「ディープラーニング」最新記事一覧

ディープラーニングに関する最新技術やトレンドなどを掲載

関連キーワード

ヘッドライン

ディープラーニングのすごさを体験! 人工知能で画像を加工できるツール5選

新しい技術が発表されるたびにネット上でひとしきり話題になるのが、ディープラーニングを活用した画像加工。一般的な画像処理ソフトでは到底真似のできない加工の数々は、どのような処理が行われているか見当もつかず、驚かされることもしばしばだ。今回は、個人が無償で試せることを条件に、いまオンラインで利用可能なディープラーニングやAIを用いた画像加工・作成サービスをまとめて紹介しよう。

[06:00 11/22]

人工知能・機械学習の電子書籍が最大50%オフ! 出版社合同フェア開催

「eBP (電子書籍を考える出版社の会)」に所属する出版社9社は、合同で「秋の人工知能本フェア」を開催する。期間は2017年11月17日(金)~30日(木)。入門書をはじめ、実務で役立つ技術書など100以上の電子書籍タイトルを最大50%オフで提供する。

[15:28 11/21]

島津製作所×富士通、質量分析計の測定データ処理AI活用の研究成果を発表

島津製作所は、富士通、富士通研究所との共同研究で、島津製作所製の質量分析計で得られる測定結果の解析過程で不可欠な大量のデータ処理にAIを活用する技術を開発しており、これまでの研究成果を11月13日~14日に開催された「第11回メタボロームシンポジウム」で発表を行った。

[11:38 11/20]

Uber、プログラミング言語「Pyro」を公開

先週、配車アプリの大手であるUberから「Pyro」と呼ばれるプログラミング言語が発表された。このプログラミング言語は確率論的プログラミング言語と位置づけられており、ディープラーニングやベイジアンモデルの統合を可能にするものだと説明がある。PyroはGitHubにおいてMITライセンスの下でオープンソース・ソフトウェアとして公開されている。

[09:58 11/10]

ソニー、深層学習のプログラムを生成できる統合開発環境のクラウドサービス

ソニーは11月8日、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」のクラウドサービスをオープンベータ版として、無償提供を開始した。なお、1アカウントあたり、10時間のCPU学習、10GBのストレージ、10のプロジェクトという制約がある。

[16:27 11/8]

GPUが変える仮想化の世界 - 新たなものづくり環境をどう構築するのか

いまやGPUチップを提供する半導体ベンダではなく、AIコンピューティングカンパニーへと変貌を遂げつつあるNVIDIA。ディープラーニング分野での存在感が日々、増しつつある同社だが、実はデータセンターのサーバに搭載されるGPUにも注力している。

[15:21 11/8]

NTTデータとシャープ、AIを活用したロボホン向け手話通訳アプリ開発

NTTデータとシャープ、NTTデータSBCは11月8日、シャープのモバイル型ロボット電話「ロボホン」向けに、AI技術(ディープラーニング)を活用した手話通訳アプリケーションを共同開発したと発表した。

[11:41 11/8]

買収なしでも成長は可能 - LatticeのCOOが語った現状と今後の見通し

2017年9月にCanyon Bridgeによる買収が破談となり、この状況を翌10月にCEATEC会場で日本法人の吉田社長が説明するといった具合に動向が注目されているLattice Semiconductorであるが、こうした動きもあったためか11月6日、同社COOであるGren Hawk氏が来日、改めて同社の状況と今後の展開を説明した。

[14:14 11/7]

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第45回 ディープラーニングの基礎 - ミニバッチ学習

今回は、学習のテクニックの1つであるミニバッチ学習についてです。ミニバッチ学習を説明するために必要なバッチ学習、オンライン学習についてもご紹介します。

[09:00 11/7]

TensorFlowの7倍のパフォーマンスを実現 - MathWorks、最新リリースでディープラーニング機能を強化

MathWorksは10月31日、同社のフェローであるJim Tung氏を招き、2017年9月21日に発表したMATLAB/Simulinkの最新リリース「Release 2017b」の報道陣向け説明会を実施した。

[17:10 11/2]

カゴヤ、ディープラーニング/機械学習に最適な「Tesla GPUサーバー」

カゴヤ・ジャパンは11月2日、米NVIDIAのデータセンター向けGPU 「Tesla P100」「Tesla P40」を搭載した「Tesla GPUサーバー」の提供を開始する。

[11:30 11/2]

NTTコムウェア、産業用エッジ向け画像認識AIソリューションを発売

NTTコムウェアは11月1日、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)が産業分野向けに提供してるコンバージドIoTシステム「HPE Edgeline EL1000」に、NTTコムウェアの画像認識AI「Deeptector」をプリインストールし、さらに最適化を図ったAIプラットフォーム「Deeptector」《産業用エッジAIパッケージ》の販売を開始したと発表した。

[19:31 11/1]

HPE、NTTコムウェアの画像認識AIと連携した製造業向けソリューション

日本ヒューレット・パッカード(HPE)とNTTコムウェアは11月1日、両社のソリューション連携により、「Deeptector《産業用エッジAIパッケージ》」の発売を開始した。同パッケージは、エッジでのディープラーニング(深層学習)処理に最適化し、工場内での利用を想定した耐環境性能に優れた「HPE Edgeline」に、NTTコムウェアのディープラーニング技術を活用した画像認識AI「Deeptector」をプリインストールした製造業向けのソリューションパッケージとなる。

[18:02 11/1]

日立、AIを活用したX線手荷物検査の自動識別技術を開発

日立製作所は11月1日、X線を用いた手荷物検査においてAIを活用することで手荷物内の物品を認識し、材質、密度などから安全性を自動識別する技術を開発したと発表した。同技術では、一見安全な物品でも材質や密度が通常と異なり、改造や細工が疑われる場合は目視検査を提案し、検査員は安全な物品の検査に時間を要さず、AIから提案された危険性が疑われる物品の検査に集中できるため、効率的かつ確実な手荷物検査が可能となり、検査の待ち時間を短縮できるという。2018年度中に同技術を活用したX線手荷物検査システムの実用化を目指す。

[15:45 11/1]

NVIDIA、深層学習開発を高速化するAIクラウドコンテナレジストリー

米NVIDIAは10月25日(現地時間)、グローバルのAI開発者に対し「NVIDIA GPU Cloud(NGC) コンテナレジストリー」の提供を開始したと発表した。

[16:52 10/30]

ファナック×PFN、ディープラーニングによる射出成形機の予防保全機能

ファナックは、Preferred Networks(PFN)と共同で、ディープラーニングを工作機械に適用する新しい事例として、ファナックの電動射出成形機であるROBOSHOT (ロボショット)α-SiAシリーズの予防保全を行う「AIバックフローモニタ」を開発したことを発表した。

[10:51 10/30]

かつてない速度で訪れる未来に向けた技術的進化にどう対応するのか - NIDays 2017

日本ナショナル・インスツルメンツ(日本NI)は10月25日、同社の「LabVIEW」を中心としたNIプラットフォームベースアプローチを活用した、最新システムや業界動向などを紹介するイベント「NIDays 2017」を開催。併せてプレス向け説明会を開催し、同社が同日発表のかつてないスピードで訪れる未来に向けた技術的な進化について取り上げた年次レポート「NI Trend Watch 2018」などの内容をベースに、技術者が2018年に向けて直面する重大な課題についての分析結果などを紹介した。

[21:51 10/25]

画像処理とAI手書き文字認識が一体となったOCRソリューション - キヤノンMJ

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は10月25日、人工知能の開発を行うCogent Labsの文字認識技術を使った「手書き AI OCRソリューション」を11月より提供開始すると発表。定型・非定型を問わない多様なフォーマットの紙文書に書かれた手書き文字をデータ化することができる。

[13:30 10/25]

ソニー、車窓がディスプレイになったコンセプトカー「SC-1」を試作開発

ソニーは、AI×ロボティクスの取り組みの一貫である新たな移動体験の提供を目的として、乗員の操作による運転に加え、クラウドを介して遠隔からの操作でも走行が可能なNew Concept Cart(ニューコンセプトカート)「SC-1」を試作開発したことを発表した。

[16:23 10/24]

AIと珈琲のプロがブレンドコーヒー「飲める文庫」開発 - NEC

NECとコーヒー豆専門店のやなか珈琲は10月24日、AI(人工知能)と珈琲のプロフェッショナルのコラボレーションにより、名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」を新たに開発したと発表した。

[12:01 10/24]

プロ棋士に学ばないGoogleの最強AI囲碁プログラム「AlphaGo Zero」

これまでの「AlphaGo」は、人間のプロ棋士の棋譜を学習して強くなってきた。しかし、ついに、棋譜を使わず、自己対局だけで学習して強くなった「AlphaGo Zero」が発表された。昨年5月に韓国の世界トップレベルの棋士であるLee Sedol(李 世乭)九段を破った「AlphaGo Lee」と対局して100戦100勝の強さになったという。

[11:00 10/24]

NTTデータ、深層学習活用したビジネス拡大に向けてLeapMindと資本提携

NTTデータは10月23日、LeapMindの第三者割当による株式を取得し、ディープラーニングを活用したビジネスの拡大に向けた資本業務提携を行うことで同20日に合意したと発表した。

[15:01 10/23]

ネットワールド、AIセンターを開設 - NVIDIA GPUに最適なデータベース提供

ネットワールドは10月23日、米KineticaとVAD(Value-Add Distributor)契約を締結し、同社と協力して「Networld AI センター」を開設することを発表した。「Networld AI センター」は、NVIDIA GPUを搭載したサーバープラットフォーム上で、Kinetica社のデータベースソリューションのデモンストレーション、POC環境、機械学習やディープラーニングのトレーニングを提供する。

[14:00 10/23]

一般物体認識精度 世界一を奪還-大阪府立大生開発のニューラルネットワーク

大阪府立大学は、同大の開発したニューラルネットワークが、一般物体認識分野で世界一の精度を達成したことを発表した。同大は2016年にも、世界一の精度を達成していたが、2017年5月に「Snake-Snake」という手法に記録を抜かれていたため、今回、世界一の称号を奪還したこととなる。

[17:42 10/20]

MathWorks、MATLAB/Simulinkの最新版「Release 2017b」を発表

MathWorksは、エンジニアや研究者が簡単にモデルの設計・学習・配布を行えるようになるディープラーニングの新機能を追加した、MATLAB/Simulink製品ファミリーの最新リリース「Release 2017b(R2017b)」を発表した。

[12:02 10/20]

HPE、中小企業の拠点向けサーバ「HPE ProLiant ML110 Gen10」など6機種

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は10月19日、中堅・中小企業向けサーバ「HPE Generation10(以下、Gen10)」に「HPE ProLiant ML110 Gen10」「HPE ProLiant ML350 Gen10」「HPE ProLiant DL580 Gen10」「HPE Apollo 2000 Gen10 System」「HPE Apollo 4500 Gen10 System」「HPE SimpliVity 380 Gen10」の6機種を追加し、発売を開始した。

[09:33 10/20]

Hot Chips 29 - ThinCIのグラフストリーミングプロセサ「GSP」

ThinCI(Think eyeと発音する)は、Hot Chips 29において、「Graph Streaming Processor(GSP)」と呼ぶディープラーニング用のプロセサを発表した。ThinkCIは5年前に創立されたマシンラーニングやコンピュータビジョン向けのシリコンチップを開発する会社である。

[09:00 10/20]

Hot Chips 29 - Wave Computingのディープラーニングチップ

Wave Computingは2010年に設立されたのであるが、最近までステルスモードで活動してきており、主要な学会での発表は、今回のHot Chips 29が初めてである。Wave Computingはベンチャーキャピタルから資金を得て、2010年に設立された。現在、従業員は、データフロー、データ科学、システムの専門家からなる53人のチームである。

[11:00 10/18]

LCCのPeachが進める"片手間"で作れて"おもろい"AI活用

Googleは10月13日、「現場で使える機械学習」をテーマとした勉強会を開催。第1回目となる今回は、LCC(格安航空会社)であるPeach Aviation(Peach) イノベーション統括部 部長の前野純氏が、同社の進めているAI活用事例について紹介してくれた。

[11:00 10/18]

遺伝子解析からビッグデータ解析まで、すべてのデータ処理を加速させるFPGA - ソフトウェアの会社へと変貌するXilinx

Xilinxの日本法人であるザイリンクスは10月17日、東京にてソフトウェアアプリケーション開発者やエンベデッドソフトウェア開発者、ハードウェア開発者が、同社開発チームやパートナー、ユーザーコミュニティと直接交流することを提供する場「ザイリンクス開発者フォーラム 2017(XDF 2017)」を開催した。

[17:10 10/17]

ディープラーニング バックナンバー

このキーワードについて (テクノロジー>スパコン/HPC>ディープラーニング)

ディープラーニング トップへ
ディープラーニングに関する最新技術やトレンドなどを掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事