TIS、Pepper向けアプリ提供やIBM Watsonの活用提案でAI関連ビジネスを拡大

ITホールディングスグループのTISは2月19日、「Pepperパートナープログラム」において「ロボアプリパートナー」に認定されたことに加え、「IBM Watsonエコシステムプログラム」において「テクノロジーパートナー」に選定されたことを発表した。

これまでTISでは、AI関連ビジネス推進のため、機械学習や自然言語処理といったAI技術の検証・開発や関連技術を用いたソリューションの開発、PoC(Proof of Concept:概念実証)を進めており、大学とのAI技術に関する共同研究の実施など産学連携での活動も行っている。

AI活用のインタフェースとなるロボティクスの分野では、ソフトバンクロボティクスが提供する人型ロボット「Pepper」向けのカード入会案内アプリを構築。TISはこれらの実績や技術力が評価され、ソフトバンクロボティクスがPepperのロボアプリの開発者などを総合的に支援するPepperパートナープログラムにおいてロボアプリパートナーとして認定された。

また、コールセンターやユーザー向け質問応答システムの分野などで活用が期待されているIBMのコグニティブ・システム「IBM Watson」では、ソフトバンクと日本IBMが共同で展開しているIBM Watsonエコシステムプログラムにおいてテクノロジーパートナーとしても選定された。

TISでは、金融業や製造業などをターゲットにPepper向けアプリの提供とIBM Watsonのビジネス活用の提案や、AI関連技術とビッグデータ、IoT(Internet of Things)領域のソリューションを組み合わせたサービス提供を進めていく。

今後は新規ビジネス立上げの迅速化を企図する「インキュベーションセンター」でも、AI分野での社内ビジネス立ち上げ支援やAI関連子会社の創設、関連ベンチャー企業への投資などを推進・サポートし、AIビジネスの拡大を目指すという。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事