日立製作所、出納業務を自動化するRPAを開発

日立製作所は6月22日に、AI技術を活用して出納業務における証票の読み取りから承認までの業務を自動化するロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)システムを開発したと発表した。従来人間が行っていた間接業務の自動化を行い、働き方改革に貢献するとしている。

従来の業務フローとRPA導入後の業務フローの比較

同システムはさまざまな様式の証票で文字情報を読み取ることが可能で、単語周辺に位置する別の単語や文字の関係性を分析して単語の持つ属性を識別。請求書に書かれている会社名や金額などを「株式会社」「\」などの情報から認識することができるという。

また、照合に必要な項目のセットをあらかじめ学習させることで、そのセットに合った情報を基に承認の判断をすることができるので、「宛名」や「請求者名」、「請求金額」などの情報が記載されているものについては自動で承認するといった設定ができるとのことだ。

また、自動承認されず人間による確認にまわった証票も、学習材料になるため、照合・承認作業の自動化率を向上させられるとしている。

請求書の文字情報セットから確実性を推定する

同システムを日立マネジメントパートナー(日立MP)で試験運用した結果、出納業務における証票処理の70%を自動化できることを確認したという。日立MPにおいては2017年10月から本格運用を開始する予定だ。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事