ドコモ、ぬいぐるみ型コミュニケーションロボ「ここくま」 - auに続き

NTTドコモ、イワヤ、バイテックグローバルエレクトロニクス、MOOREdoll Inc.は30日、共同開発したクマのぬいぐるみ型ロボット「コミュニケーションパートナー ここくま」を発表した。2016年7月の発売を予定し、価格は税別34,800円。利用するには月額のサービス利用料(価格未定)が別途必要となる。

「コミュニケーションパートナー ここくま」

「ここくま」は、スマートフォンとボイスメッセージのやり取りができるコミュニケーションロボット。両手に、1つずつボタン(録音と再生)が付いており、押すことでボイスメッセージを送受信できる。

両手両足にボタンを搭載

専用アプリから悲しみ、怒りなど「ここくま」の表情を指定することも可能

「ここくま」から送られたメッセージは、専用のスマートフォンアプリで再生可能だ。専用アプリでは、ボイスメッセージ作成のほかテキストメッセージにも対応。テキストメッセージも「ここくま」側では音声として再生される。また、足に付いている「おはなし」ボタンを押すと、天気情報や季節の話題などを話しかけてくれるという。

専用アプリイメージ

なお、前日となる29日にKDDIが同様のぬいぐるみ型ロボット「Comi Kuma」を発表しているが、発売の予定は未定となっている。

「Comi Kuma」

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事