日本語にも対応した「Microsoft Small Basic v1.3」が公開

Microsoftは2017年8月7日(現地時間)、Windowsストア上で無償公開中の「Small Basic」がバージョン1.3に更新したことを公式ブログで明らかにした。Windows 10環境であれば自由にインストールできる。

「Small Basic 1.3」。前バージョンからUIの多言語化を強化し、日本語にも対応する

Small BasicはMicrosoftが学習用プログラミング言語として2008年から公開しており、バージョン1.2は2015年10月にリリースしていた。ただし、サポート終了済みのVisual Basicと異なりオブジェクト指向などは含んでおらず、子どもや学生が基礎的なプログラミング手法を学ぶツールとして、同社は現在まで保守を続けている。

コードを実行した状態。BASICはインタプリタのため、書いたコードをそのまま確認できる

最新版ではIntelliSenseやヘルプページの統合、バグフィックスなどを含んでいるが、執筆時点ではリリースノートや、Windowsストアのバージョンメモが更新されていないため詳細は不明。近日中にバージョン1.3に対する記述が追加されると予想される。

阿久津良和(Cactus)



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事