【連載】

Google世代の整理術「デジタル情報整理ハックス」

32 PDFファイルは開きたくない

32/54

資料を調べるとき、特にインターネットで情報を探す場合には、スピードが大切な要素になってきます。しかし、動作の重いソフトを敬遠していると、うっかり大事な情報を見逃してしまう可能性もあります。今回はPDFファイルを素早く読むためのハックを紹介します。

よくある問題:「立ち読み」するには動作が遅い

特に、学術系の論文をインターネットで検索していると、PDFファイルという悩みにぶつかります。すごいときには、上から下までPDFなどということもあって、見ただけでうんざりします。

見ただけでうんざりしてしまう理由はもちろん、HTMLファイルに比べれば、開くのにどうしても時間がかかってしまうからです。私自身はそれほどせっかちな性格ではないつもりですが、どうしたわけかネット検索中はかなりせっかちになってしまいます。できることなら、腕時計も砂時計もまったく見ずに済ませたいと思ってしまうのです。

一方で、PDFファイルには、有益な情報が詰まっていることが少なくありません。最近はネット上に、雑誌を購読していなければ手に入らないような論文まで、全文PDFファイルで入手できたりして便利なのですが、全文掲載のファイルはたいてい有料のため、とりあえず無料で読める分を次々に開いて、「立ち読み」したいと思うのは当然です。ところがその「立ち読み」に妙に時間がかかってしまう。まとめてダウンロードして、ローカルで読んでいくという手もありますが(これまでそうしていたことがほとんどでした)、ブラウザを開きながら、検索作業の中で「チラ見」できるのであれば、その方がやはり便利です。

ライフハックス「Foxit Reader」を使ってみる

このような問題に対応するために、PDFファイルを「素早く開く」ことを可能にしたソフトがいくつか存在します。今回はそれらの中で、筆者が愛用しているFoxit Readerというソフトを紹介しましょう。

なお、このソフトはFirefoxプラグインが用意されています。ですので、Firefoxブラウザ内でPDFファイルを読むことが可能です。

このソフトは、いわばアドビ社の「Adobe Reader」の代替えソフトと考えればいいでしょう。「本家」に比べれば、いくつかの機能制限があったり、何よりユーザーインタフェースが違ってしまいますが、ファイルを開くのは確かに早く、PDFファイルを開こうという気になります。

また、最近バージョンアップされたので、これまで不可能だったことも大分できるようになりました。

個人的に特にありがたいと思ったバージョンアップのポイントは、

・添付パネル
・サムネールパネル

の2つのパネルが追加されたことです。これは言葉で説明すると煩雑になる上に、利用すれば直感的にすぐにわかるものなので、詳しい説明は省かせていただきますが、簡単に言うとPDF文書に添付された全文書がリスト化されていることと、PDFページのサムネイル表示ができるようになっているということです。

このような機能がないころからこのフリーソフトをずっと使い続けていたのですが、もちろんあった方が便利です。検索ワードから検索するのが、デジタル文書では当然のやり方ですが、アナログと同じように、目で見て探した方が早いこともあるからです。特にWindows Vistaを使ってみたり、自分自身でもMacユーザーになってみたりすると、「サムネイル」というものの有用性がよくわかるようになりました。

もちろんこのソフトの最大のメリットは、その軽快な挙動にあります。クリックしてから開くまでにかかる時間が、単純に短く、開いてからの動作も、やはり比較的なめらかです。 そして、そのことがもたらす心理的な効果が、何と言っても大なのです。つまり、PDFファイルを敬遠しなくなるということです。

PDFファイルを敬遠するということは、該当する情報にたどり着いても、それをチェックせずに済ませようとする、ということになります。他の情報を見ればすむなら、PDFは開きたくないのです。しかし、Googleの学術論文検索は便利ですし、学術論文は通常、PDFファイル形式です。これを全部無視するというのは、どう考えても賢明ではありません。こういったジレンマを感じる中で、「Foxit Reader」のようなツールは、とてもありがたいサービスです。

まとめ

ネット上の長文情報を、PDFファイルという形で提供されることは、最近になって定着してきましたが、個人的にはかなり抵抗の感じるやり方でした。何と言ってもやはり、表示されるまで時間がかかりすぎると思っていたからです。それに、まるで「紙のような体裁」をとってはいますが、PCのディスプレイで読むことに違いはありませんから、目が疲れることもあるわけです。ちょっとした記事をさっと読んでしまうのとは異なり、十分な長さの論文ともなれば、読み終わる頃には肩がこわばってしまいます。

結局それを避けるためには紙に打ち出す、という流れになってしまうのですが、明らかに雑誌をスキャンして作成されたようなPDFファイルを、ダウンロードしてプリントアウトするというのは、なんだか釈然としません。もっともこれは、気持ちだけの問題とも言えますが。

最終的にはやはり、目に優しい「紙のような電子ペーパー」の普及が待たれます。当面は、検索を駆使して該当箇所を見つけ、それをなるべく素早くチェックして、「これ!」と思ったものだけを印刷する、というやり方が現実的なようです。

32/54

インデックス

連載目次
第54回 書評をコツコツ書き貯める
第53回 ブラウザで進捗管理
第52回 スキャンした雑誌・書籍の全文検索
第51回 異なる環境で同じブックマークを使う
第50回 電車の乗り換え情報をアレンジする
第49回 ブラウザのタブを整理する
第48回 電子ファイリングで雑誌をデジタル化する
第47回 DailyFeedでまとめてしまう
第46回 そこで忘れずにこれをする
第45回 タスク情報を整理する
第44回 Twitterの情報を整理する
第43回 情報と情報源
第42回 メールの整理を難しくする「心理」を納得させるテクニック
第41回 「Googleデスクトップ」でEVERNOTEのデータも検索してしまう
第40回 すぐに未読であふれるRSSリーダーをどうするか
第39回 EVERNOTEの階層式タグを使う
第38回 Webサイトの記事を一気に読む
第37回 情報整理と文書作成をひとつのツールで
第36回 EVERNOTEとGmailを組み合わせて強力な検索機能を使う
第35回 異なるブラウザでブックマークを同期する
第34回 フォルダ+タグの使い方の一例
第33回 紙copiNetで一気に大量にチェックする
第32回 PDFファイルは開きたくない
第31回 「情報ノート」をタスクリストとしても使いたい
第30回 あれとあれが一緒になれば
第29回 本で得た知識をまとめたい
第28回 IT時代の記憶術
第27回 中途でやめたサービスのデータは…
第26回 情報からアイデアを発想する
第25回 活用したいと思った情報を必ず活用する方法
第24回 ぼんやりした記憶を頼りに検索する
第23回 「とりあえずとって」おきたくなる原因
第22回 書籍もタグで管理する
第21回 「どうしてもとっておきたいエントリ」はどうするか?
第20回 よくある問題 ブックマークはもちろんしています
第19回 大事な情報に限って出てこない
第18回 連絡先情報をどうするか?
第17回 よくある問題 取っておいても読むチャンスがない
第16回 文字情報をとにかく貯めておく
第15回 英語サイトから情報を!
第14回 分類のされかたを研究する
第13回 ネットで気になる情報。とりあえずどうする?
第12回 タグ自体はどう整理する?
第11回 趣味で文具を買っていませんか?
第10回 情報は回遊させる
第9回 大事な情報はトスアップする
第8回 情報の一元化は超難題
第7回 よくある問題 メールの整理ができない!
第6回 ブックマークを同期する
第5回 よくある問題 RSSリーダーの中の大事な情報
第4回 「仕事用資料」の埋没を防ぐには
第3回 よくある問題 情報のタスク化
第2回 よくある問題 [あとで読む]でも読まなくなる
第1回 よくある問題「タグ」を扱う難しさ

もっと見る



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報