JVCケンウッド、次世代IoTソリューションとしてタクシー配車システム開発

JVCケンウッドは、次世代IoTソリューション事業の拡大を目指し、クラウドを活用した次世代のタクシー配車システムの開発・導入を目的に、横浜市に本社を構えるタクシー会社の三和交通と業務協働に関する覚書を締結したと発表した。

同社がまず取り組むのは、業務用無線機器とカーナビゲーションを含む表示機の一つのセンター端末(タブレットPC)への集約。そして、決済機やタクシーメーターも含めた統合システムの開発を行う。さらに、将来的には、クラウドを活用したコールセンターの新システムを開発し、センター業務の効率化をはかるとともに、顧客向けのスマートフォン配車アプリと連携させるという。

タクシーの次世代IoT配車システムの開発を進めるにあたっては、IPを活用した配車システムの導入を検討している三和交通と業務協働の覚書を締結して、三和交通が保有するタクシー業界および車両への知見や経験を融合させる。

そしてJVCケンウッドは、これらの次世代IoT配車システムの開発を三和交通が保有するタクシーでの実証実験などを経て進め、来年度より横浜や多摩、埼玉といったエリアを中心に三和交通が保有する約500台の車両に随時導入していく見込みだという。

JVCケンウッドの次世代IoTソリューション事業イメージ

なお、同社では、次世代タクシー配車システムの開発を進めるにあたり、自社のみでのサービス提供に留めず、他のメーカーやシステム会社との連携や協業、プラットフォームの提供などの機会を増やすことで、タクシー以外にも、バスやトラックなどのモビリティを中心に、さまざまな業界の発展に寄与していくとしている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事