Dropboxが世界5億ユーザーを達成、ユーザー間ファイル共有はのべ33億回にも

 

クラウドストレージサービスの米Dropboxは3月7日(現地時間)、グローバルで5億ユーザーを達成したと発表した。

同社は2008年にサービスを開始し、足かけ8年で5億ユーザーの到達となった。サービススタートから現在まで、ユーザー間でファイル共有が行われた回数は33億におよび、昨年1年間だけで51%の伸びを見せた。

日本でも2015年4月時点で1000万ユーザーを超えており、法人市場の開拓を目指したソフトバンク コマース&サービスら13社との提携も行っている。導入事例では、日本の電通のほか、米メディア大手のNews Corp、ホテルグループの米Hyattなどがある。

大手クラウドストレージサービスはGoogle DriveやAmazon Cloud Drive、Box、MicrosoftのOneDriveなど、プラットフォーマーと少数の独立系に絞られてきており、AmazonやGoogleは写真バックアップサービスの無制限化(解像度制限あり)などで差別化を図っている。

米Dropbox 5万ユーザー達成のインフォグラフィックス

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ゼーガペインADP』、10/15上映! 入場者特典&初日舞台挨拶情報を公開
[19:10 9/29] ホビー
小麦・卵・ナッツ類不使用! 「尾西のライスクッキーいちご味」発売
[19:03 9/29] ヘルスケア
ZOTAC、水冷システム対応のGeForce GTX 1080搭載カード - 税別約11万円前後
[19:01 9/29] パソコン
長谷川豊、テレビ大阪の報道番組降板に - ブログで「不適切な発信」
[18:51 9/29] エンタメ
南キャン山里、日本の技術に感動「"魔法"や"奇跡"が作れる」
[18:44 9/29] エンタメ