Apple Payの日本国内サービス開始は10月25日で確定

9月7日(米国時間)に米カリフォルニア州サンフランシスコで開催されたAppleのスペシャルイベントで「10月後半(Later October)」と予告されていたApple Payの日本国内ローンチだが、複数の関係者の証言によれば「10月25日」となるようだ。同日に「iOS 10.1」のアップデートが配信開始され、これを適用したユーザーが順次国内発行のクレジットカードや電子マネーカードを登録してサービスを利用できるようになるとみられる。

同件は、少なくとも2つの情報源が同じ日付を証言している。25日のどのタイミングかは不明だが、日本時間で25~26日のタイミングにはサービスが利用可能になるとみられる。このタイミングで配信が開始されるiOS 10.1は日本国内でのApple Payを有効にするアップデートであり、これを適用することによって日本国内で発行されたクレジットカードを登録可能になり、iDまたはQUICPayに対応した店舗での決済ができるようになる。

またSuicaを発行するJR東日本も同じタイミングでのサービス開始を目指しているとみられ、iPhone 7でSuicaを利用可能にする「Suicaアプリ」の提供も行われる。10月13日には米Apple CEOのTim Cook氏が東京を訪問し、JR東日本副会長の小縣方樹氏とともに都内JR駅の改札をiPhone 7で通過する様子をTwitterで報告している。もう間もなくで、物理的なICカードなしでの"タッチ&ゴー"をiPhone 7ユーザーが体験できるようになるだろう。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事