アライドテレシス、ギガビットイーサスイッチ「AT-GS910/5」など出荷開始

 

アライドテレシスは1月18日、GbE(ギガビットイーサネット)スイッチである「AT-GS910/5」「AT-GS910/16」「AT-GS910/24」の出荷を1月25日から開始すると発表した。また、AT-GS910/16、AT-GS910/24の文教市場向けアカデミック製品の出荷も同日より開始する。

上から「AT-GS910/5」「AT-GS910/8(発売中)」「AT-GS910/16」「AT-GS910/24」

AT-GS910/5、AT-GS910/16、AT-GS910/24は、10/100/1000BASE-Tポートをそれぞれ5ポート、16ポート、24ポート装備した内部電源型のGbEスイッチ。接続ミスなどで発生するネットワークのループを検出し、該当ポートの通信を遮断するループガード(LDF検出)に対応している。

また、オートネゴシエーション機能として全ポートが10/100/1000Mbps、Half/Full Duplexの自動認識に対応し、最適に設定されるという。EAP/BPDU透過機能により、EAPパケットを透過するため802.1X認証を行っているレイヤ2/3スイッチと端末の間に新製品の設置が可能なほか、BPDUを透過することでスパニングツリーの段数制限の対象になることなく、スパニングツリー構成を拡張できる。

また、MDI/MDI-X 自動認識により、ネットワーク機器との接続においてストレート/クロスケーブルを自動判別するため、結線ミスによる配線トラブルを回避することができ、新製品同士のカスケード接続の際にストレート/クロスケーブルのどちらも使用が可能。さらに、動作時温度50℃に対応し、高温環境下への設置が可能でファンレス設計により動作音が発生しないため、設置場所を選ばないとしている。

価格はいずれも税別でAT-GS910/5が1万1000円、AT-GS910/16が3万9000円、AT-GS910/24が5万5000円、文教市場向けアカデミック製品の「AT-GS910/16-T5アカデミック」が3万5100円、「AT-GS91024-T5アカデミック」が4万9500円。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス