「データ分析」最新記事一覧

データの分析に関する情報を集約しました。

関連キーワード

ヘッドライン

Shufoo!、買い物のビッグデータを活用した広告サービスを開始

凸版印刷は10月16日、電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」において、ビッグデータを活用した広告サービス「Shufoo! Audience Targeting Ad(シュフー・オーディエンス・ターゲティングアド)」を10月17日より提供開始すると発表した。

[16:30 10/16]

ロックオンの「アドエビス」とマーケティングBI「Datorama」が連携を開始

ロックオンは10月12日、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、Datorama Japanが提供するマーケティングBI「Datorama」の連携を開始すると発表した。これにより、アドエビスによって取得したさまざまなデータを自由に組み合わせて、任意の分析軸で簡単にレポーティングすることが可能になる。

[09:11 10/13]

アドバンスト・アナリティクス、AI活用/データ分析をサポートする6サービス

アドバンスト・アナリティクスは9月22日、企業のAI活用/データ分析をサポートする「AI/データ分析支援サービス」を提供開始すると発表した。同サービスのメニューは、「AI/データ活用ディスカバリーサービス」「データ分析ジャンプスタートサービス」「受託分析サービス」「アドバイザリーサービス」「トレーニング・教育サービス」「データ分析システム構築サービス」の6つ。

[13:13 9/22]

【特別企画】「データにもとづく先見性」でビジネスの変革を! これからのデータのあり方を考える

過去25年を振り返ると、企業ITの中心となる技術が時代とともに移り変わってきたことがよくわかる。本稿では、設立25周年をむかえた米ネットアップのシニア ヴァイスプレジデントでCMOを務めるジーン・イングリッシュ氏に、企業ITのトレンドと同社の方針、およびその中でデータが果たす役割についてきいた模様を紹介する。

[08:30 9/11]

富士通、不妊治療におけるビッグデータを活用した診療支援システムの実証

富士通と医療法人の三慧会は9月4日、不妊治療における効果的な治療を実現する診療支援システムの実証研究を9月~12月の期間で実施すると発表した。今回、富士通が開発した不妊症版類似症例検索システムを用いて、三慧会が提供した患者約1000名のデータから、治療対象患者と類似する複数の過去患者のデータを抽出する。

[12:40 9/4]

【特別企画】社内のデータを集めて規律化し「データ民主化」を! Clouderaが「データ活用フォーラム」で解説

2017年7月21日、グランフロント大阪において、「マイナビニュースフォーラム2017 Summer ~あらゆるデータの収集・連携・活用を考える~」が開催された。本稿では、IoTやビッグデータの活用について先進的な事例紹介を行った、Cloudera 製造業界セールスマネージャーの瀧久 寛之氏による講演「先行活用事例から学ぶIoT/ビッグデータの始め方」を紹介する。

[08:30 9/1]

国内企業のビッグデータ活用を阻む要因は何か?

IDC Japanは8月30日、国内のビッグデータ/アナリティクス市場について、テクノロジー/サービス市場予測および国内企業の活用に関する調査結果を発表した。これによると、半数の企業が部門レベルでのビッグデータ/アナリティクスの戦略的取組みの段階に到達しているという。

[15:00 8/31]

【特別企画】究極のカスタマーエクスペリエンスを知るセミナー! モスバーガーなど登壇!!

マイナビニュースは、9月14日(木)、東京都新宿区にて「顧客視点から読み取れ! 究極のカスタマーエクスペリエンスとは!?」を開催する(協賛:サービスマネジメントグループ)。

[14:30 8/29]

【特別企画】大好評第四弾! 収益を最大化するデータ活用実践セミナー、ヤンマー・リコー登壇

マイナビニュースは、8月31日(木)、東京・竹橋にて「ヤンマー、リコーが解説! データ分析実践セミナー ~現場の仮説検証を支えるセルフサービスBIとは~」を開催する(協賛:クリックテック・ジャパン)。

[09:00 8/24]

【特別企画】顧客視点から読み取れ! 究極のカスタマーエクスペリエンスとは!?

「顧客経験価値」と訳される「カスタマーエクスペリエンス」。近年、情報量の増加、デバイスの多様化にともない、顧客と企業との接点がより複雑化している。また市場が成熟した現在では、製品やサービス、それらが提供する機能やスペックでの差別化が難しくなる中で、「顧客経験価値」の向上が求められている。

[12:30 8/17]

【特別企画】データ活用でアフタービジネスの収益最大化を実現

2017年8月31日 東京・竹橋にてマイナビニュースが開催する「ヤンマーが解説! データ分析実践セミナー ~現場の仮説検証を支えるセルフサービスBIとは~」。このデータ分析実践セミナーは、様々な業種によるデータ分析と活用の事例が紹介され、毎回100人以上の参加者を集める人気セミナーである。第四弾となる今回は、主に製造分野におけるデータ活用事例を紹介する予定となっている。

[08:00 8/10]

【特別企画】“今あるデータ”を有効活用するためのデータ分析セミナー、アクサ生命保険、日本MSなど登壇

マイナビニュースは、9月8日(金)、東京都新宿区にて「"今あるデータ"でビジネス価値を導き出すビッグデータ活用セミナー」を開催する。基調講演にはアクサ生命保険のCDOが登壇。

[08:00 8/8]

Appier、AIでオーディエンスの分析・予測を行うプラットフォーム国内提供

台湾のAppierは7月5日、AIによりオーディエンス分析・予測を行うデータインテリジェンスプラットフォーム「アイソン(AIXON)」の国内提供を開始すると発表した。

[13:43 7/6]

Talend、Talend Summer'17発表 - AWS、Google、Azureなどサポート強化

米Talendはこのほど、クラウドおよびマルチクラウドのエンタープライズIT環境の管理に最適化されたプラットフォーム「Talend Data Fabric」の新バージョン「Talend Summer'17」のリリースを発表した。

[11:30 6/22]

富士通研、オープンデータを活用する企業情報分析Webアプリ無償公開

富士通研究所は6月15日、企業に関する公開情報をひもづけて分析することで、企業情報や地域の経済状況などから対象企業の情報をさまざまな視点で可視化できるWebアプリの無償公開を開始すると発表した。

[11:00 6/16]

ユニシス、取り組み段階に応じたビッグデータ活用支援サービスを提供

日本ユニシスは6月6日、同社がビッグデータ基盤構築やAI関連技術適用で培った知財や経験を体系化し、企業のビッグデータ活用を加速する「ビッグデータ活用支援サービス」を販売開始すると発表した。

[11:30 6/7]

ゼロから始めるクラウド型DWH「Azure SQL Data Warehouse」 第2回 3層構造アーキテクチャがもたらすメリットとは?

前回はSQL Data Warehouseの概要を説明しましたが、その際、SQL Data Warehouseにおいて最も特徴的なアーキテクチャは「3層構造のアーキテクチャ」と述べました。今回はこの「3層構造のアーキテクチャ」がもたらす、さまざまなメリットを説明していきます。

[09:00 6/1]

【特別企画】無印良品、デジタルマーケティング戦略の全貌 - 6月30日新宿開催

マイナビニュースは、6月30日(金)、東京都新宿区にて「DX時代を勝ち抜くユーザーエクスペリエンス - パフォーマンスモニタリング・可視化がもたらすビジネスインパクト」を開催する。基調講演には、「無印良品」のブランドでおなじみの良品計画WEB事業部 部長 川名常海氏が登壇。

[08:00 5/31]

ISIDとソニーCSLら、AIによる大規模データ解析サービス「CALC」提供

電通国際情報サービス(ISID)、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)、クウジットの3社は5月30日、業務提携に基づき、ソニーCSLが開発した人工知能(AI)技術による大規模データ解析サービス「CALC」を提供開始すると発表した。

[13:30 5/30]

【特別企画】デジタルトランスフォーメーション(DX)時代突入、良品計画、バンダイナムコスタジオらが解説

マイナビニュースは、6月30日(金)、東京都新宿区にて「DX時代を勝ち抜くユーザーエクスペリエンス - パフォーマンスモニタリング・可視化がもたらすビジネスインパクト」を開催する(協賛:リバーベッドテクノロジー)。

[15:00 5/25]

チャットボットからRFIDまで - あらゆる変化と戦うローソンのデータ活用術

5月10日~12日にかけて、東京ビッグサイトで計12のIT専門展から成る「2017 Japan IT WEEK 春」が開催された。本稿では、ローソン 執行役員 オープンイノベーションセンター センター長 経営戦略本部 副本部長の白石卓也氏が登壇した特別講演「ローソンが次世代コンビニで取り組むデータ活用戦略」の模様をお届けする。

[11:30 5/24]

Qlik、Qlik Senseの最新版 - ハイブリッドクラウド分析向け機能を拡充

米Qlik Technologiesはこのほど、セルフサービス ビジネス インテリジェンス(BI)とビジュアル分析のための次世代型アプリケーション製品「Qlik Sense」の最新アップデート(2017年6月)版を発表した。

[10:04 5/24]

富士通、高度な分析環境を提供する「マーケティングAIコンテナ」強化

富士通は5月8日、マーケティング領域でのAI活用を加速するビッグデータ分析基盤「マーケティングAIコンテナ」の機能を強化したと発表した。同サービスは、関西電力の「生活リズムお知らせサービス」に採用されているという。

[14:00 5/8]

トヨタとKDDI、つながるタクシーの実現に向け走行データ活用の実証実験

トヨタ自動車とKDDIは4月25日、東京ハイヤー・タクシー協会と共同で、新たなサービス提供が可能となる"つながるタクシー"の実現に向けた技術要件の明確化と容量の走行データの活用を目的として、東京都内を走行するタクシーからデータを収集する実証実験の開始を発表した。

[10:00 4/26]

システムサポート、Azure活用のオールインワン型DWHを提供

システムサポートは4月18日、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用したオールインワン型のデータウェアハウス「Smart DWH」 の提供を開始した。

[12:19 4/18]

さくらインターネット、大規模売上データを高速に分析するBIサービス

さくらインターネットは4月6日、アストロ数理ホールディングスと協業し、大規模な売上データを瞬時に処理する高速分析サービスである「さくらのセールスアナリシス powered by アストロ数理ホールディングス」を提供開始した。提供開始時の料金プランは、1000万レコードプランの月額利用料金は2万円(税別)のみで、5月に料金プランを追加する。

[10:14 4/7]

【特別企画】NTTデータはどのように調達コスト削減を実現したのか - データ分析実践セミナー

2016年12月14日に開催された「データ分析実践セミナー」。その第二弾が、2017年3月3日に東京都新宿区にて開催された。満員御礼となった今回は、さまざまな事例と共に、昨今大きな話題となっているセルフサービスBIについての講演が行われた。

[08:00 3/23]

米Cloudera、データサイエンス業務に向けた新セルフサービスツール

米Clouderaは3月14日(現地時間)、Cloudera Enterprise上のデータサイエンス業務に向けた、新セルフサービスツールである「Cloudera Data Science Workbench」(現在はβ版)を発表した。

[15:40 3/21]

エルテスら、従業員の行動情報を可視化する「AI Activity Analytics」

エルテスは2月28日、レイ・フロンティアと共同で、AIを使った位置情報や行動情報分析から企業の生産性の分析を行なう「AI Activity Analytics」の提供を開始すると発表した。

[15:11 2/28]

NSSOL、AIでJリーグの年間入場者数予測モデル開発 - 誤差は約0.5%

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は2月16日、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)向けに、過去の入場者数などの各種データを基にAIの一種である機械学習を活用することによって、年間入場者数の誤差が少ない予測モデルを開発したと発表した。

[09:46 2/17]

データ分析 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2013年

このキーワードについて (企業IT>マーケティング>データ分析)

データ分析 トップへ
データの分析に関する情報を集約しました。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事