任天堂、スーファミ的デザインの「3DS LL」 - 4月に受注開始

 

任天堂は3月4日、ポータブルゲーム機「Newニンテンドー3DS LL」の新モデルとして、「スーパーファミコンエディション」を発表した。4月中旬に、任天堂のWebサイト限定で受注を開始する。価格は税込21,600円。

Newニンテンドー3DS LL スーパーファミコンエディションは、1990年発売の家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」をモチーフにデザインされたモデル。デザインと価格以外の詳細は明らかになっていない。

また、Newニンテンドー3DS向けに、スーパーファミコンのバーチャルコンソールソフトを配信開始した。現段階で「スーパーマリオワールド」「F-ZERO」「スーパードンキーコング」「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」「MOTHER2 ギーグの逆襲」をラインナップしており、ニンテンドーアカウントを持つユーザーは3月4日から3月16日まで50%引きで購入できる。配信タイトルは今後も追加予定だ。

人気記事

一覧

新着記事

日本の薬の値段は高い? 安い?? - 日本在住外国人の回答やいかに
[10:30 6/30] ヘルスケア
お小遣い平均額、中学生は月2,536円、高校生は5,114円 - 小学生は?
[10:28 6/30] マネー
エースコック、「スープはるさめ トマたま」自主回収--カゴメトマト缶使用
[10:28 6/30] ヘルスケア
オージス総研、四国電力のグループ間システム連携基盤を再構築
[10:22 6/30] 企業IT
【レポート】ラジオ再浮上に1つの可能性 - ネットとの融合は進むか
[10:18 6/30] 経営・ビジネス