イオンモール幕張新都心で無人運転バス「ロボット・シャトル」が運行開始

イオンは8月1日、イオンモール幕張新都心に隣接し、イオンモールが千葉市から管理の一部を委託されている豊砂公園の敷地内において、無人運転バス「Robot Shuttle(ロボット・シャトル)」の試験運転を8月11日までの期間限定で開始した。同取り組みは、「地域エコシステム」の柱の1つである「地域内の交通や移動の進化」の一環として実施するもの。

無人運転バス「ロボット・シャトル」

今回の取り組みはディー・エヌ・エー(DeNA)が仏EasyMileと提携して、車両、自動運転ソフト、保険、社会実装サポートなどをパッケージ化して提供するサービスの初導入事例となる。

試験運転は8月1日~11日の10時~17時に実施。利用料金は大人200円、こども(小学生以下)100円、2歳未満は無料となっている。なお、8月6日は花火大会のため運行を休止するほか、テスト走行の状況や天候によっては運行を休止する可能性がある。

ロボット・シャトルは仏EasyMile社が開発した自動運転車両「EZ10」を利用した交通システム。最大速度は40km/h(運行時は10~20km/h)で、定員は12名(着席6名・立席6名)。110V~230Vで充電可能なリチウムイオン電池を使用し、走行時間は最長10時間。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事