日立、7000人規模のIoT事業を統括する新会社 - HDSとPentaho統合

日立製作所は9月20日、日立グループの幅広い分野における実績をもとにデジタルソリューションを提供する新会社「Hitachi Vantara」を発足したと発表した。新会社のCEOは、日立製作所の執行役常務である大槻隆一氏が務める。

新会社は、国外でストレージの製造・販売やクラウドサービスの提供などを行ってきた米Hitachi Data Systems Corporationと、その子会社でビッグデータアナリティク スソフトウェアの開発・提供を行ってきた米Pentahoが統合し、日立が有するOT(Operational Technology)とITの強みを最大限発揮するために発足したとしている。

新会社は、HDSが提供してきたストレージなどの情報インフラやソリューション、Pentahoが提供してき たビッグデータアナリティクスの提供を引き続き行うほか、IoTプラットフォーム「Lumada」の開発を加速する。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事