Dropboxが世界5億ユーザーを達成、ユーザー間ファイル共有はのべ33億回にも

 

クラウドストレージサービスの米Dropboxは3月7日(現地時間)、グローバルで5億ユーザーを達成したと発表した。

同社は2008年にサービスを開始し、足かけ8年で5億ユーザーの到達となった。サービススタートから現在まで、ユーザー間でファイル共有が行われた回数は33億におよび、昨年1年間だけで51%の伸びを見せた。

日本でも2015年4月時点で1000万ユーザーを超えており、法人市場の開拓を目指したソフトバンク コマース&サービスら13社との提携も行っている。導入事例では、日本の電通のほか、米メディア大手のNews Corp、ホテルグループの米Hyattなどがある。

大手クラウドストレージサービスはGoogle DriveやAmazon Cloud Drive、Box、MicrosoftのOneDriveなど、プラットフォーマーと少数の独立系に絞られてきており、AmazonやGoogleは写真バックアップサービスの無制限化(解像度制限あり)などで差別化を図っている。

米Dropbox 5万ユーザー達成のインフォグラフィックス

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】「タコ」は海峡を越えられるか!? 銀だこの中東戦略
[15:56 6/30] 経営・ビジネス
アーク、AMD Radeon RX480を搭載するゲーミングPC3とBTOオプション追加
[15:53 6/30] パソコン
レオパレス21、全国の物件にAndroid TV対応STB「Life Stick」を標準設備
[15:46 6/30] 家電
「フラット35」利用者の平均年齢は39.8歳に - 5年ぶり低下
[15:35 6/30] マネー
ボンバルディア、Cシリーズ初号機をスイスインターナショナルに納入
[15:33 6/30] 趣味