2015年は2-in-1タブレットが大きく飛躍も「需要が喚起しにくい状況」 - IDC

 

IDC Japanは3月15日、2015年第4四半期と2015年の国内タブレット市場出荷台数を発表した。

これによると、2015年の年間出荷台数は前年比1.5%増となる831万台となった。セグメント別では、家庭市場が前年比2.1%増の589万台、ビジネス市場が0.2%増の241万台となる。タブレットの中心市場の家庭向けでは、「タブレットの需要が喚起しにくい状況にある」(IDC)としており、スマートフォンとの競合も合わせて市場が全体として停滞したとまとめている。

特に第4四半期は、前年同期に比べ14.3%減となる222万台にとどまり、家庭市場では0.5%減の173万台、ビジネス市場に至っては42.3%減の49万台と、大幅な減少となった。なお、大幅なマイナス成長の要因としては、前年同期にあった教育市場向けの大型案件がなかったことが挙げられる。

タブレットの製品タイプ別では、いわゆる2-in-1タイプの「デタッチャブルタブレット(キーボードを付け外し可能なタイプ)」と一般的な「タブレットスレート」で、成長率が大きく異なった。出荷台数は、タブレットスレートが709万台、デタッチャブルタブレットが121万台とタブレットスレートが上回るものの、成長率ではデタッチャブルタブレットが80.0%増となり、5.5%減のタブレットスレートを抑えた。デタッチャブルタブレットは、PCの置き換え用途などがあることから、今後も同様の傾向が続くと見られる。

メーカー別の年間出荷台数シェアでは、Appleが40.9%で2位以下を大きく引き離し、1位となった。2位はHuaweiで9.2%、3位はASUSで7.1%、4位はNEC Lenovo Groupで6.6%、5位は富士通で6.1%だった。

2015年メーカー別シェア(IDC Japanリリースより)

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『少年メイド』、9/4イベントに向けた出演キャストのコメント紹介
[00:26 7/27] ホビー
「BanG Dream!」、2ndライブのタイトル決定! 2nd Sgの特典MVより追加カット
[00:06 7/27] ホビー
舞台「ダイヤのA」1&2の上映会、小澤廉ら出演のトークショー付き
[00:00 7/27] ホビー
[ガヴリールドロップアウト]「電撃だいおうじ」の人気マンガがテレビアニメ化 監督とシリーズ構成は「うまるちゃん」コンビ
[00:00 7/27] ホビー
デルが注力するのは2in1 - アルミボディで液晶360度回転の13.3型「New Inspiron 13 7000 2-in-1」
[00:00 7/27] パソコン

求人情報