2015年第4四半期は「ウイルス検出の偽警告」に関する相談急増 - IPA

 

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は1月25日、2015年第4四半期(10月~12月)のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出および相談の状況を発表した。

同四半期のウイルス届出件数は564件(前四半期比約17.7%減)で、ウイルス検出数は2080個(前四半期比約44.8%減)、不正プログラム検出数は12万0019個(前四半期比約105.5%増)だった。

ウイルス届出件数の推移 資料:IPA

最も多く検出された不正プログラムは、別のウイルスを感染させようとする不正プログラムの総称である「Downloader(ダウンローダー)」で、検出数は5万7932個(前四半期比約180.5%増)で全体の約48.3%(前期 約35.4%)を占めた。2015年を通じ、Downloader の割合は第1四半期(約18.1%)、第2四半期(約22.1%)、第3四半期(約35.4%)と右肩上がりの増加を示しているという。

不正プログラム検出数の推移 資料:IPA

最も多く検出されたウイルスはW32/Virutで、前四半期の4個に比べ616個と大きく増加した。W32/Mydoomは前四半期の2069個に比べ483個と大きく減少し、W32/Netskyは2014年第4四半期以降、減少傾向が続いているという。

ウイルス検出数の推移 資料:IPA

同四半期に届出されたウイルスの種類は41種類で、検出数はWindows/DOSウイルスが1996個、スクリプトウイルス/マクロウイルスが73個、携帯端末ウイルスが11個、OSS(Open Source Software)/Linux/BSDを含むウイルスはなかった。

同四半期の不正アクセス届出件数は28件だった。被害があった届出は24件で、それらのうち原因が判明しているものは「ID・パスワード管理不備」が9件、「古いバージョン使用・パッチ未導入」が3件、「設定不備」が1件などで、計20件だった。「ID・パスワード管理不備」の全体に占める割合は前四半期と比べて20%から37.5%に増加したという。

同四半期のウイルス・不正アクセス関連の相談件数は3970件(前四半期比約8.2%増)だった。相談員による対応件数は1892件で、最も多かった相談内容は「ワンクリック請求」(679件、前四半期比 約17.7%減)だった。

増加が顕著だった相談内容として、「ウイルス検出の偽警告」(ウイルスを検出したという偽の警告画面や音声で不安をあおり、指定の番号に電話をかけさせてサポート契約やソフトウェア購入を促す手口)があげられている。相談数は57件(前四半期比 50%増)で、初めて問い合わせがあった2015年5月以降の増加が顕著だという。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】うーさん 第5回 うちぢ
[06:00 7/1] ライフスタイル
【ハウツー】富士山開山で登山シーズン到来! ルートは? 装備は? 知っておきたい事総まとめ
[05:30 7/1] 趣味
次期Androidの名称は「Android Nougat」、Nで始まるお菓子はヌガーに決定
[05:16 7/1] 家電
小野賢章は芸人でもイケる!?なすなかにし、うしろシティと明かす“今後の展望”
[05:00 7/1] エンタメ
「あんなにラブラブだったのに…」パパたちの悩みに思春期の娘の言い分は?
[05:00 7/1] エンタメ

求人情報