トヨタ自動車、ダイハツを8月に完全子会社化 - グローバルで小型車事業強化

 

トヨタ自動車と子会社であるダイハツ工業は1月29日、株式交換によるダイハツの完全子会社化(2016年8月予定)について合意した。今回の合意はトヨタおよびダイハツのさらなる持続的成長に向け、同一の戦略のもと小型車事業において選択と集中を進め、両ブランドにおける「もっといいクルマづくり」を進化させていくことを狙いとしている。

両社は、共通の戦略のもと技術・ノウハウや事業基盤を融合することで両ブランドの特色を活かした魅力的でグローバルに競争力のある商品を展開する。

小型車戦略ではトヨタブランド、ダイハツブランドの差別化を進め、それぞれのユーザーにとって最適な商品ラインアップを拡充する。また、ダイハツが主体となって、これまで培った現地のユーザー目線に立ったクルマづくりや、軽自動車を基盤・基点とした商品企画・技術開発のノウハウ・プロセスをさらに進化させ、小型車領域での両ブランドの商品を開発していく。

技術戦略では初期構想の段階から共有し、トヨタは環境・安全・安心・快適技術面での技術開発を進め、ダイハツはパッケージング力、低コスト技術、低燃費技術に加え、先進技術の低コスト化・コンパクト化を推進。さらに、ダイハツ独自のクルマづくりのノウハウをトヨタグループ内で共有し、上位車種でのコスト競争力にも貢献する。

事業戦略では新興国市場において、それぞれの事業基盤を活用しつつダイハツが主体となり、開発・調達・生産といったモノづくりをスピーディーかつ効率的に推進する。国内事業ではトヨタの販売のノウハウやインフラも相互活用し、ダイハツのブランド力向上と収益力の両立を図る。

今回の合意を通じ、両社は今後もそれぞれの強みを活かすマネジメントの独自性は維持しつつも戦略を共有し、一体となって高度化する技術革新やスピーディーな事業展開など難易度の高い課題に対応することで、企業価値向上に努める。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

キャセイ、ボーイング747が羽田からラストフライト--37年の歴史に幕
[17:28 10/1] 趣味
[南明奈]白の肩出しドレスでおなか&背中チラ見せ
[17:13 10/1] エンタメ
声優・福山潤が語る、最終章『亜人 -衝戟-』と中野攻 - 攻は宮野真守ありきで出来たキャラクター
[17:00 10/1] ホビー
「オルフェンズ」は「ヤバイ!!」と細谷佳正がファン目線で大興奮、そして号泣
[16:37 10/1] ホビー
劇団ひとりがコンタクト&ADの進化を講義 - 小園凌央ら2世タレントが学ぶ
[16:30 10/1] エンタメ