OpenSSHの暗号鍵が漏えいする脆弱性 - シマンテックが更新呼び掛け

 

米Symantecはこのほど、OpenSSHにおいて暗号鍵が漏えいする脆弱性があることをセキュリティブログで明かした。OpenSSHを利用する端末の管理者に早急にソフトを更新するように呼び掛けている。

OpenSSHは、ネットワーク経由での通信の安全性を高めるためのソフトウェア。暗号化にSSHプロトコル(Secure Shell)を採用しており、UbuntuやMac OS Xなど、Linuxベースの多くのOSがOpenSSHを採用している。

脆弱性は、切断されたSSH接続を再開するためのローミング機能の一部で見つかった。攻撃者は、OpenSSHのサーバコードを悪用することで、暗号鍵を盗み出すことが可能となる。

OpenSSHの開発元は「サーバホスト鍵の認証が必要なことから、中間者攻撃による悪用は避けられるため、この情報漏えいは、悪質なサーバまたは危殆化したサーバに接続した場合に制限されます」とコメントしており、万一攻撃を受けた場合でも悪用できる範囲は限定されることがわかっている。

影響を受けるバージョンは、OpenSSHの5.4~7.1。影響を受けるソフトは、「Ubuntu 15.10、E/span>Ubuntu 15.04、E/span>Ubuntu 14.04 LTS」、「E/span>Ubuntu 12.04 LTS」「バージョン 7.1 以前の Red Hat Enterprise Linux 7」「サポート対象の全バージョンの FreeBSD」「バージョン8.2までの Debian(Jessie)」「サポート対象の全バージョンの OpenBSD」。

開発元は、脆弱性の問題を解決するために、新バージョンの「7.1p2 」をリリースした。また、OpenSSHを利用するソフトの提供元でも最新のパッチを公開している。パッチが公開されていないソフトを使う場合、影響を受けるSSHクライアントのローミング機能を無効にすることで対処できる。

具体的には、「ssh_config」ファイルに「'UseRoaming no'」と追加する、「~/.ssh/config」にユーザー設定を追加する、コマンドラインで「-oUseRoaming=no」を指定するといった方法で対処できる。Mac OS Xの場合のみ異なり、「echo "UseRoaming no" >> ~/.ssh/config」とコマンドを実行する。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット
[00:21 10/2] 趣味
いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜
[00:21 10/2] 趣味
観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント
[00:21 10/2] 趣味
スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味
[最上もが]まるでヌード! レスリー・キー撮影でアート写真集 大胆ビジュアル解禁
[21:30 10/1] エンタメ

求人情報