【連載】

鉄道トリビア

    杉山淳一  [2016/05/28]
    • <<
    • <

    1/18

    目次

    • 第356回

      ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である

      ひたちなか海浜鉄道湊線は、茨城県ひたちなか市を走るローカル鉄道だ。JR常磐線の勝田駅と太平洋岸の阿字ヶ浦駅を結ぶ14.3kmの路線である。さらに線路を延伸し、国営ひたち海浜公園までの3.1kmを整備する計画がある。じつは、ひたちなか海浜鉄道はもっと長大な路線の一部であり、世界の人々が利用しているという。

      [2016/5/28]
    • 第355回

      乗り物酔いする乗客のため、エチケット袋を備えた特急列車がある

      エチケット袋といえば、乗り物酔いで気分が悪くなったときに使うもの。飛行機やバスの座席のポケットに常備されている紙袋だ。日本の航空業界では「吐袋」ともいうそうで、列車ではあまり見かけない備品である。しかし、日本では唯一、エチケット袋を備えた列車がある。

      [2016/5/21]
    • 第354回

      京王線、おとな130円区間のこども運賃は「140円の半額」だった

      きっぷの自動券売機で「おとな」「こども」の組み合わせで同時に購入できる機種がある。京王線で「おとな1枚、こども1枚」の130円区間のきっぷを買ったら、こどものきっぷだけ「140円区間(小)マーク付き」で出てきた。どうしておとなと同じ「130円(小)マーク付き」ではないのか。京王電鉄に聞いてみた。

      [2016/5/14]
    • 第353回

      淡路島に鉄道があった - 電車も走っていた

      南海電鉄の汐見橋駅といえば高野線の起点で、現在は通称「汐見橋線」の始発駅として知られている。この駅の改札口の頭上に、昭和30年代の古い路線図が掲げられていた。残念ながら3月1日に撤去、廃棄されてしまったけれど、そこには淡路島の鉄道路線も描かれていた。

      [2016/5/7]
    • 第352回

      JR相模線を建設した会社は相模鉄道だった

      相模鉄道は関東の大手私鉄だ。横浜~海老名間を結ぶ本線と、途中の二俣川駅から湘南台駅までのいずみ野線を運行する。しかし、この会社の発祥となった路線は、現在のJR東日本の相模線だった。ほぼ並行しているからライバルかと思ったら、同じ会社だった時代もある。どうしてこうなった!?

      [2016/4/30]
    • 第351回

      世界最長のロープウェーは全長6,293m、どこにあるかというと…

      神奈川県の箱根ロープウェイが4月23日12時から姥子~大涌谷間の運行を再開する。箱根ロープウェイは大涌谷駅で乗換えが必要とはいえ、路線全体では4,005mもある。日本最長のロープウェーだ。しかし、海外にはもっと長距離のロープウェーがある。

      [2016/4/23]
    • 第350回

      新幹線は地震発生から約3.6秒で非常ブレーキを作動させる

      4月14日夜に発生した熊本地震で、九州新幹線の回送列車が脱線した。地震による新幹線の脱線は2004年の中越地震から数えて2回目。今回も脱線したとはいえ、転覆はしなかった。しかし、注目すべきは回送列車ではなく営業列車のほうだ。他の列車は地震発生で自動的に緊急ブレーキを作動させていた。

      [2016/4/16]
    • 第349回

      アルファベット3文字で「K.T.R.」「T.K.K.」「OER」これ、なーんだ?

      国内外の地下鉄などで採用している「駅ナンバリング」。ついに鉄道業界最大手のJR東日本も首都圏で採用する。主要乗換駅には空港のようなアルファベット3文字の「スリーレターコード」を採用するという。ところで、首都圏の大手私鉄でもアルファベット3文字を車体に記していた。いったいどんな意味だったのだろうか。

      [2016/4/9]
    • 第348回

      道南いさりび鉄道の各駅を結ぶと北斗七星になる!?

      北海道新幹線が開業し、並行在来線だった江差線が道南いさりび鉄道として新たなスタートを切った。5月から運行開始する観光列車「ながまれ海峡号」の予約も順調だ。その道南いさりび鉄道にはもうひとつ、ロマンチックなエピソードがある。なんと、路線の形が「北斗七星」そっくりだという。まさか……!

      [2016/4/2]
    • 第347回

      青函トンネル開通時に消えた「幻の並行在来線」があった

      2016年3月26日、北海道新幹線が開業し、同時に並行在来線の第三セクター鉄道、道南いさりび鉄道も開業した。新幹線が開業すると並行在来線はJRから切り離される。じつは、いまから28年前、新幹線になる前提で建設された海峡線が開業するときも、並行する在来線が姿を消した。いわば「幻の並行在来線」だ。

      [2016/3/26]
    • 第346回

      北海道新幹線の計画上の終点は札幌駅ではなく、旭川駅である

      北海道新幹線がついに開業する。新青森~新函館北斗間の約149kmを約1時間で結ぶ。函館周辺では開業に向けて期待が高まっているようだ。しかし、北海道新幹線のゴール(終点)は新函館北斗駅ではない。札幌駅まで建設工事が始まっている。そして計画上の終点はもっと先、旭川駅だ。

      [2016/3/20]
    • 第345回

      JR九州が九州新幹線800系の仕様を変更した「やさしい」理由とは?

      九州新幹線鹿児島ルートが全通して5周年を迎えた。JR九州はお得なきっぷなど記念キャンペーン企画を実施中だ。ところで、九州新幹線800系は全線開業をきっかけに一部仕様が変わり、先行投入された6編成も新仕様に合わせて改造された。その理由は「ひとりでも多くの命を救うため」だった。

      [2016/3/12]
    • 第344回

      特急「サンダーバード」と特急「雷鳥」、列車名の由来は別の鳥

      2016年3月のダイヤ改正で、JR西日本は大阪と北陸を結ぶ特急「サンダーバード」を1往復増発する。特急「サンダーバード」は、かつて同区間を走った特急「雷鳥」のグレードアップ版だ。「雷鳥」を英語にしたと思っている人も多いと思う。じつは列車名の由来となった「雷鳥」と「サンバーバード」は同じ鳥ではない。

      [2016/3/5]
    • 第343回

      吾妻線万座・鹿沢口駅は、JRグループで唯一●●な駅

      2016年3月のJRグループダイヤ改正で、特急「草津」の運行区間が短縮される。現在は上野駅と吾妻線の万座・鹿沢口駅を結ぶ。ダイヤ改正後は長野原草津口駅までとなり、万座・鹿沢口駅に特急列車は来ない。その万座・鹿沢口駅は、JRグループでここだけの珍しい駅。この文の中にヒントがある。お気づきだろうか?

      [2016/2/27]
    • 第342回

      北海道新幹線開業後も新函館北斗駅に停まらない普通列車がある

      新幹線停車駅は地域の中で最も重要な駅だ。北海道新幹線新函館北斗駅もそのひとつ。現在は函館本線渡島大野駅で、快速列車も通過するような小さな駅。北海道新幹線開業後は函館本線の特急列車をはじめ、全列車が停まる……と思ったら、なんとこの駅を避けて走る普通列車もある。なぜだろう?

      [2016/2/20]
    • 第341回

      東海道本線に、旅客列車が1日11本しか走らない謎の線路がある

      2016年3月26日のダイヤ改正で「大阪しなの」が廃止される。「大阪しなの」とは、L特急「ワイドビューしなの」(大阪・名古屋~長野間)のうち、大阪駅へ乗り入れる列車の通称で、現在は1往復のみ。この「大阪しなの」の走行区間に珍しい線路がある。旅客列車が1日11本、しかも下り列車しか走らない謎の線路だ。

      [2016/2/13]
    • 第340回

      特急「スーパー白鳥」の「スーパー●●」どんな意味?

      2016年3月ダイヤ改正で消える列車といえば、新青森~函館間を結んだ特急「スーパー白鳥」「白鳥」だ。どちらも停車駅・所要時間ともに共通で、違いは使用車両にある。ところで、「スーパー●●」という列車名は他の地域にもあるけれど、どんな法則で付けられているだろうか?

      [2016/2/6]
    • 第339回

      東北本線・高崎線の分岐駅は、大宮駅ではなかったかもしれない

      東北本線の起点は東京駅、かつての終点は青森駅、現在は盛岡駅となっている。高崎線の起点は大宮駅で、終点は高崎駅だ。東北本線と高崎線は大宮駅で分岐している。しかし、歴史を辿ると、熊谷駅で分岐する案も有力だったという。

      [2016/1/30]
    • 第338回

      6年半の不通から復旧する名松線、路線名に隠された建設計画

      鉄道路線の名前にはいくつかパターンがある。よく見かける事例としては「起点と終点の駅名(地名)の文字をつなぐ」だ。2016年3月のダイヤ改正で全線復旧する「名松線」もそのひとつ。しかし「松」は松坂駅があるけれど「名」にあたる駅がない。さて、「名松線」の「名」はどの駅だろう。

      [2016/1/23]
    • 第337回

      JR北海道の駅が北海道以外の場所にもある

      JR九州の駅はすべて九州島内にある。JR四国の駅はすべて四国島内にある。しかし、JR北海道の駅はすべて北海道内ではない。青函トンネルの向こう側、青森県に1駅だけ、JR北海道が所有、管轄する駅がある。相手の陣地の中の飛び地。珍しい駅だ。

      [2016/1/16]
    • <<
    • <

    1/18

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    松本人志、女子大生刺傷事件に心痛「僕らタレントはファンを選べない」
    [12:54 5/29] エンタメ
    田中みな実、最後のキスは「半年以上前」- 壇蜜は「去年サラリーマンと」
    [12:41 5/29] エンタメ
    松本人志、サラリーマン川柳の結果に不満爆発!「決めたやつのセンス疑う」
    [12:17 5/29] エンタメ
    【コラム】ジュエリースナップ 第339回 相澤恵美子さん
    [12:00 5/29] ライフスタイル
    [今週のとと姉ちゃん]第9週「常子、初任給をもらう」 職場のいじめ?と星野の恋心 三女美子に杉咲花登場
    [12:00 5/29] エンタメ

    特別企画 PR