富士通、販売・会計・人事給与の3種を備えた「GLOVIA きらら」シリーズ

富士通と富士通マーケティングは4月22日、統合基幹業務アプリケーション「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart きらら(グロービアスマートキララ)」シリーズを刷新し、新たに「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら(GLOVIA きらら)」シリーズとして、5月31日より提供すると発表した。

「GLOVIA きらら」シリーズは「GLOVIA きらら 販売」「GLOVIA きらら 会計」「GLOVIA きらら 人事給与」の3製品のラインアップを取り揃えている。

同シリーズの特徴として、GLOVIA きらら 販売は日用雑貨や包装資材など主に消費財を扱う利用者向けの標準モデル(TypeI)と、機械器具や電子部品など主に生産財を扱う顧客向けの生産財卸売業向けモデル(TypeII)の2種類のラインアップが用意されている。

「GLOVIA きらら 販売」のラインナップと適応業種

生産財卸売業向けモデル(TypeII)では、受注情報と発注情報を対にして扱える受発注データの紐付け機能や長い商品コード(40桁)管理など、業界特有の機能を搭載している。

また、GLOVIA きららシリーズは業務に合わせた柔軟なカスタマイズや機能追加を行うことができ、かつ、バージョンアップもスムーズに行うことができるシステムで構成されている。

価格は、いずれも税別でGLOVIA きらら 販売のTypeIがが50万円~、TypeII(生産財卸売業向け)が65万円~、GLOVIA きらら 会計(パッケージ版)が58万円~、GLOVIA きらら 人事給与(パッケージ版)が45万円~となっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事