日本IBM、Watson活用したアプリケーション開発のスキルを認定する新資格

日本IBMは4月20日、IBMのテクノロジーおよびソリューションにおける全世界共通の資格制度であるIBMプロフェッショナル資格認定制度の1つとして、IBM Watsonを活用したアプリケーション開発のスキルを認定する新しい資格「IBM Watson Application Development」の日本語版による認定を開始した。

IBM Watson Application Developmentは、日本初となるWatsonに関する認定資格。人工知能の概念や特徴、機械学習技術といった基礎知識から、開発および具体的な利用ケースの知識に加え、Watsonの主要なアプリケーション・インタフェース(API)の機能や利用方法、複数のAPIを組み合わせて構成する方法など、コグニティブ・システム構築のための実践的な知識の習得を認定する。

同資格の認定試験に合格すると「IBM Certified Application Developer - Watson」の資格および、デジタルに資格情報を証明できるIBM Watsonデベロッパー認定バッジを取得できるという。

認定試験の受験要領は、日本語試験公開日が4月20日、場所が全国のピアソンVUE・テストセンター、認定レベルが中級(独力で、またはリーダーとして実施でき、深い知識を有し指導できる)、受験料が2万1600円(税込)となる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事