「データ分析」最新記事一覧

データの分析に関する情報を集約しました。

関連キーワード

ヘッドライン

Talend、Talend Summer'17発表 - AWS、Google、Azureなどサポート強化

米Talendはこのほど、クラウドおよびマルチクラウドのエンタープライズIT環境の管理に最適化されたプラットフォーム「Talend Data Fabric」の新バージョン「Talend Summer'17」のリリースを発表した。

[11:30 6/22]

富士通研、オープンデータを活用する企業情報分析Webアプリ無償公開

富士通研究所は6月15日、企業に関する公開情報をひもづけて分析することで、企業情報や地域の経済状況などから対象企業の情報をさまざまな視点で可視化できるWebアプリの無償公開を開始すると発表した。

[11:00 6/16]

ユニシス、取り組み段階に応じたビッグデータ活用支援サービスを提供

日本ユニシスは6月6日、同社がビッグデータ基盤構築やAI関連技術適用で培った知財や経験を体系化し、企業のビッグデータ活用を加速する「ビッグデータ活用支援サービス」を販売開始すると発表した。

[11:30 6/7]

ゼロから始めるクラウド型DWH「Azure SQL Data Warehouse」 第2回 3層構造アーキテクチャがもたらすメリットとは?

前回はSQL Data Warehouseの概要を説明しましたが、その際、SQL Data Warehouseにおいて最も特徴的なアーキテクチャは「3層構造のアーキテクチャ」と述べました。今回はこの「3層構造のアーキテクチャ」がもたらす、さまざまなメリットを説明していきます。

[09:00 6/1]

【特別企画】無印良品、デジタルマーケティング戦略の全貌 - 6月30日新宿開催

マイナビニュースは、6月30日(金)、東京都新宿区にて「DX時代を勝ち抜くユーザーエクスペリエンス - パフォーマンスモニタリング・可視化がもたらすビジネスインパクト」を開催する。基調講演には、「無印良品」のブランドでおなじみの良品計画WEB事業部 部長 川名常海氏が登壇。

[08:00 5/31]

ISIDとソニーCSLら、AIによる大規模データ解析サービス「CALC」提供

電通国際情報サービス(ISID)、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)、クウジットの3社は5月30日、業務提携に基づき、ソニーCSLが開発した人工知能(AI)技術による大規模データ解析サービス「CALC」を提供開始すると発表した。

[13:30 5/30]

【特別企画】デジタルトランスフォーメーション(DX)時代突入、良品計画、バンダイナムコスタジオらが解説

マイナビニュースは、6月30日(金)、東京都新宿区にて「DX時代を勝ち抜くユーザーエクスペリエンス - パフォーマンスモニタリング・可視化がもたらすビジネスインパクト」を開催する(協賛:リバーベッドテクノロジー)。

[15:00 5/25]

チャットボットからRFIDまで - あらゆる変化と戦うローソンのデータ活用術

5月10日~12日にかけて、東京ビッグサイトで計12のIT専門展から成る「2017 Japan IT WEEK 春」が開催された。本稿では、ローソン 執行役員 オープンイノベーションセンター センター長 経営戦略本部 副本部長の白石卓也氏が登壇した特別講演「ローソンが次世代コンビニで取り組むデータ活用戦略」の模様をお届けする。

[11:30 5/24]

Qlik、Qlik Senseの最新版 - ハイブリッドクラウド分析向け機能を拡充

米Qlik Technologiesはこのほど、セルフサービス ビジネス インテリジェンス(BI)とビジュアル分析のための次世代型アプリケーション製品「Qlik Sense」の最新アップデート(2017年6月)版を発表した。

[10:04 5/24]

富士通、高度な分析環境を提供する「マーケティングAIコンテナ」強化

富士通は5月8日、マーケティング領域でのAI活用を加速するビッグデータ分析基盤「マーケティングAIコンテナ」の機能を強化したと発表した。同サービスは、関西電力の「生活リズムお知らせサービス」に採用されているという。

[14:00 5/8]

トヨタとKDDI、つながるタクシーの実現に向け走行データ活用の実証実験

トヨタ自動車とKDDIは4月25日、東京ハイヤー・タクシー協会と共同で、新たなサービス提供が可能となる"つながるタクシー"の実現に向けた技術要件の明確化と容量の走行データの活用を目的として、東京都内を走行するタクシーからデータを収集する実証実験の開始を発表した。

[10:00 4/26]

システムサポート、Azure活用のオールインワン型DWHを提供

システムサポートは4月18日、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用したオールインワン型のデータウェアハウス「Smart DWH」 の提供を開始した。

[12:19 4/18]

さくらインターネット、大規模売上データを高速に分析するBIサービス

さくらインターネットは4月6日、アストロ数理ホールディングスと協業し、大規模な売上データを瞬時に処理する高速分析サービスである「さくらのセールスアナリシス powered by アストロ数理ホールディングス」を提供開始した。提供開始時の料金プランは、1000万レコードプランの月額利用料金は2万円(税別)のみで、5月に料金プランを追加する。

[10:14 4/7]

【特別企画】NTTデータはどのように調達コスト削減を実現したのか - データ分析実践セミナー

2016年12月14日に開催された「データ分析実践セミナー」。その第二弾が、2017年3月3日に東京都新宿区にて開催された。満員御礼となった今回は、さまざまな事例と共に、昨今大きな話題となっているセルフサービスBIについての講演が行われた。

[08:00 3/23]

米Cloudera、データサイエンス業務に向けた新セルフサービスツール

米Clouderaは3月14日(現地時間)、Cloudera Enterprise上のデータサイエンス業務に向けた、新セルフサービスツールである「Cloudera Data Science Workbench」(現在はβ版)を発表した。

[15:40 3/21]

エルテスら、従業員の行動情報を可視化する「AI Activity Analytics」

エルテスは2月28日、レイ・フロンティアと共同で、AIを使った位置情報や行動情報分析から企業の生産性の分析を行なう「AI Activity Analytics」の提供を開始すると発表した。

[15:11 2/28]

NSSOL、AIでJリーグの年間入場者数予測モデル開発 - 誤差は約0.5%

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は2月16日、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)向けに、過去の入場者数などの各種データを基にAIの一種である機械学習を活用することによって、年間入場者数の誤差が少ない予測モデルを開発したと発表した。

[09:46 2/17]

SAPジャパン、分析機能を強化した「SAP HANA Vora」の最新版

SAPジャパンは1月31日、Hadoop向けインメモリクエリエンジン「SAP HANA Vora」の最新版を提供開始すると発表した。最新版では、ビッグデータ環境でもデータを移動することなく、分析機能を利用可能になった。

[10:00 2/1]

アシスト、BI基盤「WebFOCUS TurboV」にAWSを組み合わせた新サービス

アシストは1月23日、BIプラットフォームと分析用データベースをオールインワンで提供する「WebFOCUS TurboV」にアマゾン ウェブ サービス(AWS)を組み合わせた新サービス「アシストTシャツモデル for WebFOCUS TurboV」を提供開始すると発表した。

[09:40 1/24]

エンプラ向けプラットフォーム戦略を加速-クリックテック 藤堂マネージャー

2017年の年頭にあたり、クリックテック・ジャパンのカントリージェネラルマネージャーを務める藤堂正憲氏が年頭所感を発表した。

[10:29 1/6]

初詣、混雑を避けるなら三が日のいつがいい? 位置情報データから分析

インテージは12月27日、ドコモ・インサイトマーケティングが提供する「モバイル空間統計」のデータを用いて分析した、 2016年の元日から3日における明治神宮・浅草寺の滞在者の傾向を発表した。

[08:00 12/31]

スマートインサイトら、Mμgen/SMART InSight G2の対応データソースを拡大

スマートインサイトとCData Software Japanは10月24日、スマートインサイトの仮想データ統合アプリケーション「Mμgen」および、サーチアプリケーション「SMART/InSight G2」製品への、CDataのデータ接続ドライバーのOEM提供を発表した。2017年1月より提供開始する。

[19:24 10/24]

東芝、ビッグデータ可視化プラットフォーム「Polyspector」を開発

東芝は10月17日、数億件のデータをインタラクティブに視点を変えながら可視化できるビッグデータ可視化プラットフォーム「Polyspector」を開発したと発表した。

[11:29 10/18]

JBCCとクリエーションライン、Apache Sparkによるデータ解析サービスを提供

JBCCとクリエーションラインは10月17日、運用付きクラウドサービス「俺のクラウド」において、「Apache Spark」を活用したデータ解析サービスを提供すると発表した。

[17:51 10/17]

NECソリューションイノベータ、データ分析でブドウの収穫予測を自動判定

NECソリューションイノベータは9月28日、香川県農業試験場の府中果樹研究所とともに実施している高級ブドウ生産支援技術の研究において、データ分析による収穫予測の自動判定を行ったと発表した。

[12:16 9/29]

月間680億PVのYahoo!JAPANを支えるビックデータ分析基盤とは - TERADATA PARTNERS 2016

Yahoo! JAPAN(ヤフー)は9月13日(現地時間)、米国カリフォルニア州アトランタで開催されたTeradataユーザグループ主催の年次カンファレンス「TERADATA PARTNERS CONFERENCE 2016」にて、自社で取り組むデータ活用事例について紹介した。

[15:24 9/21]

電通ら、訪日外国人の行動データ分析ソリューション「いいデータ」提供

電通は7月7日、ブログウォッチャー、ナビタイムジャパン、ジョルテと協業し、訪日外国人の行動データに基づく分析ソリューション「いいデータ」(Inbound Infographic Data)を8月上旬より提供すると発表した。

[09:28 7/8]

Apache OODT 1.0登場

Apache Software Foundationは6月29日(米国時間)、「The Apache Software Foundation Announces Apache® OODT™ v1.0 : The Apache Software Foundation Blog」において、「Apache OODT v1.0」の公開を伝えた。「Apache OODT」はビッグデータ処理のためのミドルウェア・メタデータ・フレームワークで、さまざまな形式の異なるデータを統合して分析可能にする機能を提供する。

[20:00 6/30]

Apache Bahir、トップレベルプロジェクトへ - ビッグデータ処理を強化

Apache Software Foundationは6月29日(米国時間)、「The Apache Software Foundation Announces Apache Bahir as a Top-Level Project : The Apache Software Foundation Blog」において、「Apache Bahir」がインキュベータから卒業してトップレベルプロジェクトになったと伝えた。分散分析プラットフォーム向けのエクステンションプラットフォームが広く利用できるようになったことを意味している。

[17:59 6/30]

東芝、OSSを活用したビッグデータの収集・蓄積・分析サービスを開始

東芝 インダストリアルICTソリューションは6月28日、ビッグデータの収集・蓄積・分析までをワンストップで提供する新サービス「GridData Analytics Cloud」の販売を開始した。価格は1カ月10億レコードまでの収集・蓄積・分析(Apache Sparkによるバッチ分析/アドホック分析)のスタンダードプランで月額35万円(税別)~。

[17:00 6/28]

データ分析 バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2013年

このキーワードについて (企業IT>マーケティング>データ分析)

データ分析 トップへ
データの分析に関する情報を集約しました。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事