ファミリーマートがコスト削減を可能とする電子契約サービス導入

新日鉄住金ソリューションズは2月29日、ファミリーマートに電子契約サービス「CONTRACTHUB@absonne(コントラクトハブ・アット・アブソンヌ)」を導入したと発表した。

ファミリーマートでは競争力強化に向けて、三大都市圏や地方大都市などを中心に年間1000店舗規模の出店を進めている。出店数の増加に伴い、施工業者や設計事務所との契約が急増し、契約の業務効率向上やコスト削減を行うとともに必要な書類を完備するといったコンプライアンスのさらなる強化が急務となっていた。

「CONTRACTHUB@absonne」の概要

そこで、契約文書を電子化することで契約業務に関わる費用の削減やペーパーレスによる業務のスピードアップ、各種法令に準拠したコンプライアンスの強化などのメリットを実現する。

これによりファミリーマートでは、契約書締結に関するリードタイムが3分の1になり、印紙代や保管コストも削減しているという。また、全国12カ所に点在している契約情報が見える化され、コンプライアンス向上にもつながるという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事