グレープシティ、帳票ソリューション「Elixir Report」をOLAPに対応

グレープシティは9月23日、グラフやバーコードもデザインできるというPDFデザイナとLinuxやWindowsなど複数のOSに対応するレポート・サーバを備える帳票ソリューションである「Elixir Report(エリクサー レポート)」の新バージョン「同8.7J」を、9月30日に発売すると発表した。1デザイナ・ラインセンス価格は20万円(税別)。なお、運用時には運用サーバ・ライセンスが必要。

Elixir Report新バージョンのイメージ

新バージョンではOLAPに対応、Pentaho Analysis Services(Mondrian)などのOLAPデータベースからキューブ・データを取得しチャート化できるなど、大規模ビジネス・データのレポート・ツールとしても利用の幅が広がったとしている。

また、日付データに対応するガントチャートの追加やマップチャートのレイヤー表示、エディタの機能強化などを図っているという。

なお、同製品は帳票システムの開発から運用までに必要な機能を搭載し、コンパクトなオールインワン帳票ソリューションとのこと。

マウス操作のみでPDFを視覚的にデザイン可能なことに加えて、多彩なデータソースから帳票に必要なデータを抽出・加工できるETLライクなツール、セキュアなファイル管理機能、印刷スケジュール管理機能、メール配信機能、アプリケーションから1リクエストで帳票を呼び出せるREST APIの提供などを備えるという。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事