【連載】

プログラミングいちねんせい! ~IchigoJamでロボットを動かそう~

1 今、プログラミングが注目されているワケ

  • <<
  • <

1/14

はじめまして。Programming Club Network : PCNの原です。僕達は、「すべての子供達にプログラミングを学ぶ機会を」を目的として活動を行っている非営利団体です。2014年に福井県からスタートした活動は、全国・海外20以上の地域・海外へと広がっています。

IchigoJamは、子供の手のひらに載るほど小さなパソコンです

この連載では、僕達が子供向けワークショップでよく使っているIchigoJamというパソコンを使って、ロボットの「paprika」ちゃんをプログラムで動かしちゃおう!という内容を紹介したいと思います。

画面中央にある茶色の段ボール製ロボットが「paprika」ちゃん。IchigoJamでこの子を動かすのがこの連載のゴールです!

初めての子でも、体験してもらえれば笑顔になれる。そんな楽しさを届けられればと思います。

なぜ今?プログラミング

いま、ニュースなどでも頻繁にとりあげられている「プログラミング」。もう40年以上も前からある技術ですが、2015年頃から、その重要性が取り上げられることが増えました。それはなぜでしょうか?皆さんの身の回りを見渡してみると答えが出るかもしれません。

今、台所に立っているとして、周りにある家電・モノをあげてみてください。電子レンジや冷蔵庫、また今この記事を読んだり、献立を探したりできるスマートフォン等と、一昔前よりも賢く便利なモノが増えていませんか?

今や当たり前になった冷蔵庫やスマートフォン

実は、これらの中にはコンピューターが入っています。コンピューターというのは、いわゆるパソコンです。いつの間にか、コンピューターに取り囲まれる生活に変わっているのです。

これらのコンピューターに仕事をしてもらう為のベストな方法が、プログラミング(プログラム + ing)というわけです。プログラミングは、コンピューターへの仕事のお願い集であるプログラムを作ることを指します。

ということは、なぜ今、プログラミングが注目されているのかというと、「プログラミングで仕事がお願いできるコンピューターが、身の回りに溢れているから」と言えそうです。

これまでは学ぶ機会が少なかったプログラミングですが、今やコンピューターが身の回りに溢れているのだから、理解してうまく活用できるように学ぼう、というのが最近の動向です。

コンピューターって、何が得意?

では、なぜこんなにコンピューターが使われているのでしょうか?人よりも得意な何かがあるからでしょうね。

人間と会話をしてくれる冷蔵庫…はありませんから、会話は得意ではないようです。たまーに文字を表示してくれるパソコン…もないですから、あいまいな事は苦手なようです。友達の電話番号を忘れてしまうスマートフォン…も困りますし、そんな忘れっぽいスマホはありませんね。

答えは、コンピューターは計算と、繰り返し、そして情報管理が得意です。

コンピューターは、計算を繰り返すのが得意なんです

コンピューターは、計算がどのくらい得意なのでしょう?1秒でできる計算の数で競争してみましょう。制限時間は1秒で、次の問題をといてみてください。100+345, 5890-3299, 323 x 573 , 1200/60...。

せーの…、3個できた人はすごい!僕は1個できたかどうか怪しいぐらいです。かたや、コンピューター※1 は、この1秒の間に、同じような問題を5,000万個ぐらい計算できます。僕たちの5,000万倍!!もう、早すぎて想像がつきませんね。(※1 : IchigoJamのメイン部品 (LPC1114 / 約100円程度で販売)の場合)

次に、繰り返し。例えば電子レンジは60度と設定すれば、常に同じ温度に温めてくれます。これは、内部のコンピューターが温度センサーなどを使って、常にチェックしてくれているからです。人間が「コンロでスープを60度に温めて」と言われても、1回ならともかく、10回、20回繰り返すとなると、ちょっと手を抜きたくなっちゃいますよね。なるほど、コンピューターにはかないません。

最後に情報管理です。お持ちのスマートフォン。これは、かなり高性能ですよ。あなたの電話帳には何件の情報が登録されていますか?SNSでは何通のメッセージが保存されていますか?ぱっと数をいえる人は、ほぼいないと思います。人間が思い出せないぐらいの量の情報が保存されているのです。

また、覚えているだけではなく調べるのも早いです。「山田さんの電話番号は?」とお願いすれば、大量の情報の中から瞬時に検索して教えてくれます。これらはすべて、内部のコンピューターが情報管理をしてくれているので、実現できていることなのです。

ここまで書くとコンピューターはなんでもすごい!と思えてくるかもしれません。でも大事なポイントとして、紹介した3つ(計算、繰り返し、情報管理)の他は、コンピューターの苦手分野だったりします。コンピューターは、何でもできる万能選手ではないのですね。うまく得意な事を見つけてあげて、上手に仕事をお願いできる関係になることが大切です。

プログラミングを体験してみよう!

さて、こんなに計算が得意なコンピューター。仲良くなって、お仕事をお願いしない手はありません。

どうすると仲良くなれるでしょう?言葉を交わすのが一番ですので、ここで登場するのがプログラミング。コンピューターに仕事をお願いするためには、お願いの集まりであるプログラムをつくれば一番話が早い。日本語で話すよりも、簡潔に伝えられます。

さあ、書いてみましょう。…え、難しそう?そんなことはないですよ。引き算の答えを教えてほしい時には、これ一行だけ。

PRINT 5890-3299

そのあと「改行(Enter)キー」を押せば、すぐに答えとともにOKの返事をしてくれます。答えは 2591でした。4桁の計算でも、一瞬です!

PRINTを使った引き算プログラム

引き算の答え

「PRINT」 は 表示してね、という命令。「5890-3299」は、算数の引き算の式です。合わせて「引き算:5890-3299を計算して、答えを表示して」という短いプログラムになっています。簡単な英単語と算数の組み合わせですね。

一般的に、英語で日常会話をするには2000語ぐらいの単語が必要と言われますが、この連載であつかう IchigoJam のプログラムに使う命令は、全部で100語程度!とっても少ないです。でも組み合わせによって、テレビゲームも作れるし、この連載のゴールであるロボットのPaprikaも動かせちゃうのです。ゲームもロボットも、同じプログラミングで出来ちゃうのは面白いですよ。

挑戦してみよう

・家の中で、コンピューターが入っているものを5つ探してみよう

まとめ

・身の回りには、コンピューターがたくさん仕事をしている
・プログラミングを覚えると、コンピューターと友達になれる
・コンピューターの得意な事:計算、繰り返し、情報管理。万能選手じゃないので、得意な事を上手にお願いしよう

  • <<
  • <

1/14

インデックス

連載目次
第14回 「paprika」を改造して「目」をつけよう(後編)
第13回 「paprika」を改造して「目」をつけよう(前編)
第12回 ロボット「paprika」を組み立てよう(5)
第11回 ロボット「paprika」を組み立てよう(4)
第10回 ロボット「paprika」を組み立てよう(3)
第9回 ロボット「paprika」を組み立てよう(2)
第8回 ロボット「paprika」を組み立てよう(1)
第7回 ゲームを作ってみよう
第6回 IchigoJamで「無限Lチカ」をやってみよう
第5回 IchigoJamで光と音をあやつろう
第4回 IchigoJamではじめてのプログラミング
第3回 IchigoJamを買いに行こう
第2回 IchigoJamでプログラミングする準備をしよう
第1回 今、プログラミングが注目されているワケ

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事