日本オラクル、経営管理レポート作成を支援するクラウドサービスを国内提供

日本オラクルは2月29日、投資家などのステークホルダーを対象にした、法定開示書類、統合報告書やCSRレポートなどの任意開示書類、および社内業績報告書の効率的な作成を支援するクラウドサービス「Oracle Enterprise Performance Reporting Cloud Service(オラクル・エンタープライズ・パフォーマンス・レポーティング・クラウド・サービス)」の国内提供を開始した。

同サービスの主な機能として、財務情報だけでなく、概況報告などの記述も含めた報告書類の作成と一元管理、複数の部門が関わる報告書作成における複雑なプロセスの可視化と承認、進捗確認と作業履歴の管理、対外法定書類および社内向け報告書の作成におけるバージョン管理、役職・役割に応じたアクセス権の付与があげられている。

同サービスは経営管理クラウドサービス「Oracle Enterprise Performance Management Cloud」の1製品となっている。予算管理クラウドサービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」やERPクラウドサービス「Oracle Enterprise Resource Planning Cloud」、オンプレミス型の経営管理アプリケーション「Oracle Hyperion」製品と連携が可能だ。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事