KDDI、シンプル多機能でコスパ抜群のシャープ製スマホ「AQUOS sense」

KDDI、沖縄セルラーは10月11日、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS sense」の取り扱いを発表した。発売は11月上旬。端末価格は32,400円(以下すべて税込)。新規、MNP、機種変更での24回分割払いの実質負担金額は、月々675円(総額16,200円)となる。

AQUOS sense

AQUOS senseは、「長くつきあえる新スタンダード」をうたうスマートフォンだ。液晶は5.0インチのフルHD(1,080×1,920)IGZO液晶で、映像を色鮮やかに映し出す「リッチカラーテクノロジーモバイル」に対応。ユーザーが撮影した動画やYouTubeの映像をHDR画質のように色鮮やかに楽しめる「バーチャルHDR」も搭載する。メインカメラは約1,300万画素、サブカメラは約500万画素。また、「モリサワ新ゴフォント」も搭載し、スマートフォン上でも画面の日本語文字が読みやすい。IPX8の防水性能も備え、お風呂などの高温多湿な環境でも使える。

端末購入後の初期設定手順を減らし、設定が容易になった。また、リニューアルした「auメールアプリ」に対応。「フィルター表示機能」や「過去メール自動振分け機能」などが使える。フィルター表示機能によって、電話帳に登録されているアドレスのメールだけを表示したり、auからのメールだけを表示したりするメールボックスを作成できる。抽出条件を設定して自分でメールにフィルターをかけることも可能だ。

このほか主な仕様は以下の通り。

  • Android 7.1
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 430
  • 内蔵メモリ: 3GB
  • ストレージ: 32GB
  • 外部ストレージ: microSDXC(最大256GB)
  • サイズ: W72×H144×D8.6mm
  • 重量: 約148g
  • バッテリー容量: 2,700mAh
  • 対応SIM: nanoSIM
  • Wi-Fi: 対応
  • Bluetooth: 4.2
  • NFC: 対応
  • 防塵・防水: IP65/IP68
  • カラーバリエーション: ベルベットブラック、シルキーホワイト、オパールグリーン、ミスティピンク
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事