LIFULL、CAICA、テックビューロが不動産情報共有の実証実験を開始

LIFULL、カイカ(CAICA)、テックビューロの3社は8月24日、ブロックチェーンを活用した不動産情報共有・利用の実証実験を3社共同で開始すると発表した。ブロックチェーンはテックビューロの「mijin」を採用する。

今回の実証実験(Proof of Concept)は、不動産情報流通における情報の一元化に対するブロックチェーン技術の有効性を確認することを目的として実施する。

具体的には、LIFULLが運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」などのデータを用い、散在している不動産情報の紐付けをブロックチェーン上で接続・共有する仕組みを構築し、その有効性を検証する。

実証実験における各社の役割は、LIFULLが「LIFULL HOME'S」の物件情報等の提供およびmijinブロックチェーン上での不動産情報共有・利用システムの実装・検証、CAICAが実証実験におけるコンサルティングおよびmijinブロックチェーンの実装支援、テックビューロがmijinブロックチェーンおよび実証実験環境の提供となっている。

実証実験の実施イメージ

実証実験において、不動産情報共有・利用におけるブロックチェーン技術の適用が有益との判断が得られた場合、複数の民間事業者間で、共同でブロックチェーン環境を運用する事を念頭に、不動産情報の共有や利活用を推進していくとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事