マネーフォワード、住信SBIネット銀行のAPIを用いた公式連携を開始

マネーフォワードは3月25日、個人向け自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」シリーズ、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウド」シリーズ、住信SBIネット銀行の顧客向けサービス「マネーフォワードfor住信SBIネット銀行」において、住信SBIネット銀行が提供するAPIとの公式連携を開始したことを発表した。

「マネーフォワード」シリーズ、「MFクラウド」シリーズ、「マネーフォワードfor住信SBIネット銀行」が住信SBIネット銀行のAPIと公式連携

住信SBIネット銀行のインターネットバンキング利用者は、今回の連携により、今後はIDやパスワードを預けることなく、「マネーフォワード」や「MFクラウド」シリーズにおいて、同行の残高情報や入出金履歴などを確認することが可能となる。

なお、同APIを利用する際には、同行の認証基盤(Oauth2.0準拠)を用いて認証される仕組みとなっている。

マネーフォワードは、引き続き金融機関が提供するAPIとの公式連携を推進していく構えだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事