「携帯電話業界」最新記事一覧

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのほか、MVNOなど携帯電話に関わるモバイル通信の今を分析。各社の動向をレポートする。

関連キーワード

ヘッドライン

アップルの研究者、自動運転の新しい物体検知技術をネットで公開

[21日 ロイター] - 米アップルのコンピューターサイエンス研究者が17日、自動運転車による自転車や歩行者の新しい検知技術に関する論文を公表した。同社が自動運転車に関する資料を公表するのは初めて。 Yin Zhou氏とOncel Tuzel氏がまとめた論文は、科学論文サイト「arXiv」(アーカイブ)に提出された。アップルは将来の製品に関しては秘密主義で知られており、人工知能(

[14:23 11/22]

日本通信が加速する「ソフトバンクMVNO」の狙いとは

日本通信がソフトバンク網を利用したMVNO事業を加速している。11月2日に発売した「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」は、音声通話対応で月額990円からという「格安」を実現した。

[06:00 11/22]

MVNOの契約数伸び悩みを巡る 携帯大手3社と総務省の思惑

大手キャリアから顧客を奪って契約を急拡大させてきたMVNOだが、ここ最近その伸びに急ブレーキがかかっている。主な理由はキャリアがMVNOへの流出を防止する策を大幅に強化したからなのだが、現在のMVNOを巡る3キャリアと、MVNOを推進してきた総務省の思惑、そして今後について考察してみよう。

[07:00 11/18]

iPhone Xが対応した「ワイヤレス充電」は本格普及するか

iPhone XとiPhone 8が対応した新機能のひとつに「ワイヤレス充電」がある。無接点充電の標準規格「Qi」に対応した充電パッドがあれば、充電のたびにケーブルを抜き差しする必要がなくなる便利な機能だ。

[07:00 11/18]

アップルのスマートスピーカー、来年初旬に発売延期

[サンフランシスコ 17日 ロイター] - 米アップルは17日、音声アシスタント「Siri(シリ)」を搭載したスマートスピーカー「ホームポッド」の発売を来年初旬に延期すると発表した。 アップルは今年6月ホームポッドを発表し、12月に米、英、オーストラリアで出荷を開始する予定となっていた。 ホームポッドはユーザーにおすすめの音楽を提案したり、室内の温度調整などを行う機能を備

[06:32 11/18]

ソニーモバイルとシャープの携帯電話シェア順位が激変した理由

今年も国内の携帯電話市場に大きな変化が起きた。MM総研が15日に発表した「2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況」でメーカー別出荷台数を見ると、昨年に続き順位が激変しているのだ。

[19:02 11/16]

米アップル、迷惑通信防止アプリ開発でインド政府に協力

[ニューデリー 15日 ロイター] - 米アップルは、携帯端末向け基本ソフト(OS)「iOS」向けの迷惑電話・メール防止アプリ開発でインド政府に限定的に協力することに同意した。事情に詳しい関係者の話や、ロイターが関連書類を確認したことで判明した。 インド政府は昨年、グーグルのOS「アンドロイド」向けの迷惑電話・メール防止アプリの配布を開始している。しかし関係者によると、アップルは

[12:50 11/16]

"ちょい乗り自転車"をもっと日常に! ドコモ・バイクシェア 全国2万台の理想

東京都心部を歩くと、赤い自転車を見かけることが増えた。実は今、都心部において自転車を気軽にレンタルできるシェアバイクの利用が急増している。運営元のドコモ・バイクシェアに聞くと、新たな移動手段として"自転車"への期待が高まる。

[06:30 11/16]

格安通信に異変、MVNOは成長ペースが予測より鈍化している

格安通信サービスを提供するMVNOに異変が起きている。成長の鈍化が指摘され始めているのだ。MM総研が15日に発表した「2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況」も同様の傾向を示すものだった。

[16:54 11/15]

iPhoneXの顔認証システム破る、ベトナム社が3Dマスクで

[ハノイ 14日 ロイター] - ベトナムのサイバーセキュリティー会社であるBkavのNgo Tuan Anh副社長はロイターに対し、3Dプリンターを用いて作成されたマスクにより米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の顔認証システムを破って見せる実演を行った。 Bkavは今月10日、アップルの顔認証システム「Face ID」を破ったと発表し、その

[14:48 11/15]

「フルMVNO」はMVNOビジネスをどのように変えるか

MVNO大手のインターネットイニシアティブ(IIJ)が、来春の提供に向けて取り組んでいる「フルMVNO」。加入者管理機能を持ち、自身でSIMを発行できるようになることで、さまざまなメリットが生まれるというが、一方で「IIJmio」などの個人向けサービスにはほとんど影響を与えないとも言及している。なのであれば一体なぜ、IIJはフルMVNOに力を入れているのだろうか。

[10:48 11/15]

楽天はMVNOの買収を続けるか

楽天がプラスワン・マーケティングのMVNO事業を買収したことは記憶に新しいが、次のターゲットはあるのだろうか。楽天が13日に開催した決算説明会で三木谷浩史会長兼社長が見解を示した。

[20:48 11/13]

爆発的に売れたiPhone X、ライバルと比べた優位性とは?

11月3日に発売された「iPhone X」は、アップル表参道店に550人が並ぶなど発売初日から大いに盛り上がりを見せた。これまで筆者はGalaxy Note8やMate 10 ProをiPhone Xと比較してきたが、果たしてiPhone Xはライバルにどうやって差を付けたのだろうか。

[12:38 11/11]

EU、アップルに最新の詳しい納税情報提供を要請

[リスボン 7日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のベステアー委員(競争政策)は7日、米アップルに対して直近の同社の納税態勢について詳しい情報の提供を求めたことを明らかにした。 EUは昨年8月、アイルランドのアップル向け課税優遇措置が違法な政府補助に当たるとして最大130億ユーロの追徴税を同国に支払うよう命じた。 ベステアー氏は「アップルに最新の納税の仕組みを知

[08:42 11/8]

iPhone「X」は「8」より高い利益率=調査

[6日 ロイター] - 米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の利益率が「iPhone8」よりも高いことが、専門調査機関の分析で改めて示された。Xの製造コストは8より25%高いものの、販売価格は43%上回っている。 テックインサイツがiPhoneを分解して各部品を調べたところでは、Xの製造コストは357.50ドルとなった。販売価格は999ドルで

[12:36 11/7]

米スプリントの経営権失うべきではない=ソフトバンクG社長

[東京 6日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長は6日の決算会見で、米携帯電話子会社スプリントとTモバイルUSとの統合交渉が決裂したことについて、経営権を互いに譲らなかったことが原因であることを明らかにした。 その上で、スプリントはグループ戦略上重要だとして、中長期的に経営権を維持する姿勢を示した。 孫社長によると、Tモバイルから「かなり

[16:08 11/6]

KDDIが「ブロックチェーン+スマートコントラクト」に取り組む理由

ブロックチェーンの派生技術の1つとして注目を集めるスマートコントラクトだが、なぜKDDIが業界他社に先んじてこの取り組みを発表したのか。その実際について話を聞いた。

[14:39 11/6]

米スプリントとTモバイル合併協議打ち切り、条件で合意できず

[サンフランシスコ/ニューヨーク 4日 ロイター] - 米携帯電話3位のTモバイルUSと4位のスプリントは4日、合併に向けた協議を打ち切ったことを明らかにした。スプリントは単独での再建を目指すことになる。 スプリントの親会社ソフトバンク<9984.T>とTモバイルの親会社ドイツテレコムが互いに統合新会社の経営権にこだわり、折り合いがつかなかった。

[08:44 11/6]

ソフトバンクG、スプリント株式を追加取得へ

[東京 6日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は6日、米携帯電話子会社スプリントの株式を追加出資する予定だと発表した。上場基準に抵触する可能性がある85%以上にならない範囲内で買い増す。 同社は2017年3月現在でスプリント株式の83.0%を保有。最大で2%程度しか追加取得できないが、スプリントとTモバイルUSとの統合交渉が物別れに終わったことを受け

[08:43 11/6]

知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第10回 大手携帯電話キャリアが低価格のサブブランドを持つ理由

大手携帯電話キャリアはメインのブランドとは別に、低価格のサブブランドを用意する。なぜ、その必要があるのだろうか。

[06:00 11/6]

アップルの「アイフォーンX」発売、世界中で長蛇の列 好調な滑り出し

[ニューヨーク/フランクフルト 3日 ロイター] - 米アップルは3日、「iPhone(アイフォーン)」の10周年を記念した高級モデル「X(テン)」を発売した。世界各地のアップル直営店前には長蛇の列ができ、9月に発売された「8」と「8プラス」に比べ好調な需要となっていることを示唆した。 アイフォーンXは、顔認証によるロック解除システムなどの新機能を搭載。画面は有機ELを採用し、端末前面をほぼ覆

[02:55 11/4]

アングル:中国で高まるiPhoneX熱は「本物」か

Adam Jourdan Cate Cadell [上海/北京 1日 ロイター] - 中国東部の蘇州市に住む小学校教師のGu Xiaomengさん(24)は、3日に発売される米アップル の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」にわくわくしていると話す。アップルにとって課題は、Guさんのような人に実際に購入してもらうことだ。 「すごく興味はあるけれど、今

[11:08 11/3]

米アップル、7-9月は増収増益 今期売上見通しは概ね市場予想上回る

[2日 ロイター] - 米アップルが2日発表した第4・四半期決算(9月30日まで)は増収増益となり、年末商戦を含む今四半期の売上高の見通しは概ね市場予想を上回った。 スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の発売10周年を記念した高級モデル「X(テン)」は10月27日に予約注文が開始し、アップル側は非常に好調としていたが、一部アナリストらはサプライチェーン(供給網)の障害で

[07:02 11/3]

好調決算の数値より重視すべきKDDI田中社長の所感

KDDIの2018年3月期第2四半期(4-9月)の連結決算において、売上は2兆4161億円で通期目標に対する進捗率は48.8%、営業利益は5425億円で同57.1%だった。順調な進捗と評価する同社だが、田中社長の発言を聞くと、注目すべきは別のところにありそうだ。

[06:00 11/3]

アップルの時価総額、現在のペースなら来年半ばに1兆ドル乗せも

[サンフランシスコ 2日 ロイター] - 米アップルの広報担当者は先週、新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の需要について、先行予約が「とてつもなく(off the charts)好調」と述べて需要が弱めとの懸念を一蹴した。 しかし、大き目なチャートが必要なのは、同社の時価総額の方かもしれない。 「X」に関する高評価のレビューや、多くのユーザー

[15:51 11/2]

どうやら昨年並みの予感、おぼろげながら見えてきた新iPhoneの評価

iPhone Xが11月3日に発売日を迎える。9月に発売されたiPhone 8の販売量が前モデルに比べ弱いと見られているが、iPhone Xを加えた国内の新iPhoneの売れ行きはどうなりそうか。

[18:53 11/1]

中国小売業者、iPhone8を大幅値引き 「X」発売控え

[香港 31日 ロイター] - 米アップルの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の11月3日の発売を前に、中国の小売業者は需要が低迷している「iPhone8」の価格を最大20%引き下げた。 中国本土でアイフォーンは時に香港の4倍の価格で売買されてきたが、ここにきて「8プラス」と「8」が当初の価格から14─20%値引きされて販売されている。

[09:29 11/1]

iPhone Xのレビュー、全体に高評価も顔認証は不安視

[31日 ロイター] - 11月3日に発売される米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」について、これまでに出そろった専門家の評価(レビュー)はiPhoneシリーズで最高だという点で一致している。ただ一部では、顔認証技術に問題が生じる恐れを指摘する声が聞かれた。 Xの価格は999ドルと過去最高だが、アナリストによると既に需要が供給をはるかに上回る

[09:22 11/1]

「インスタ映え」する写真でフィルムの消費は増えるか

富士フイルムはスマートフォンで撮影した写真をチェキフィルムに出力できるプリンター「スマホ de チェキ」シリーズの最新モデル「Instax SHARE SP-3」を11月17日より発売する。

[07:00 11/1]

同じKDDI傘下の「UQ mobile」と「BIGLOBEモバイル」、なぜ戦略が違うのか

「UQ mobile」を展開するUQコミュニケーションズと、「BIGLOBEモバイル」を展開するビッグローブは、共にKDDI傘下のMVNOである。しかしながら戦略は大きく異なる。それはなぜか。

[06:00 11/1]

携帯電話業界 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (経営・ビジネス>携帯電話業界)

携帯電話業界 トップへ
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのほか、MVNOなど携帯電話に関わるモバイル通信の今を分析。各社の動向をレポートする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事