トランスコスモス、データサイエンスの体験型トレーニングカリキュラム

トランスコスモスと、調査・分析専門の関連会社であるトランスコスモス・アナリティクスは、独自の体験型トレーニングカリキュラム「データサイエンス・エクスペリエンスプログラム」を開発したと発表した。

このプログラムでは、AIの基礎知識や学習用データ生成方法の研修から始まり、機械学習の自動化プラットフォーム「DataRobot」を用いて、企業内の実データを活用した機械学習の実践体験を提供することで、データサイエンスのスタートアップと人材育成を支援し、「DataRobot」の活用・販売を加速させていく。

トランスコスモスでは、今春より機械学習の自動化・AIプラットフォーム「DataRobot」を全社導入し、あらゆる業務現場でAI・機械学習を有効活用する「機械学習の民主化」の実現に向けて、全国から選抜した社員にDataRobotを使いこなすための専門研修を行い、データサイエンス人材を100人育成するための取り組みを推進している。

また、DataRobot Japanのリセールパートナーとして、顧客企業における「機械学習の民主化」を支援するサービスの提供も展開している。

しかし、多くの企業ではデータサイエンス人材の不足により、思うように「機械学習の民主化」を進めることができていないのが実情で、DataRobotをはじめとしたAI活用を提案すると、社内啓発の段階からの支援を希望されることが少なくないという。

そこで、トランスコスモスでは、独自の体験型トレーニングカリキュラムである「データサイエンス・エクスペリエンスプログラム」を開発した。

同プログラムでは、AI入門ともいえる「AI・機械学習の基礎知識」の講義からはじまり、顧客企業内の実際のデータや業務課題を題材とした学習用データ生成方法のワークショップ、DataRobotを用いた機械学習による予測モデル構築の実践体験、構築したモデルのシステム実装という一連のプロセスを、約1カ月間かけて提供する。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事