016年08月23日(火)

アウディ、「Audi TT Coupe 1.8 TFSI」を発表 - 限定2モデルも同時発売

アウディ ジャパンは8月23日、エントリーグレードのプレミアムコンパクトスポーツカー「Audi TT Coupe 1.8 TFSI」を発表するとともに、限定モデル2車種「Audi TT Coupe 1.8 TFSI 1st edition(限定180台)」「Audi TTS Coupe urban sport limited(限定110台)」の販売を同日より開始すると発表した。

[14:31 8/23]

2016年08月18日(木)

アウディ、開発中の新ショックアブソーバーシステム「eROT」を公開

アウディはこのほど、現在プロトタイプの製作に取り組んでいる新しいショックアブソーバーシステム「eROT」について概要を明らかにした。

[12:36 8/18]

2016年08月15日(月)

ホンダ、新型「シビック ハッチバック」を米国で今秋発売

本田技研工業(ホンダ)の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは8月15日、新型「シビック ハッチバック」を同国で2016年秋に発売すると発表した。

[16:41 8/15]

2016年08月10日(水)

IDTのマレーシア・ペナン工場、自動車産業向けTS 16949認証を取得

IDTは8月8日(米国時間)、マレーシア ペナン州にある生産拠点がTS 16949の二段階認証プロセスに合格したことを発表した。

[14:59 8/10]

2016年08月09日(火)

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第20回 行動認識(1) - Dense Trajectories

動画像中から人物の行動を認識する技術もあります。今回は、その行動認識のために開発された「Dense Trajectories」をご紹介いたします。

[10:00 8/9]

2016年08月05日(金)

ZMP、自動運転用ソフトウェア「Autoware」搭載ミニバン型開発車両を発表

ZMPは8月5日、ZMP RoboCar MiniVanへ自動運転システム用オープンソースソフトウェア「Autoware」を搭載した自動運転車両の「RoboCar MiniVan Autoware基本パッケージ」の販売を開始すると発表した。

[11:17 8/5]

2016年08月03日(水)

ZMP、物体検出機能を搭載したステレオビジョンシステムを出荷開始

ZMPは8月3日、ステレオカメラ「RoboVision2」を用いた物体検出機能を搭載した「ZMP RoboVision2 物体検出パッケージ」の出荷を開始したと発表した。

[15:02 8/3]

SII、4msの書き込み時間を実現した1.6V動作の車載用シリアルEEPROMを発表

エスアイアイ・セミコンダクタは8月3日、車載用シリアルEEPROM「S-93CxxCD0Hシリーズ(105℃品)」および「S-93AxxBD0Aシリーズ(125℃品)」の2シリーズを発表した。

[14:45 8/3]

2016年08月01日(月)

イオンモール幕張新都心で無人運転バス「ロボット・シャトル」が運行開始

イオンは8月1日、イオンモール幕張新都心に隣接し、イオンモールが千葉市から管理の一部を委託されている豊砂公園の敷地内において、無人運転バス「Robot Shuttle(ロボット・シャトル)」の試験運転を開始した。

[13:39 8/1]

2016年07月29日(金)

NXP、RFID技術の実地試験で最大150km/hで走行する車両を認識することに成功

NXPセミコンダクタ(NXP)は7月28日、100台強の各種軍用車両を使い、12カ月にわたってさまざまな速度と天候条件下でテストを実施し、IDePLATEを使った実地試験を行った結果、RFID技術を使用することでセキュアかつ効率的で、堅牢性と信頼性の高い車両認識が可能になることを実証したと発表した。

[10:53 7/29]

ZMP、加速度を最大5カ所で計測できる多点計測ロガーパッケージの販売を開始

ZMPは7月28日、400Gまでの加速度を最大5カ所で計測可能な「ZMP IMU-ZCube 多点計測ロガーパッケージ」の販売を開始すると発表した。

[10:52 7/29]

2016年07月28日(木)

シマンテック、クルマのCANの通信状態を監視するソリューションを発表

シマンテックは7月27日、インターネットに接続するクルマ(コネクテッドカー)の本格的な到来に向け、車載ネットワークであるCAN/CAM HDの挙動を解析し、ゼロデイ攻撃やサイバー攻撃から保護する「Symantec Anomaly Detection for Automotive」を発表した。

[08:00 7/28]

オプテックス、法人車両向け安全運転データサービスを開始

オプテックスは7月27日、スムーズな発進・停止を促すことで、事故につながる危険運転を削減し安全運転を継続できる、法人車両向け安全運転データサービス「セーフメーターデータサービス」を2016年10月より開始すると発表した。

[07:00 7/28]

Cypress、同期整流制御を採用した車載LEDドライバを発表

Cypress Semiconductorは7月26日(米国時間)、ヘッドライトシステムの小型化とコスト効率の向上を可能にする車載LEDドライバ「S6BL112A」を発表した。

[06:00 7/28]

2016年07月27日(水)

メルセデス・ベンツ、新型「Eクラス」を発表-運転の負担減らす新技術を搭載

メルセデス・ベンツ日本は7月27日、新型「Eクラス」を発表した。

[18:46 7/27]

2016年07月26日(火)

日本IBMとアルパイン、Watsonを基盤とする次世代車載システムの開発に着手

日本アイー・ビー・エム(日本IBM)とアルパインは7月26日、自動運転時代を見据えた次世代車載システムの開発に着手したと発表した。

[14:32 7/26]

スバル、次世代プラットフォーム採用の新型「インプレッサ」を公開

富士重工業(スバル)は7月26日、2016年秋に発売予定の新型「インプレッサ」(国内仕様車)を公開した。

[13:36 7/26]

2016年07月25日(月)

シャープ、感度1890mVの交通監視用カメラ向け4/3型800万画素CCDを開発

シャープは7月25日、交通監視用カメラとしてプログレッシブタイプの4/3型800万画素CCD「RJ3EV3EF0DT(カラー)」および「RJ3EV4EF0DT(白黒)」を開発したことを発表した。

[13:57 7/25]

2016年07月22日(金)

ZMP、PCですぐに利用できる車両データ取得システムをリリース

ZMPは7月22日、PCですぐに利用可能な「ZMP Position & Motion 車両CAN 計測パッケージ」をリリースした。

[12:06 7/22]

u-blox、車載グレードの測位モジュールとセルラーモジュールを発表

u-bloxは7月20日(スイス時間)、ISO/TS 16949に準拠した車載グレードの測位モジュールおよびセルラーモジュールとして、新たに「NEO-M8Q-01A」、「NEO-M8L-01A」、「SARA-G350-02A」、「LISA-U201-03A」の4モジュールを追加したと発表した。

[07:00 7/22]

2016年07月21日(木)

ホンダとソフトバンク、AI技術「感情エンジン」の共同研究を開始

本田技研工業(ホンダ)は7月21日、子会社である本田技術研究所がソフトバンクと協力し、ソフトバンク傘下のcocoro SBが開発したAI技術「感情エンジン」のモビリティへの活用に向けた共同研究を開始すると発表した。

[12:40 7/21]

2016年07月20日(水)

ZMP、ADAS開発向け「車両挙動計測ロガーパッケージ」を発売

ZMPは7月20日、「車両挙動計測ロガーパッケージ」の販売を開始すると発表した。

[17:42 7/20]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第90回 GNSS+GPSの測位チップで、測位精度を向上させたu-blox

スイスの通信用半導体ファブレス企業u-bloxは、慣性センサと組み合わせて屋内やトンネル内でもクルマの位置を追跡できるGNSS+GPS対応チップ「EVA-M8E」のサンプル出荷を日本でも始めた。今年の暮れには量産に入る計画だ。

[11:00 7/20]

2016年07月15日(金)

マツダ、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」を発表

マツダは7月14日、新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクスSKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」を発表し、その第1弾として、「G-ベクタリング コントロール(G-Vectoring Control、以下GVC)」を開発した明かした。

[14:04 7/15]

2016年07月14日(木)

日産、自動運転技術「プロパイロット」を実用化-独自の画像解析技術で実現

日産自動車(日産)は7月13日、8月下旬の発売を予定している新型ミニバン「セレナ」に自動運転技術「プロパイロット」を搭載すると発表した。

[08:00 7/14]

2016年07月13日(水)

Google、Android Autoの国内提供を開始

Googleは7月13日、「Android Auto」の国内での提供を開始したと発表した。

[21:51 7/13]

日産、自動運転技術「プロパイロット」搭載の「新型セレナ」を公開

日産自動車(日産)は7月13日、8月下旬に発売予定の新型「セレナ」を発表した。

[14:09 7/13]

2016年07月12日(火)

ホンダ、新型フリードに重希土類完全フリー熱間加工ネオジム磁石を採用へ

本田技研工業(ホンダ)と大同特殊鋼は7月12日、ハイブリッド車用駆動モーターに適用可能な、重希土類完全フリー(不使用)熱間加工ネオジム磁石を実用化し、ホンダの新型「FREED」に採用すると発表した。

[11:50 7/12]

2016年07月11日(月)

トヨタ、カローラ生誕50年を記念した特別仕様車 - 往年の赤シートを再現

トヨタ自動車(トヨタ)は7月11日、カローラの生誕50年を記念し、カローラアクシオの特別仕様車「HYBRID G"50 Limited"」を9月1日より500台限定で発売すると発表した。価格は240万円。

[15:07 7/11]

2016年07月08日(金)

DeNA、自動運転バス「ロボット・シャトル」を発表 - 千葉で試験運用開始へ

ディー・エヌ・エー(DeNA)は7月7日、仏ベンチャー企業EasyMileと業務提携し、私有地における無人運転バスを使用した交通システム「Robot Shuttle(ロボット・シャトル)」の運用を開始すると発表した。

[09:00 7/8]

2016年07月07日(木)

Cypress、BroadcomのワイヤレスIoT事業の買収を完了

米Cypress Semiconductorは4月に、米BroadcomよりワイヤレスIoT事業をまるごと、5億5000万ドルの現金で買収することを発表したが、この買収が7月5日に完了した。これに伴い、今回の買収に関しての説明を日本サイプレスが行ったので、その内容をご紹介する。

[10:00 7/7]

2016年07月06日(水)

トヨタ、ヴォクシーとノアの特別仕様車を発売

トヨタ自動車(トヨタ)は7月6日、ヴォクシーおよびノアの特別仕様車を発売した。

[17:21 7/6]

最適な温度を心拍データから判断する車内空調システム - 芝工大が研究開始

芝浦工業大学(芝工大)はこのほど、最適な温度を心拍データから自動で判断することで快適性と省エネ化を両立する新しい車内空調システム実現に向けた研究を開始したと発表した。

[13:18 7/6]

2016年07月05日(火)

スバル、全性能が進化した「SUBARU BRZ」大幅改良モデルを発表(写真51枚)

富士重工業(スバル)は7月5日、「SUBARU BRZ」の大幅改良モデルを8月1日に発売すると発表した。

[11:52 7/5]

2016年07月04日(月)

トヨタ、アルファードとヴェルファイヤの特別仕様車を発売

トヨタ自動車(トヨタ)は7月4日、アルファードおよびヴェルファイアの特別仕様車の販売を同日より開始すると発表した。

[16:07 7/4]

2016年07月01日(金)

トーメンエレと豊通エレが統合へ - 世界4位のエレクトロニクス商社に

豊田通商は7月1日、グループ内のエレクトロニクス事業を再編し、2017年4月に新会社として統合すると発表した。

[15:31 7/1]

2016年06月29日(水)

NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング

米IHSは6月22日(米国時間)、2015年の世界車載半導体市場における売上高ランキングトップ10を発表した。これまでトップを維持してきたルネサスは3位へと転落し、1位にFreescaleを買収したNXPが、2位にIRを買収したinfineonがそれぞれランクインした。

[12:12 6/29]

2016年06月27日(月)

中国SMICが伊LFoudry買収 - 車載半導体に本格参入

中国SMICは6月24日(現地時間)、イタリアのファウドリLFoudryの株式の70%を取得することを明らかにし、中国外での初となる生産拠点を獲得。同ファウンドリが得意とする車載半導体への本格参入を表明した。

[13:09 6/27]

Xilinxが語ったFPGAの躍進を支える4つのメガトレンド

Xilinxの日本法人であるザイリンクスは6月24日、記者説明会を開催し、同社の戦略に関する最新のアップデートを紹介したので、その内容をご紹介したいと思う。

[11:45 6/27]

スバル、レヴォーグの最上級グレード「STI Sport」を発表 (写真21枚)

富士重工業は6月27日、「スバル レヴォーグ」の最上級グレード車「STI Sport」を7月21日に発売すると発表した。

[11:43 6/27]

2016年06月23日(木)

ルネサス、車載マイコン向けMATLAB/SimulinkベースのMBD環境を開発

ルネサス エレクトロニクスは6月23日、自動車のECU向け32ビットマルチコアマイコン「RH850」を用いてモデルベース開発を可能とするRH850マルチコア・モデルベース開発環境「RH850 Multicore Model-Based Development Environment(RH850 MBD)」を開発したと発表した。

[11:29 6/23]

次世代自動車の実現を支援する車載イーサネット - Marvell

Marvell Semiconductorは6月22日、都内で会見を開き、同社が注力する車載イーサネットへの取り組みについて説明を行い、ギガビットイーサネットが次世代の自動車を開発する上でのカギになるとした。

[08:00 6/23]

2016年06月21日(火)

トヨタ、バーチャル人体モデル「THUMS」に子供モデルを追加

トヨタ自動車(トヨタ)は6月21日、人体に衝撃が加わった際の傷害をコンピュータ上でシミュレートできるバーチャル人体モデル「THUMS(Total HUman Model for Safety) Ver.4.0」に10歳、6歳、3歳の「子供モデル」を追加し2016年秋から販売を開始すると発表した。

[15:09 6/21]

NXP FTF 2016 - キーワードは「Smart」

テキサス州オースチンで開催されたNXP Semiconductorによる「NXP FTF Technology Forum 2016(NXP FTF 2016)」のキーワードは「Smart」であった。

[13:50 6/21]

On Semi、モータコントローラの新製品「LV8907UW」 - プログラミングが不要

米ON Semiconductorの日本法人であるオン・セミコンダクターは6月21日、モーターコントローラの新製品「LV8907UW」を発表した。

[10:44 6/21]

ローム、独自構造により耐硫化性能を向上させた新チップ抵抗器シリーズ

ロームは6月21日、車載や産業機器、通信インフラなど硫化の厳しい環境下での用途に適した新耐硫化チップ抵抗器「SFRシリーズ」を開発したと発表した。

[09:46 6/21]

2016年06月17日(金)

5つの成長分野に注力 - TIが語った自動車向け半導体戦略

アナログ半導体からデジタル半導体まで幅広く製品を展開するTexas Instruments(TI)は自動車分野でも、その幅広さを武器に市場の攻略を目指している。その中で、成長の鍵を握るのが、エレクトロニクス化が進む5つの市場分野だという。

[17:38 6/17]

TI、車載用ブラシレスDCモーター向けドライバ製品を発表

Texas Instruments(TI)は、高性能パワートレインアプリケーション向け車載用モータードライバ製品として、多機能の三相ブラシレスDCゲート・ドライバ「DRV8305-Q1」および大電流ハーフブリッジ・ゲート・ドライバの「UCC27211A-Q1」を発表した。

[15:58 6/17]

2016年06月16日(木)

ルネサス、車載情報機器用SoC向け2ポートタイプ内蔵SRAMを開発

ルネサスエレクトロニクス(ルネサス)は5月16日、車載情報機器用SoCに搭載する2ポートタイプの内蔵SRAMを新たに開発したと発表した。

[12:16 6/16]

2016年06月15日(水)

ストラタシス、3Dプリンティングによる"ダイハツCOPEN"用外装パネルを実現

3Dプリンティングソリューション企業のストラタシス・ジャパンは、ダイハツ工業およびトップデザイナーと連携し、ダイハツの軽オープンスポーツカー「COPEN」(コペン)向けのカスタマイズ可能な3Dプリンティングによる外装パネル「Effect Skin」を実現したプロジェクト紹介動画を公開した。

[15:25 6/15]

日産、バイオエタノールで発電する燃料電池システム技術を発表

日産自動車(日産)は6月14日、バイオエタノールから発電した電気で走行する新しい燃料電池システム「e-Bio Fuel-Cell」の技術を発表した。

[11:49 6/15]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第89回 ADAS/自動運転のシミュレーションデータからビッグデータ解析まで可能に

クルマのエレクトロニクス化が進んだ結果、システムが複雑化し、それをどのように解決するか、という課題が大きな問題となってきている。この解決策として、MATLAB/Simulinkが威力を発揮する、と語るのはMathWorks EMEAのIndustry Marketing担当Guido Sandmann氏だ。

[08:00 6/15]

2016年06月13日(月)

ダイハツ、新型軽商用車「ハイゼット キャディー」を発売

ダイハツ工業(ダイハツ)は6月13日、新型軽商用車「ハイゼット キャディー」を発売したと発表した。

[18:44 6/13]

2016年06月07日(火)

マツダと兵庫県立大、SPring-8を活用した材料開発に関する共同研究を開始

マツダと兵庫県立大学は6月7日、大型放射光施設「SPring-8」を活用した材料開発研究に関する共同研究契約を締結したと発表した。期間は、2016年度から2025年度までの10年間。

[13:19 6/7]

システム最適化と新規技術導入でビジネスを革新するInfineon - ITF Brussels 2016

独Infineonは5月にベルギーで開催された「ITF Brussels 2016」において、「スマート・イノベーション」と題した講演を行い、半導体企業であっても、プロセスの微細化といった単純なテクノロジードリブンではなく、最終製品のニーズを理解し、それに即した技術を適宜選択していくビジネス手法の重要性を語った。

[11:14 6/7]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第16回 コンピュータビジョン分野における機械学習(4) - Deep Learning

今回は、大流行中のDeep Learningについてです。コンピュータビジョン分野では、Deep Convolutional Neural Network(以下、CNN)がよく用いられます。

[10:00 6/7]

2016年06月06日(月)

オムロン、車の運転に適した状態かどうかをリアルタイムで判定する技術

オムロンは6月6日、運転手の多種多様な行動や状態をセンシングし、安全運転に適した状態かを判定する「ドライバー運転集中度センシング技術」を搭載した車載センサを開発したと発表した。

[16:24 6/6]

NEDO、2階建て大型EVバスシステムの実証をマレーシア・プトラジャヤ市で実施

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月6日、マレーシアのプトラジャヤ市において、大型の2階建て(ダブルデッカー)EVバスシステムの実証を行うと発表した。

[15:15 6/6]

半導体メーカーとの協業でクルマのイノベーションを促進するAudi - ITF Brussels 2016

ITF Brussels 2016にてAudiは、クルマのイノベーションの源泉である半導体が生み出す新技術をいかにして、いち早くクルマに搭載していくのか、といったことについての招待講演を行った。

[08:00 6/6]

2016年06月03日(金)

完全自動運転は技術的にはすぐにでも実現できる - 新生NXPが狙うこれからの自動車市場

NXP SemiconductorsとFreescale Semiconductorの統合によって誕生した新生NXP Semiconductors。同社の売り上げの約4割を占めるのが車載半導体であり、その世界シェアはトップとなっている。そんな同社は、完全自動運転は、技術的には今すぐにでも実現できる、と豪語する。同社の自動車向けビジネスの最前線での取り組みとはどのようなものなのだろうか。

[11:00 6/3]

トヨタとKDDI、「つながるクルマ」のグローバル通信プラットフォーム構築へ

トヨタ自動車(トヨタ)とKDDIは6月2日、「つながるクルマ」に必要な車載通信機(DCM)とクラウド間の通信において高品質で安定した通信をグローバルで実現するために、従来のローミングサービスなどに依存しない、グローバル通信プラットフォームを共同で構築すると発表した。

[08:00 6/3]

ホンダ、赤坂に知能化研究の新拠点「HondaイノベーションラボTokyo」開設へ

本田技研工業(ホンダ)は6月2日、知能化技術の研究開発を強化するため東京・赤坂に新拠点「HondaイノベーションラボTokyo」を開設すると発表した。同拠点は外部有識者や研究期間との連携を図る共創の場となる予定で、9月の開設を目指して

[07:00 6/3]

2016年06月02日(木)

メルセデス・ベンツ、最高級ロードスター「新型SL」を発表(画像140枚)

メルセデス・ベンツ日本は6月2日、新型SL、新型SLC、S クラス カブリオレを発表した。

[13:59 6/2]

産学連携で自動車エンジンのさらなる進化を目指す - 国家プロジェクト「革新的燃焼技術」で熱効率50%の実現へ

科学技術振興機構(JST)は6月1日、内閣府主導の国家プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の課題のひとつである「革新的燃焼技術」に関する説明会を、神奈川県横浜市にある小野測器テクニカルセンターにて開催した。

[10:00 6/2]

2016年05月31日(火)

東芝、ワイヤレス充電中型EVバスの実証走行を川崎~羽田間で開始

東芝は5月31日、リチウムイオン二次電池「SCiB」を搭載したワイヤレス充電中型電気自動車(EV)バスの実証走行を6月1日より開始すると発表した。

[16:56 5/31]

NXP、コネクテッド・カー向け小型パッケージ・パワーMOSFETの新ライン

NXPセミコンダクターズ(NXP)は5月31日、放熱特性を強化したコンパクトなLEFPAK33に封止した車載パワーMOSFETの新ラインを発表した。

[14:55 5/31]

車載エレクトロニクスにおける電圧過渡に対する保護手法

自動車のエレクトロニクス化はますます進み、電気系統も12Vや24Vから48Vへと移ろうとしています。そんな中、自動車に搭載されるエレクトロニクスの動作寿命の延長と信頼性の向上に対するニーズはますます高まる一方、複雑さもまし、対応手法を考えていく必要があります。本稿ではON Semiconductorが考える過渡保護の方向性について述べたいと思います。

[08:00 5/31]

2016年05月27日(金)

トヨタ・日産・ホンダ、G7伊勢志摩サミットで自動運転車を披露

トヨタ自動車(トヨタ)、日産自動車(日産)、本田技研工業(ホンダ)の3社は、5月26日から27日まで三重県伊勢志摩で開催されている第42回先進国首脳会議(G7伊勢志摩サミット)で各社の自動運転技術を披露した。

[12:51 5/27]

imecとInfineonが共同で車載用79GHz CMOSレーダーセンサチップを開発

imecとInfineonは5月24日、車載レーダー用CMOSベース79GHzセンサチップの開発を進めていることを明らかにした。早ければ試作品を年内に完成させ、システムとしての実現も2017年初頭に行いたいという。

[07:00 5/27]

2016年05月26日(木)

ホンダ、新型「NSX」量産第1号車を納車 - 専用工場で生産

本田技研工業(ホンダ)は5月25日、米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターが新型「NSX」北米仕様車の量産第1号車を納車したと発表した。

[12:38 5/26]

2016年05月25日(水)

人とくるまのテクノロジー展2016 横浜 - デンソーが提案する「近い将来のコックピット」

デンソーは5月25日からパシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2016 横浜(主催:公益社団法人 自動車技術会)」に安心かつ安全な運転を支援するコックピットシステム「ハーモニアス・コミュニケーション・コックピット」を展示している。

[18:17 5/25]

人とくるまのテクノロジー展2016 横浜 - EVの航続距離を伸ばす日産のバッテリー技術

日産自動車(日産)は5月25日よりパシフィコ横浜にて開催されている「人とくるまのテクノロジー展2016 横浜(主催:公益社団法人 自動車技術会)」において、電気乗車(EV)リーフを中心としたブースを出展している。

[16:28 5/25]

人とくるまのテクノロジー展2016 横浜 - TNGA第1号車「4代目プリウス」のカットモデル

トヨタ自動車(トヨタ)は、5月25日よりパシフィコ横浜にて開催されている「人とくるまのテクノロジー展2016 横浜(主催:公益社団法人 自動車技術会)」において、同社が目指す「もっといいクルマづくり」をテーマとしたブースを出展し、4代目プリウスのカットモデルなどを展示している。

[15:20 5/25]

人とくるまのテクノロジー展2016 横浜 - ホンダ、新型FCVや電動スーパーカブを展示

本田技研工業(ホンダ)は、パシフィコ横浜にて2016年5月25日から27日まで開催されている自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2016 横浜」に新型燃料電池車(FCV)「CLARITY FUEL CELL」のカットモデルを展示している。

[14:13 5/25]

2016年05月24日(火)

ZMP、実車とドライブシミュレーターを用いた実験走行サービスを開始

ZMPは5月24日、実車とドライブシミュレーターを用いた実車実験走行サービス「RoboTest VR+」の提供を開始したと発表した。

[18:50 5/24]

NTN、普及進むバイワイヤ制御に不可欠な電動モータ・アクチュエータを開発

NTNは5月23日、自動車の駆動・制御において普及が見込まれているバイワイヤ制御に不可欠な、汎用性の高い「電動モータ・アクチュエータ」をシリーズ開発したと発表した。

[11:57 5/24]

メンター、IGBTの熱信頼性を最大16個同時にテストできる装置

メンター・グラフィックス(メンター)は5月24日、電気自動車/ハイブリッド車(EV/HEV)に搭載されるパワーエレクトロニクスの信頼性を評価する新製品「MicRED Power Tester 600A」を発表した

[10:24 5/24]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第15回 コンピュータビジョン分野における機械学習(3) - 識別器

今回は、顔検出、人検出などで用いる識別器についてもう少し詳しく解説したいと思います。ニューラルネットワーク(Neural Network)、サポートベクターマシーン(SVM:Support Vector Machine)、ランダムフォレト(Random Forest、またはRandomized Trees)、AdaBoostなどがあります。今回は、SVM、Random Forest、AdaBoostについてご紹介します。

[10:00 5/24]

2016年05月23日(月)

トヨタ、ハイブリッド車の販売台数が累計900万台を突破

トヨタ自動車(トヨタ)は5月20日、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が2016年4月末までに901.4万台(プラグインハイブリッド車を含む)となり、900万台を突破したと発表した。

[10:56 5/23]

2016年05月20日(金)

テスラ「モデルS」、スマホ操作で駐車可能に - ソフトの無料配信を開始

テスラモーターズは5月18日、日本においてスマートフォンによるリモート駐車機能「サモン」の無料配信を開始したと発表した。プレミアムセダン「モデルS」に米国では2016年1月より提供を開始しており、日本では4月15日に国土交通省の承認が下りたため配信が可能となった。

[15:36 5/20]

2016年05月19日(木)

ポスト・リチウムイオン電池の実用化に向けた挑戦 - NEDO、"革新型"車載用蓄電池の技術開発へ

電気自動車(EV)をガソリン車と同等の利便性を持つ製品へ――これを実現するための鍵を握るのは、車載用蓄電池だ。NEDOは、航続距離500km、エネルギー密度500Wh/kgという走行性能を有する新たな車載用蓄電池の2030年の実用化に向け、技術開発に着手した。

[10:00 5/19]

2016年05月18日(水)

NNG、日本市場向けに人員強化の方針 - シュリンプトン新CEO

ナビゲーション・ソフトウェアを開発・提供するNNGは5月18日、今年の3月1日付けでCEOに就任したジャイルズ・シュリンプトン氏が来日し、都内で会見を開いた。

[20:27 5/18]

スズキ、国の規定と異なる方法で燃費試験-原因はテストコースの立地と説明

スズキは5月18日、国土交通省より指示を受けて実施した排出ガス・燃費試験における実態調査の結果、四輪車の排出ガス・燃費試験業務において同省が定める規定と一部異なる取り扱いがあったことがわかったと明かした。

[16:59 5/18]

NXP FTF 2016 - 28nm FD-SOIで製造されるi.MX 8

米国時間の5月16日、テキサス州オースチンでNXP Semiconductorによる「NXP FTF 2016」が開幕した。開催期間は5月16日~19日までの4日間である。初日は通年、プレビューで終わるが、今年はちょっと毛色が異なり、「i.MX 8」の詳細が公開された。

[08:30 5/18]

2016年05月17日(火)

日立化成、耐久性を1.5倍に高めたアイドリングストップ車向け鉛バッテリー

日立化成は5月17日、アイドリングストップシステム(ISS)車向けに耐久性を同社従来製品比1.5倍に高めた次世代鉛バッテリーの新製品「Tuflong G3」を発表した。軽自動車向けM-44サイズを先行して6月に発売し、乗用車向けは秋に発売する予定。

[17:28 5/17]

DMPと豊通エレクトロニクス、GPU画像処理ソリューションを共同開発

ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)は5月17日、豊通エレクトロニクスと共同でGPUによる画像処理ソリューションであるIPSL(Image Processing Shader Library)を開発したと発表した。

[15:08 5/17]

車載ICは平均販売価格下落で期待ほど伸びず - 2015年はマイナス成長を記録

車載半導体市場は決して気体ほど伸びている市場ではない。IC Insightsはこのたび、車載半導体に関する報告をまとめ公開した。多くの半導体企業が注目する車載半導体市場だが、搭載数の増加に併せて単価の下落要求が高く、世界の電子システム市場において、車載エレクトロニクス分野は10%のシェアも獲得できておらず、今後も2桁の大台にはしばらく到達しない見込みであることが明らかとなった。

[09:00 5/17]

2016年05月16日(月)

BMW7シリーズ、遠隔操作による駐車が可能に - 新機能をオプション設定

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は5月16日、同社のフラッグシップモデルである新型BMW7シリーズに「リモート・パーキング」機能をオプション設定し同日より販売を開始すると発表した。価格は7万4000円。

[16:07 5/16]

2016年05月12日(木)

富士重工業、創業100周年を機に社名を「SUBARU」に変更

富士重工業は5月12日、2017年4月1日付けで社名を「株式会社SUBARU」に変更すると発表した。

[18:18 5/12]

日産、三菱自動車の発行済み株式34%を取得 - 戦略的アライアンスを締結

日産自動車は5月12日、三菱自動車工業と幅広い戦略的アライアンスに関する覚書を締結し、三菱自動車の発行済み株式34%を、日産が2370億円で取得する予定であることを明らかにした。

[17:06 5/12]

2016年05月10日(火)

マセラティ ジャパン、初のSUV「Levante」の日本プレミアを開催(画像44枚)

マセラティ ジャパンは5月10日、SUV「Levante(レヴァンテ)」の日本プレミアを開催した。

[17:13 5/10]

日本ノーベル、ロボットで車載機器とスマホの連携を自動テストするシステム

日本ノーベルは5月10日、カーナビやスマートフォンの組込み機器のソフトウェアテストを自動化する「Quality Commander」の最新版「Quality Commander 7」を7月1日にリリースすると発表した。

[12:52 5/10]

日本TI、静止時電流10.5μAの65Vマイクロパワー降圧型コンバータ製品を発表

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は5月9日、FAや車載用のセンサ・アプリケーション向けに、最大入力電圧65V、出力電流150mAのDC/DC同期整流降圧型コンバータの新製品を発表した。

[12:04 5/10]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第14回 コンピュータビジョン分野における機械学習(2) - 顔検出・人検出

今回は、顔検出・人検出についてもう少し詳しく解説したいと思います。説明を簡略化するために、「顔」と「人」のみを検出対象として説明しますが、検出対象が車や自転車であっても同じ枠組みで検出することができます。

[10:00 5/10]

車載用CMOSイメージセンサは今後5年間で年率55%と大きく成長 - IC Insights

米IC Insightsは5月3日(米国時間)、CMOSイメージセンサ市場に関する調査結果を公表した。これによると、2015年(暦年)の世界全体のCMOSイメージセンサの売上高は99億ドル(実績値)で、今後5年間にわたって年平均9%で成長を続けていくと予測している。

[09:00 5/10]

2016年05月09日(月)

BMW1シリーズにクリーンディーゼルエンジン搭載車「BMW 118d」が登場

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は5月9日、コンパクトモデル「BMW1シリーズ」のラインアップに、新世代4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載した「BMW 118d」を追加し、5月21日より販売を開始すると発表した。価格は365万円~385万円。

[12:20 5/9]

2016年04月28日(木)

BMW、新型スポーツカー「BMW M2 クーペ」を富士スピードウェイで公開

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は4月27日、今年1月から注文受付を開始した新型のコンパクト・スポーツ・カー「BMW M2クーペ」を5月3日~4日に開催予定のSUPER GT 第2戦「FUJI GT 500km RACE」が行われる富士スピードウェイで日本初公開すると発表した。

[09:00 4/28]

2016年04月27日(水)

メルセデス・ベンツ、新型SUV3車種を一挙発表 (画像60枚)

メルセデス・ベンツ日本は4月27日、新型SUV「GLEクーペ」「GLS」「メルセデスAMG GLE 43 4MATIC」を発表した。

[16:00 4/27]

米コーニングとフォード、フロントガラス用薄型軽量ガラスの共同研究論文

米コーニングは4月21日(現地時間)、フォードと共同で実施した自動車フロントガラス用薄型軽量ガラスの耐衝撃性に関する共同研究論文の結果を発表した。

[08:00 4/27]

2016年04月26日(火)

三菱自動車、燃費不正の経緯を説明 - 実測行わず机上算出繰り返す

三菱自動車工業は4月26日、同社が生産していた自動車の燃費試験不正行為について国土交通省に報告書を提出し、その概略を発表した。

[18:39 4/26]

ホンダ、パーソナルモビリティの日本橋三越での常設乗車体験サービスを開始

本田技研工業(ホンダ)は4月26日、日本橋三越本店にてパーソナルモビリティ「UNI-CUBβ」の有料体験サービスを同27日より開始すると発表した。

[18:16 4/26]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第13回 コンピュータビジョン分野における機械学習(1) - 導入編

第6回から第10回までは、カメラによる3次元計測について解説してきました。今回からは、機械学習という技術についてご紹介します。

[10:00 4/26]

2016年04月25日(月)

パイオニア、眠気検知ユニットを開発 - レベル3の自動運転への活用も視野に

パイオニアは4月25日、100%子会社である中国の先鋒電子(中国)投資有限公司(パイオニア中国)が、同国のベンチャー企業である蘇州清研微視電子科技有限公司(清研微視)と共同でドライバーの眠気を高度に検知できる「眠気検知ユニット」を開発したと発表した。

[18:27 4/25]

トヨタ、バイオ合成ゴムを原料としたエンジン・駆動系ホースを採用

トヨタ自動車(トヨタ)はこのほど、高い耐油性、耐熱性が求められるバキュームセンシングホースの原料に、バイオ合成ゴムのバイオヒドリンゴムを採用すると発表した。

[15:23 4/25]

スバルと日本IBMが協業 - 実験映像データの統合管理システムを構築

富士重工業(スバル)と日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月25日、高度運転支援システム分野での協業を開始したと発表した。

[11:55 4/25]

2016年04月22日(金)

デンソーなど3社、車載用電子システムのソフト開発を行う合弁会社設立

デンソーとイーソル、NEC通信システムの3社は4月21日、車載用電子システムの基本ソフトウェア(BSWとも呼ばれ、ECUを動作させる上で基本的な機能を果たすソフトウェアのこと)および関連ツールの開発を行う合弁会社として、オーバスを設立することで合意した。

[16:16 4/22]

2016年04月21日(木)

NEDO、人工知能技術がもたらす効果を時間軸上に可視化したビジョンを公表

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は4月21日、次世代の人工知能技術の発展に伴い、日本の出口分野においてどのような効果がもたらされるのか、人工知能技術の進展予測とともに、時間軸上に可視化した「次世代人工知能技術社会実装ビジョン」を公表した。

[17:06 4/21]

2016年04月20日(水)

三菱自動車、燃費試験で不正行為 - 相川社長は把握せず

三菱自動車工業は4月20日、国土交通省で同社が生産・販売していた自動車の燃費試験の不正行為について記者会見を行い、謝罪した。具体的には軽自動車の型式認証取得において、国土交通省へ提出した燃費試験データが燃費を実際よりも良く見せるための不正操作のほか、国内法規で定められたものと異なる試験方法で行っていた。会見には取締役社長 兼 COOの相川哲郎氏、取締役副社長 品質統括部門長 開発担当の中尾龍吾氏、開発本部長の横幕康次氏の3人が出席した。

[21:35 4/20]

GTC 2016 - トヨタの自動運転へのアプローチ

GTC 2016において、トヨタ自動車の人工知能技術の研究・開発を行うTRIのGill Pratt博士が基調講演を行った。

[11:00 4/20]

2016年04月19日(火)

SII、車載用1A/0.5A高出力電流LDOレギュレータを発表

エスアイアイ・セミコンダクタ(SII)は4月19日、高出力電流LDOレギュレータ「S-19244/19243シリーズ」を5月より発売すると発表した。

[19:43 4/19]

2016年04月18日(月)

マツダ、中国のマツダ汽車有限公司に水性塗装技術「アクアテック塗装」導入

マツダはこのほど、独自の水性塗装技術「アクアテック塗装」を中国江蘇省南京市にある車両生産拠点の長安マツダ汽車有限公司(CMA)に導入したことを発表した。この塗装技術を導入した工場は2012年に導入が完了した日本の宇品第1工場(広島区南区)に続いて2拠点目で、海外では初となるという。

[08:30 4/18]

2016年04月15日(金)

BMW、モータスポーツ技術を集約した特別車「BMW M4 GTS」を30台限定販売

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は4月15日、ハイパフォーマンスモデル「BMW M4クーペ」の特別限定車「BMW M4 GTS」を発売すると発表した。

[18:29 4/15]

ローム、1mm角サイズの車載LDOレギュレータを発表

ロームは4月15日、先進運転支援システム(ADAS)のセンサやカメラ、レーダーなど信頼性と小型化が要求される自動車の安全用モジュールに向けた車載LDOレギュレータ「BUxxJA2MNVX-C シリーズ」を開発したと発表した。

[16:34 4/15]

2016年04月13日(水)

オプテックス、埋設不要のコインパーキング向け車両検知センサを開発

オプテックスは4月13日、埋設不要のコインパーキング向け車両検知センサを開発し、第1弾としてゲート式駐車場用の車両検知センサ「ViiK Gate」を4月15日に発売すると発表した。

[17:20 4/13]

日産、脳波を計測して運転感覚を視覚化できる「リーフ」を制作

日産自動車は4月13日、電気自動車(EV)の運転感覚を車両周辺に投影する機能を備えた「日産リーフ(リーフ)」を制作したと発表した。

[16:27 4/13]

ローム、48Vの入力電圧を3.3/5Vに直接降圧できるDC/DCコンバータIC技術

ロームは4月13日、48Vなどの高い入力電圧から、3.3Vや5V等の低電圧に直接降圧することができるDC/DCコンバータIC技術を確立したと発表した。

[15:09 4/13]

2016年04月12日(火)

インターシル、5V電圧をPOL回路向けに降圧する同期整流降圧レギュレータ

インターシルは4月12日、GPU、FPGA、DSP、SOC向けに5Vと3.3Vの一次側電圧レールからPOL(ポイント・オブ・ロード)として0.6Vまでの低い電圧に降圧する、モノリシック同期整流降圧レギュレータ・ファミリ「ISL7823x」を発表した。

[16:32 4/12]

トヨタ、新型パッソを発売 - スマートな新グレードを設定(画像28枚)

トヨタ自動車(トヨタ)は4月12日、新型パッソの販売を開始した。

[15:21 4/12]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第12回 コンピュータビジョン分野の市場分析(1) - 自動車編

Googleや自動車メーカー、自動車部品メーカーが自動運転の研究開発を進めています。なぜ自動運転の研究開発を行っているのでしょうか? それは、自動車の市場が大きく、かつ交通事故で亡くなられている方が非常に多いからです。

[10:00 4/12]

パイオニア、急ブレーキ多発地点のデータを提供する専用サイトを開設

パイオニアは4月11日、ドライバーが急ブレーキを踏んだと思われる「急減速多発地点データ」を提供する専用サイトを開設すると発表した。

[09:56 4/12]

2016年04月11日(月)

日立金属、高温域での磁心損失を低減した車載用ソフトフェライトコア材料

日立金属は4月11日、車載用ソフトフェライトコア材料「ML29D」を開発し、量産体制を整えたと発表した。

[15:26 4/11]

2016年04月07日(木)

電気自動車BMW i3の特別限定モデルが登場 - 全国40台限定

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は4月7日、電気自動車「BMW i3」の特別限定モデル「BMW i3 Celebration Edition Carbonight」の販売を同日より開始すると発表した。全国合計40台の台数限定で、価格は598万円。

[21:31 4/7]

ST、車載・産業機器の耐久性を向上する36V耐圧オペアンプ

STマイクロエレクトロニクス(ST)は4月7日、車載機器・産業機器向け36V耐圧オペアンプ「TSB572」「TSB611」を発表した。

[14:31 4/7]

山梨県甲府市に本社を移転 - OKIセンサデバイスが新社屋を公開

OKIセンサデバイス(OSDC)は4月6日、2016年4月4日付で本社をこれまでの東京立川市から山梨県甲府市に移転させたことを記念する式典を開催。併せて3月末に完成したばかりの新社屋や工場の様子などを報道陣に公開した。

[07:00 4/7]

2016年04月05日(火)

カーエレクトロニクスの進化と未来 第88回 酔っ払い運転をテクノロジーで防ぐ

酒酔い運転による事故に対して、飲んだら運転をしないといった呼びかけだけに頼らず、クルマメーカー、ティア1メーカーもテクノロジーを使って解決を手助けできないか。こういった考えで、小型の呼気アルコール検出器をスマートキー(電子キー)に取り付けようと開発してきたのが本田技研工業と日立製作所である。

[09:00 4/5]

2016年04月04日(月)

メルセデス・ベンツ、Gクラスの特別仕様車を発表 - 渡河深度1000mmを実現

メルセデス・ベンツ日本は4月4日、最高級クロスカントリービークル「Gクラス」の特別仕様車「G 550 4×42」を発表した。

[19:40 4/4]

2016年03月31日(木)

モレックス、最大16Aに対応可能なカーエレ向け防水コネクターを発表

モレックスは3月31日、車載エレクトロニクス用途向け高性能MX150防水コネクターシステムの新製品「MX150 SMTヘッダー(シュラウドなし)」を発表した。

[13:05 3/31]

2016年03月30日(水)

東陽テクニカ、非接触式の自動車ホイール/エンジン挙動計測システムを発売

東陽テクニカは3月30日、米EZ Metrologyの自動車ホイール/エンジン挙動計測システム「EZ Motion2」を4月1日より販売すると発表した。

[18:43 3/30]

2016年03月29日(火)

SII、車載用電流モニター機能付きハイサイドスイッチを発売

エスアイアイ・セミコンダクタ(SII)は3月29日、車載用電流モニター機能付きハイサイドスイッチ「S-19680シリーズ」を4月より発売すると発表した。

[12:34 3/29]

ラピス、エラー訂正符号回路内蔵の車載/産業機器用128Mbit NOR Flashメモリ

ラピスセミコンダクタ(ラピス)は3月29日、車載機器や産業機器のデータ記憶媒体用の128MビットNOR Flashメモリ「MR29V12852B」を開発したと発表した。

[12:08 3/29]

2016年03月25日(金)

カーエレクトロニクスの進化と未来 第87回 クルマにも大容量ストレージが搭載される時代が到来

クルマの整備やメンテナンスがこれまでよりも簡単に、SDメモリカードを差し換えるだけで済むようになるかもしれない。ただ、それ以上にNAND型フラッシュメモリの需要が増えそうだ。特にクルマが通信ネットワークにつながるにつれ、大容量のNANDフラッシュが必要になることが見えてきた。

[13:39 3/25]

2016年03月24日(木)

サンディスク、車載/産業用IoT機器向けSDメモリソリューションを発表

サンディスクは3月24日、来るべきコネクテッドカー時代に向けた車載用フラッシュストレージソリューション「SanDisk Automotiveシリーズ」および、IIoTを中心に新たなデータ活用が期待される産業分野向けフラッシュストレージソリューション「SanDisk Industrialシリーズ」を発表した。

[17:33 3/24]

SAPジャパン、コネクテッドカー・ビジネス向け基盤を国内で提供へ

SAPジャパンは3月23日、クラウド型の車両分析アプリケーション「SAP Vehicle Insights」を日本市場で限定的に提供開始すると発表した。あわせて、コネクテッドカー・ビジネスを展開する企業向けマーケットプレイス「SAP Vehicles Network」の実証実験を国内で進めることも発表された。

[10:02 3/24]

2016年03月23日(水)

ヤンマー、カラー液晶や作業機とのCAN連携機能を搭載したトラクターを発売

ヤンマーは3月22日、高付加価値作物や中山間地小規模経営/都市近郊、大規模田畑複合といった農家のニーズに対応する中型トラクターとして「YT3シリーズ」および「YT2シリーズ」を発表した。

[16:00 3/23]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第86回 ゴムまりのようなタイヤのコンセプトカーをGoodyearが提案

先ごろスイスのジュネーブで開催された、「第86回ジュネーブ国際モーターショー」で、タイヤメーカーの米Goodyearが展示した、ボール状のタイヤが大きな注目を集めている。海外メディアはこぞってこの話題を採り上げている。

[11:15 3/23]

2016年03月14日(月)

NEDO、高輝度・超小型な2種の3原色レーザー光源を実証 - 対LEDで優位性確認

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、大阪大学、島津製作所は3月14日、可視光半導体レーザーの用途拡大に向け、「高輝度モデル」と「超小型化モデル」の2種類の3原色レーザー光源モジュールを開発し、これを機器に実装した際の効果を実証したと発表した。

[16:47 3/14]

2016年03月10日(木)

エプソン、水晶振動子と無線送信ICを一体化した近距離無線用送信モジュール

セイコーエプソン(エプソン)は3月10日、水晶振動子と無線送信ICを一体化した近距離無線用送信モジュール「SR3225SAA」を開発したと発表した。

[14:20 3/10]

ホンダ、新型FCV「CLARITY FUEL CELL」を発売 - 一充填で750km走行可能

本田技研工業(ホンダ)は3月10日、新型燃料電池自動車(FCV)「CLARITY FUEL CELL」を発売した。

[12:28 3/10]

成長鈍化の半導体市場で生き残っていくために必要なこととは? - MaximのEVPが語った日本市場の重要性

Maxim Integratedは3月9日、都内で会見を開き、同社が2015年に行った構造改革の概要、ならびに注力事業の1つである自動車分野への取り組みについての説明を行った。

[08:00 3/10]

2016年03月08日(火)

新型Audi Q7、3月16日に販売開始 - 自動ブレーキシステムなど標準装備

アウディ ジャパンは3月8日、新型Audi Q7の販売を3月16日に開始すると発表した。

[17:22 3/8]

ルネサス、自動車の燃費を向上させるパワートレイン制御向けマイコンを発売

ルネサス エレクトロニクスは3月8日、自動車のエンジンやトランスミッションなどのパワートレイン制御向けに、従来以上の自動車の燃費向上を可能とする32ビットマイコン「RH850/E1M-S2」を開発したと発表した。

[15:13 3/8]

2016年03月07日(月)

スバル、次期インプレッサから採用の次世代プラットフォームを発表

富士重工業は3月7日、開発中の次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」の概要を公開した。

[15:49 3/7]

2016年03月02日(水)

ZMP、「RoboCar Mini Van」の公道実験向けパッケージを販売開始

ZMPは3月2日、自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar Mini Van公道走行パッケージ」の受注を開始したと発表した。

[15:40 3/2]

カーエレクトロニクスの進化と未来 第85回 車内での音声認識を確実にするNuanceの騒音抑制技術

音声認識ソフトウェア大手のNuance Communicationsが自社の音声認識技術を活かすためのノイズ抑制ソフトウェア技術を次々と開発している。最大の応用はクルマである。ハンズフリーで通話したり、クルマそのものと話をしたりできるようにするためだ。音声がクリアであればあるほど認識率は上がり、通話やクルマとの会話がスムーズになる。

[09:00 3/2]

2016年03月01日(火)

インターシル、車載用マルチフェーズ55V同期整流昇圧コントローラを発表

米インターシルは3月1日、ハイサイド/ローサイドMOSFETドライバを内蔵した2相55V同期整流昇圧コントローラの新製品「ISL78227」「ISL78229」を発表した。

[15:06 3/1]

2016年02月29日(月)

ST、ステアリング/ブレーキ向け車載用32bitマイコンファミリ「SPC57」

STマイクロエレクトロニクスは2月29日、車載用32bitマイコンファミリ「SPC57」の最初の製品を発表した。

[19:26 2/29]

2016年02月26日(金)

DARPAの量子計測原理を自動車用レーザーカメラに転用 - 玉川大が理論を開発

玉川大学は2月25日、米国国防高等研究計画(DARPA)で開発された量子計測の原理を自動車用の量子レーダーカメラとして転用する理論を開発したと発表した。

[16:21 2/26]

2016年02月25日(木)

UL Japan、2016年の事業戦略を発表 - 山上社長「コンプライアンスのトータルソリューションを提供する」

米ULの日本法人であるUL Japanは2月24日、2016年の事業戦略説明会を開催した。

[11:50 2/25]

2016年02月22日(月)

デンソーとドコモ、LTEや5Gを利用した車両制御システムの研究開発で協力

デンソーとNTTドコモ(ドコモ)は2月22日、高度運転支援および自動運転技術の実現に向け、LTEや次世代移動通信システム5Gを利用した車両制御システムの研究開発を協力して進めることに合意したと発表した。

[15:28 2/22]

2016年02月18日(木)

三菱電機、突然の落下物を"曲がる"ことで緊急回避する自動運転システム技術

三菱電機は2月17日、周囲の状況を考慮した車線維持走行や車線変更などの通常走行、および自車前方を走行する車両からの突然の落下物を曲がることで緊急回避する「先進運転支援システム技術」のアルゴリズムを開発したと発表した。

[08:00 2/18]

2016年02月17日(水)

村田製作所、高温下で使用可能な導電性接着剤対応積層セラミックコンデンサ

村田製作所は2月17日、150℃を超える高温環境でも使用できる導電性接着剤対応の積層セラミックコンデンサ「GCBシリーズ」を開発したと発表した。

[18:42 2/17]

2016年02月16日(火)

ルネサス、3Dグラフィックス・クラスタに特化した車載用SoCをサンプル出荷

ルネサスエレクトロニクス(ルネサス)は2月16日、グラフィックス・インスツルメント・クラスタ・システムをターゲットとした新ソリューション「R-Car D1」のサンプル出荷を同日より開始すると発表した。

[17:17 2/16]

2016年02月10日(水)

メルセデス・ベンツ日本、新型SUV「GLC」- Cクラスと同等の安全装備を搭載

メルセデス・ベンツ日本は2月8日、新型SUV「GLC」の販売を同日より開始すると発表した。

[11:22 2/10]

2016年02月09日(火)

日立オートモティブシステムズ、茨城県の公道で自動運転の実証実験を実施へ

日立オートモティブシステムズは2月9日、茨城県ひたちなか市の常陸那珂有料道路でクラリオンと共同開発した自動走行システムの走行実証試験を実施すると発表した。

[17:26 2/9]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第8回 カメラを用いた3次元計測(2) - ステレオカメラ

今回はSubaruのEyeSightで採用されているステレオカメラ(パッシブステレオ法)にフォーカスを当て、OpenCVに実装されている一般的な手法について説明します。

[11:00 2/9]

2016年02月08日(月)

アウディ、新型Audi A4を発表 - 燃費効率を従来比最大33%改善

アウディジャパンは2月8日、プレミアムミッドサイズセダン「新型Audi A4」の販売を2月19日より開始すると発表した。価格は518万円~624万円。

[14:31 2/8]

2016年02月05日(金)

高密度化する都市において正確な測位情報を高速で実現する方法とは!? - 1秒測位を可能とする3Dカーナビ向け小型ソリューション

都市の高密度化、屋内駐車場や多層構造の高速道路は、カーナビゲーションシステムにとって重大な障害だ。現在は推測航法とマップマッチングという2つの手法を用いているが、後者を選択した場合はさらに複雑となり、サードパーティのプロバイダーからの地図データに依存しなければならない、という問題が生じる。

[09:30 2/5]

2016年02月04日(木)

ZMP、センチオーダーの位置計測が可能なシステムの最新ソフトウェアを発売

ZMPは2月3日、センチオーダーの位置計測が可能な高精度位置計測システム「RTK Position-Z」の最新ソフトウェアをリリースしたと発表した。

[07:00 2/4]
  • <<
  • <

1/2

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事