.govで使われるCMSトップはDrupal

Web Technology Surveys - W3Techs is a division of Q-Success Web-based Services

W3techsは2017年5月18日(ドイツ時間)、「Distribution of Content Management Systems among websites that use .gov」において、.govドメインを使用しているサイトにおけるCMS(Content Management System)の利用の割合を伝えた。.govは米国における政府機関や地方自治体が利用するドメイン。

公開された割合は次のとおり。

  1. Drupal 32.2%
  2. CivicEngage 19.0%
  3. WordPress 17.8%

CMSとしてはWordPressが世界中で最も広く使われていると言われている一方、DrupalはWordPressのユーザーよりもアドバンストユーザーが利用する傾向が強いと言われている。.govドメインではDrupalが32.2%と最も使われていることは、1つの傾向を示すものとして興味深い。

WordPressは全体としてのシェアも高いが、攻撃者によって脆弱性が狙われやすいプログラムでもある。いったん導入されたCMSはアップデートされずに使われることもあるが、こうしたソフトウェアは攻撃に利用されやすいことから、アップデートが提供された場合には迅速に適用することが推奨される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事