Pythonが成長傾向 - PYPLプログラミング言語ランキング

PYPL PopularitY of Programming Language Index

2016年2月の「PYPL PopularitY of Programming Language Index」が公開された。PYPLはGoogle検索エンジンにおいてプログラミング言語のチュートリアルが検索された回数から、対象となるプログラミング言語がどれだけ話題になっているかをインデックス化したもの。チュートリアルの検索回数を人気度と位置づけてランキングしている。

2016年2月におけるインデックスは次のとおり。

順位 プログラミング言語 インデックス値 推移
1 Java 24.2%
2 Python 11.9%
3 PHP 10.7%
4 C# 8.9%
5 C++ 7.6%
6 C 7.5%
7 Javascript 7.3%
8 Objective-C 5.0%
9 Swift 3.0%
10 R 2.9%
11 Matlab 2.8%
12 Ruby 2.3%
13 VisualBasic 1.8%
14 VBA 1.5%
15 Perl 1.1%
16 Scala 0.9%
17 lua 0.5% =

2月PYPL PopularitY of Programming Language Index / 円グラフ

2月PYPL PopularitY of Programming Language Index / 棒グラフ

2016年2月もPythonがシェアを増やし、PHPがシェアを減らす傾向となった。Swiftも継続してシェアを増やしている。Pythonのシェア増加とPHPのシェア減少は長期にわたり続いており、2015年にはそのシェアが逆転。PHPデベロップメントグループは昨年、PHPの最新版となるPHP 7系を発表。性能向上とメモリ使用率の改善が実現されており注目度の向上が予見されていたが、今のところシェアの増加傾向は見られない。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事