CTC、ビックデータでシステムパフォーマンス低下を検知する「Avail-ProE」

シーティーシー・テクノロジー(CTCテクノロジー)は10月17日、システムを監視してパフォーマンス低下の予兆を読み取り、システムの安定稼働を支援するサービス「Avail-ProE(アベイルプロイー)」の提供を開始すると発表した。

Avail-ProEは、全てのパケット、トランザクションなどの膨大なデータをモニタリングし、ビッグデータ分析することで、将来起こりうる障害や遅延の発生を検知して、原因を特定するサービス。通常の各種ハードウェアのステータス監視に加え、WANやアプリケーションのパフォーマンス最適化で実績があるリバーベッドテクノロジーのソフトウェアを活用して、ネットワークやアプリケーションのパフォーマンスを監視。エンドユーザーのサービス体感速度のわずかな低下など、ハードウェア監視だけでは把握できない予兆を検知する。

また、CTCテクノロジーの専任エンジニアが、24時間365日体制で遠隔でシステムを監視する。導入時には、顧客システムの過去のログ(動作記録)から運用状況を分析して、サービス体感速度に関連した閾値を設定し、運用開始後は継続的な閾値のチューニングにより予兆検知の精度を高めていく。

導入企業は、終日のシステム監視を行わず、障害を未然に防げるため、システム管理者の運用コストと業務負荷が軽減できるという。

パフォーマンス予兆検知イメージ

提供価格(税別)は年額1500万円から。同社では、ECサイトを含めたWebサービスや基幹系システム向けにサービスを展開し、3年間で50社への導入を目指すとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事