【連載】

基礎から応用まで~Gmail効率アップのための必須テクニック~

36 もうマウスは不要! 初歩から応用までショートカットキー徹底紹介

 

36/41

Gmailには、キーボードを使って各種操作を実行できるショートカットキーが用意されている。その種類は多彩で、ほとんどの操作をキーボードだけで行うこともできるので、「メールを処理する時間を少しでも短縮したい」という人は、ぜひショートカットキーの使い方を覚えておくとよいだろう。今回は、ショートカットキーを紹介する。

常に有効なショートカットキー

まずは、設定を変更せずに使える、使い勝手のよいショートカットキーを紹介しておこう。Gmailは上下左右の「矢印」キーと「Enter」キーを使って、メールを自由に閲覧することが可能となっている。具体的な例を示しながら説明していこう。

ブラウザでGmailの画面を開いたら「←」キーを押す。すると、「受信トレイ」の背景が薄いグレーで表示されるようになる。これは「受信トレイ」にカーソルがある状態となる。

「←」キーを押すと、カーソルが「受信トレイ」に移動する

この状態で「↓」キーまたは「↑」キーを押すと、カーソルが上下に移動し、好きなトレイ(ラベル)を選択することが可能となる。その後「Enter」キーを押すと、選択中のトレイ(ラベル)に分類されているメールを一覧表示できる。

「↓」キーを押してカーソルを移動し、「Enter」キーを押すと

そのトレイ(ラベル)を開くことができる

このように、キーボードだけを使って好きなトレイ(ラベル)を開くことも可能だ。また、この操作を行った直後は、カーソルが「メールの一覧」へ移動する仕組みになっている。

「メールの一覧」へ移動したカーソル

この状態で「↓」キーまたは「↑」キーを押してカーソルを上下に移動し、「Enter」キーを押すと、そのメールを開くことができる。

「↓」キーを押してメールを選択し、「Enter」キーを押すと

そのメールを開くことができる

つまり、上下左右の「矢印」キーと「Enter」キーだけで好きなメールを閲覧できるわけだ。メールの閲覧を終えた後は、「←」キーを押して元のトレイ(ラベル)にカーソルを戻し、再び「Enter」キーを押してメールの一覧に戻ることも可能だ。

表示されたメールが、返信メールをまとめたスレッドであった場合は、「N」キーまたは「P」キーを押すと、前後のメールへカーソルを移動することができる。もちろん、この場合も「Enter」キーを押して、そのメールを開くことが可能である。

スレッド内のメールは「P」キーと「N」キーで選択する

そのほか、メールの作成中に使用できるショートカットキーも用意されている。あまり使用頻度は高くないが、念のため覚えておくとよいだろう。

キーボードの組み合わせ 動作
「Ctrl」+「Shift」+「C」キー 作成中のメールにCCの入力欄を追加する
「Ctrl」+「Shift」+「B」キー 作成中のメールにBCCの入力欄を追加する
「Ctrl」+「Enter」キー 作成中のメールを送信する

設定変更が必要なショートカットキー

先ほど紹介したショートカットキーのほかにも、Gmailには数多くのショートカットキーが用意されている。ただし、これらを使用するには設定変更が必要となる。より多くの操作をショートカットキーで行いたい場合は、以下の手順で設定を変更しておくとよい。

まずは「設定」ボタンをクリックし、「設定」を選択する。

設定画面の呼び出し

「全般」の項目が選択された状態で設定画面が開くので、画面を下へスクロールし、「キーボード ショートカット ON」を選択する。その後、最下部まで画面をスクロールし、「変更を保存」ボタンをクリックする。

キーボード ショートカットをONに設定

設定変更を保存

これですべてのショートカットキーが有効になる。以下に、代表的なショートカットキーを紹介しておくので、よく使用する操作のショートカットキーを覚えておくと重宝するだろう。

新規メールの作成

キーボードの組み合わせ 動作
「C」キー 新規メールを作成する
「D」キー 新規メールを新しいタブで作成する
「Ctrl」+「S」キー 作成中のメールを「下書き」に保存する

トレイの移動

キーボードの組み合わせ 動作
「G」→「I」キー 「受信トレイ」へ移動する
「G」→「A」キー 「すべてのメール」へ移動する
「G」→「T」キー 「送信済みメール」へ移動する
「G」→「D」キー 「下書き」へ移動する

メールの選択(チェックボックスのON/OFF)

キーボードの組み合わせ 動作
「X」キー カーソルがあるメールのチェックボックスのON/OFFを切り替える
「*」→「A」キー 全メールのチェックボックスをONにする
「*」→「N」キー 全メールのチェックボックスをOFFにする
「*」→「R」キー 「既読メール」のチェックボックスをONにする
「*」→「U」キー 「未読メール」のチェックボックスをONにする
「*」→「S」キー 「スター付きメール」のチェックボックスをONにする
「*」→「T」キー 「スターなしメール」のチェックボックスをONにする

スター、既読/未読などの操作

キーボードの組み合わせ 動作
「S」キー カーソルがあるメールに「スター」を付ける/外す
「Shift」+「I」キー チェックボックスがONのメールを「既読」にする
「Shift」+「U」キー チェックボックスがONのメールを「未読」にする
「E」キー チェックボックスがONのメールをアーカイブする※「受信トレイ」のラベルを外す

メールの閲覧中に行える操作

キーボードの組み合わせ 動作
「R」キー 返信メールを作成する
「A」キー 「全員に返信」のメールを作成する
「F」キー 転送メールを作成する

汎用的な操作

キーボードの組み合わせ 動作
「U」キー メールの一覧画面に戻る
「/」キー 検索欄にカーソルを移動する
「Esc」キー 現在の入力欄の外へカーソルを移動する※文字入力を終了し、ショートカットキーを有効にする
「Z」キー 直前の操作を取り消す※[取消]が表示される操作のみ有効

なお、これらのほかにも、Gmailには膨大な数のショートカットキーが用意されている。気になる方はGmailのヘルプも参照してみるとよいだろう。

ショートカットキーの紹介ページ https://support.google.com/mail/answer/6594

36/41

インデックス

連載目次
第41回 インターネットに接続していない環境でGmailを利用する方法
第40回 Gmailに届いたメールを別なアドレスに自動転送する
第39回 30秒以内なら取り戻せる! 誤って送ったメールを取り消す方法
第38回 使い勝手をアップするための画面表示のカスタマイズとは?
第37回 もっとGmailが好きになる!? テーマを使って見た目を一新する方法
第36回 もうマウスは不要! 初歩から応用までショートカットキー徹底紹介
第35回 大容量のファイルを送る時に便利なファイル共有メールの送信方法
第34回 25MBより大きなファイルを送る時は注意! 添付ファイルの送受信方法
第33回 別名のメールアドレス「エイリアス」とフィルタ機能で自動分類しよう
第32回 フィルタ機能で受信したメールをフラクラク自動分類
第31回 演算子を使いこなして素早く簡単にメールを検索する
第30回 検索機能を使って目的のメールをすぐに見つけ出すコツ
第29回 Gmailを使って別のメールアドレスからメールを送信
第28回 出張中などに「不在通知」で自動返信を行う
第27回 「Checker Plus for Gmail」で新着メールを通知
第26回 「デスクトップ通知」で新規メールを即座に確認
第25回 よく使う文章を「定型文」として登録して入力の手間を減らす
第24回 「署名」を登録して自分の連絡先を自動挿入する
第23回 返信メールにおける宛先と件名の変更
第22回 連絡先グループの活用
第21回 「連絡先」と「コンタクト」の管理画面を使いこなそう
第20回 連絡先の作成と編集を行う方法
第19回 自動登録は無効にできる! 連絡先の使い方あれこれ
第18回 使い方を誤ると危険!? 「全員に返信」とTo/Cc/Bccの指定
第17回 長々と続くスレッドはミュートで対応しよう
第16回 スレッド内メールの削除とスレッド表示の無効化
第15回 意外と知らない受信メールの引用とテキスト形式の指定
第14回 メールの返信とスレッド
第13回 わかりづらい機能「アーカイブ」を理解する
第12回 不要なラベルの削除と「ラベルなし」メールの検索
第11回 自作ラベルの並べ替え
第10回 自作ラベルに色を付ける
第9回 一覧に表示するラベルの指定
第8回 階層を指定してラベルを作成
第7回 「スター」の種類を増やしてメールの重要度を一目でわかるようにする
第6回 重要なメールを「スター」で区別する
第5回 メールの削除と「ゴミ箱」からの救出
第4回 Gmailにおけるラベル分類の仕組み
第3回 「受信トレイ」のラベルの使い方
第2回 ラベル指定によるメールの分類(2)
第1回 ラベル指定によるメールの分類(1)

もっと見る

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

夏ボーナス、国家公務員は平均63万円
[12:15 6/30] マネー
女性がお風呂場で入浴以外にしていること
[12:10 6/30] ヘルスケア
【連載】ミラノサローネの「若手の登竜門」に挑む 第2回 デザイナーの登竜門に挑戦!そこでぶち当たった「ミラノの壁」
[12:05 6/30] テクノロジー
「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」のトライアルα版が提供開始
[12:05 6/30] 企業IT
【連載】胎児もつらいよ! 第2回 壮大な軌跡に老けこむ……
[12:04 6/30] ライフスタイル