仏パロット、農業向けドローン用小型マルチスペクトル・センサを発表

 

仏パロットは2月22日、ドローン向けの小型マルチスペクトル・センサ「Sequoia」を発表した。

同製品は緑(500nm、帯域幅40nm)、赤(660nm、帯域幅40nm)、レッドエッジ(735nm、帯域幅10nm)、近赤外線(790nm、帯域幅40nm)という4区分のスペクトル帯で画像を記録することができる。また、64GBの内蔵メモリのほか、4つのマルチスペクトル・センサーのキャリブレーションを自動で行う光度センサも搭載している。

特に農業での利用に有効だと考えられており、ドローンと組み合わせて使用することで効果的な作物管理、生産性の向上、環境パフォーマンスの向上、収穫量の最適化、時間の節約、費用の削減などに寄与するとしている。具体的には農場の要注意エリアの特定、栄養不足状態の検出、殺虫剤の投入量の最適化などが可能になるという。

同社は「Sequoiaを通じてすべての農業従事者が『ビッグデータ』を利用できる環境を実現します。」とコメントしている。

小型マルチスペクトル・センサ「Sequoia」

Sequoiaの利用イメージ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア
2015年雇用動向、入職率が離職率を3年連続で上回る
[14:47 8/25] シゴト
あの白目も再現!?「ガラスの仮面」フェイスパックであなたもマヤと月影先生に
[14:40 8/25] ホビー